■DVR-A07-J のファーム1.12で焼いたディスクの、KProbe, UM Doctor Pro.II 計測結果

Pioneerより、ファームウェア1.12がリリースされたので、「焼き品質的にはどうなったか?」 ということでいくつかのメディアで試してみました。
結論を先に言うと、かなりよくなってきたように思います。


検証時環境
マザーボード ASUS P4PE/GBL/SATA/1394-JAY Intel 845PE
OS WindowsXP Professional + SP1
CPU Pentium4 2.40B GHz
メモリ DDR333(PC2700)512MB Samsung純正品
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンド オンボードのものを使用
LAN オンボードのものを使用
FDドライブ MITSUMI 2モード
プライマリマスター Seagateの120GB(7200rpm) ST3120026A NTFS
プライマリスレーブ Seagateの120GB(7200rpm) ST3120026A NTFS
セカンダリマスター Pioneer DVR-A07-J
セカンダリスレーブ HL-DT-ST GSA-4082B
キャプチャーボード ピクセラ PIX-MPTV/P4W
IEEE1394カード RATOC REX-PFW4WDV
USB2.0 ※オンボード LITE-ON SOHW-812S
PLEXTOR PX-W4012TUのケースでUSB2.0変換


各種条件等
計測ソフト ECC 測定速度
LITE-ON XJ-HD165H KProbe 1.1.29 1 MAX CAV
LITE-ON SOHW-812S KProbe 1.1.29 8 4倍速 CLV
Accesstek DD0203 UM Doctor Pro.II 1.14 8
(設定変更はできない)
設定項目なし
(多分4倍速CLVで読んでます)

※書き込み容量はDVD-Videoデータ約4.36GBで、ライティングソフトはB's Recorder GOLD 7.13
※再生確認に使用しているPlayStation2は、SCPH-10000のいわゆる初期型タイプ。
※このページのデータは絶対的な品質を示すデータではありません。参考資料の一つとして見て下さい。
※UM Doctor Pro.II での計測では、途中で測定が強制終了してしまっているものがあります。(原因不明)





■左がUM Doctor Pro.II、右がKProbe + 165H、下がKProbe + SOHW-812S

■使用メディア
三菱 8倍速DVD+Rメディア
■Media ID
MCC003
■書き込み速度
8倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう
※ファーム1.10ではひどい結果でしたが、これならまぁまぁ




■使用メディア
RICOH 8倍速DVD+Rメディア
■Media ID
RICOHJPNR02
■書き込み速度
8倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそうだが、グラフは少し気になる




■使用メディア
太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア
■Media ID
YUDEN000T02
■書き込み速度
8倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそうだが、グラフは少し気になる




■使用メディア
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
■Media ID
TYG02
■書き込み速度
6倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
maxell 8倍速DVD-Rメディア
■Media ID
MXL RG03
■書き込み速度
6倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそうだが、(812Sの)グラフは少し気になる




■使用メディア
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
TYG01
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
maxell 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
MXL RG02
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
MB 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
MXL RG02
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
TDK 4倍速DVD-Rメディア(超硬UV)
■Media ID
TTG01
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
UNIFINO 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
UTJR001001
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
メディアサービス 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
KIC01RG20
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 
外周部が微妙




■使用メディア
RiTEK 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
RITEKG04
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
RiTEK 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
RITEKG04
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう
※グレードAと書かれているRiTEKメディア




■使用メディア
SuperX 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
PRINCO
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
マウントできない
★判定★
 
全然だめ!時間と金の無駄!








■ファームウェア1.13での結果

1.12での検証が大体終わったと思ったら、タイミングよくファーム1.13が公開されたので、少し試してみました。
パイオニアによると、

 DVD−Rメディア 4X記録品質向上
 +Rメディア 4X記録品質向上
 +R(CMC製)8倍速対応新ディスクをサポート


ということですが、メディアサービス Made in Japan (ID:KIC01RG20) の4倍速DVD-Rメディアは、確かによくなってます。


■使用メディア
メディアサービス 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
KIC01RG20
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
Ritek 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
RITEKG04
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう




■使用メディア
SuperX 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
PRINCO
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
マウントできない
★判定★
 
使うべきではないメディア




■使用メディア
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
■Media ID
TYG01
■書き込み速度
4倍速
■PlayStation2での再生結果
良好
★判定★
 使用上問題はなさそう





■まとめ

ファーム1.10のときは、三菱8倍速DVD+Rメディアはまったく使い物になりませんでしたが、ファーム1.12ではうそのようにきれいに書き込めるようになりました。
光学ドライブのファームウェアのアップデートは、場合によってはドライブが大化けするほどの効果があるようです。

初期ファーム1.12の状態で発売してほしかった・・・


ファームウェア1.13での8倍速メディアでの検証結果