突然ですが、このたび CD-R実験室 はリニューアルオープンしました。その名も、



往年の家庭用名作ゲームをいまさら攻略する!



PCエンジン全盛期のソフト。
このころはよかったのですが、末期は2D美少女ゲーオンパレードに・・・



2000.11 〜 2007.3 CD-R実験室 - 終了 -
2007.4 〜 PCエンジン極めの旅 - New! -


管理人:YSS

YSSの普通の掲示板


〜 なつかしのPCエンジンソフトを勝手に紹介 〜
天外魔境II
PCエンジンではずせないのは、なんと言っても天外魔境IIでしょう。これをやるためにPCエンジンを買った人も多いはず。
対面バトルながら戦闘が面白いことでも有名。超大作RPGの本作標準プレイ時間は70時間超!
黄金虫の卵をひたすら取って換金 → 序盤で秘剣不知火ゲット!とかよくやってました。



天外魔境風雲カブキ伝
天外魔境II で人気キャラだったカブキ団十郎が主人公のRPG
II と違って主人公が喋りまくりだったり、サイドビューの戦闘だったりと、
カブキのキャクターを全面的にアピールしたゲーム性になってます。
しかし内容の方はIIに比べるとパワーダウン。(これを今やると正直辛い)
ヒロイン阿国の声優は牧瀬里穂さん。
あと関係ないですが、日テレの番組ではたまにカブキ伝のBGMが使われることがあったりします。(トラック27)
中古で100円とかで安売りされてたら、試しに買って聞いてみるといいかも。



悪魔城ドラキュラX
ドラキュラシリーズ最高傑作とも言われる、PCエンジン版のドラキュラX
後に中古ショップで高値で引き取りされていたことでも有名です。
PCエンジンアクションゲーム最高峰の一つ。



ゲート・オブ・サンダー
今やっても面白い、適度な難易度のPCエンジンオリジナルシューティング。慣れるとノーミスで最後までいけます。
当時は1日1回はこれをプレイしていました。オープニングがやたらとかっこいいのも魅力の一つ。



ウインズ・オブ・サンダー
これも今やっても面白い、PCエンジンオリジナルのシューティングゲーム。
512色のPCエンジンですが、グラフィック的にもかなりハイレベルにまとまってます。
BGMも非常によく、特にトラック17は好み。



SPRIGGAN mark2
一度聞いたら忘れられないオープニングBGMが強く印象に残るドラマティックシューティングゲーム。
ストーリー的に凝っているのが特徴。いわゆるガンダム世代なゲームです。



ライザンバーIII
前作、ライザンバーIIの一般的な評価は一言「難しい」
ゲームの特徴はと聞かれたら「難しい」
ということで、「難しい」しか言葉が無い前作から一新、難易度的にはかなり遊びやすくなりました。
がしかし、これは今やると少しつらいか!?
とはいえ、こんなマニアックなゲームが発売されているのもPCエンジンのいいところ。
(中古で激安販売されていたら一応買いということで)



スーパー雷電
アーケードからの移植ですが、PCエンジン版はオリジナルステージが追加され、難易度的にも簡単になっています。
アーケードで挫折しても、一応やってみる価値あり。(アーケード版は難しすぎ!達人王程ではないですが)
ただ、PCエンジン版はショットが軽すぎて、見た目ほど爽快感がないのが欠点。



超兄貴
兄貴なゲーム。(謎)
小さいお子さんがいる家ではプレイしないように注意。
確実に泣くかと。



ゼロヨンチャンプII
1作目より大幅スケールアップ。途中から自由度が高くなり、アメリカ全土が舞台になります。
アルバイトで金をためつつ、チューンアップしてゼロヨンチャンプを目指すという内容なのですが、
多数のミニゲーム & ミニイベントがあり、本編と関係ないところが面白いです。
右上の画像はゲーム中のアルバイトのRPG
あほっぽい敵が続出(笑)



スーパーダライアス
ダライアスを移植?そりゃ無理!という声を撥ね退ける完成度を誇る多部田氏入魂の一作。
最大の特徴はアーケード版を超える26体ものボスキャラが用意されていることで、裏技で専用モードも用意されています。
裏技"26体戦えますか?"は道中は無く、ボスキャラ26体と連続して戦うという、ダライアスファンには涙もののモード。
今やっても面白いです。(裏技 "26体戦えますか?" は、MagicEngineを使うとパット1つでできるので非常に便利)
"26体戦えますか?" は、
2コントローラーの上+T+RUNと、1コントローラーの下+セレクトを押しながら、1コントローラーのRUNを押す
の条件でできます。



イメージファイト2
アーケード版の1作目は当時かなりやりこみました。連付なら今でも1週は余裕でクリアできる自信あります。(笑)
そのアーケード版1作目はリングレーザーとサーチレーザーだけ使ってればよかったりしますが、
PCエンジン版の2ではボス戦で特定の装備にしないとかなり苦戦します。
当時は8面道中で死にまくりながらも、なんとかくクリア。



グラディウスII
anchi.wmv ← 知らないとビックリな安地 (ここからちょっとでも動くと死ぬので、爆破までじっと待機)
moai.wmv ← 2週目以降はショット打つと死ぬので注意の図
cabard.wmv ← カバードコアの安地 (安地に入るのが難しいので、普通に倒した方が簡単では?というツッコミは勘弁)
bigeye.wmv ← あまり意味の無い半安地 (最後は移動しないと死ぬので注意) というか、普通に倒した方が・・・以下略
今やっても面白い、全アーケードゲームの中でも最高傑作の一つに入るであろうグラディウスII
当時、この移植度は奇跡的とも思える内容でした。製作スタッフの本気度が伝わってきます。
PCエンジン版の特徴としては、オリジナルステージが追加されているというのがあり、
今でも(わざわざ)PCエンジン版をやる価値はあると思います。(ただ、このオリジナルステージの評価はイマイチですが)
PCエンジン版をプレイしたことが無い人は、↑の中で見慣れない絵があると思いますが、それがオリジナルステージです。
また、BGMが非常にいいのもこのゲームの特徴で、それを聴くためにゲームをプレイしてたりもしました。
3面(クリスタルステージ)、4面(火山ステージ)、5面(モアイステージ)のBGMは特によく、今聴いてもテンションあがるほどです。
2週目以降のお馴染み逆火山ステージもしっかり再現。
もしシューティングゲームが好きで、グラディウスIIをプレイしたことがないという人が万一いたとしたら、今からでもやるべし!
サントラ購入は義務!(笑)
それとこれはPCエンジンとは関係ないですが、シューティングゲームとしてはレイストームが抜群に面白いです。
シューティングゲームが好きで、レイストームをプレイしたことがないなんて人はまずいないと思いますが、
もしいたとしたらこれも今からでもやるべし!PS1版か、それを移植したWindows版がおすすめです。
機体は迷うことなくR-GRAY 2を選びましょう。音楽も神がかっているので、これもサントラ購入必須!