■ND-3520A 復活編? 〜 ND-3530A として蘇生できるか!? 〜 - 2005年4月9日更新 -

ND-3530A 化したことで燃えないごみと化してしまった ND-3520A ですが、


なにもしないで、このまま燃えないごみになるのもなぁ


ということであれこれ考えていたところ、背面のジャンパーをテキトーにいじってみたらどうか?ということで、だめ元で試してみることにします。

背面のジャンパーといえば、TEAC CD-R58Sの55S化等、怪しげな例もありますが、ND-3520A には残念ながらそのようなものはなく、ノーマルに、

 マスター
 スレーブ
 ケーブルセレクト


とあるだけです。
これじゃあまり期待はできないなぁと思いつつも、スレーブにあったジャンパーをケーブルセレクトに付け替え、PCを起動。

すると、


N D - 3 5 3 0 A と し て 正 常 に 認 識 ! !


しやがりました。(笑) こんなことで認識するとは!


このときのPC環境は


マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A
プライマリスレーブ Pioneer DVR-A09-J
セカンダリマスター BenQ DW1620
セカンダリスレーブ NEC ND-3520A



念のため、もう一度ジャンパーをスレーブのところにさしましたが、そうするとND-35*0A を認識しなくなってしまいます。
なんか変な気もしますが、無事認識したということで、このまま調査を続けてみます。




■認識したまではよかったものの・・・

買ったときの状態



今回、ケーブルセレクトにジャンパーをさし、無事認識できた ND-3530A (元ハードは ND-3520A )
シリアルは同じなので、元ハードは確かに ND-3520A であることが分かると思います。

・・・・と、喜んだのもここまで。このND-3530A 化したND-3520A ですが、


全 然 ま と も に 動 き や し ま せ ん (笑) ←もうヤケクソ気味で笑うしかない状態


まず、太陽誘電の8倍速DVD-Rブランクメディアがマウント不可。
RiTEKの8倍速DVD+Rブランクメディアは、マウントこそできたものの、焼きに行くとドライブがフリーズしてしまいます。
(また、マウントできるとは言っても、マウント完了までの時間が異常に長いです → 時間は計ってませんでしたが、体感で1〜2分くらい)

→その後、セカンダリマスターに繋いでいたDW1620を取り外し、セカンダリマスターにND-3530A改を、セカンダリスレーブになにも繋がないという条件でも試しましたが、変化はありませんでした。


もうほんとにだめそうですが、認識したということで、買ったときのファームに戻してみるか・・・ということで、元のファームへの復旧作業を試みましたが、


復 旧 不 可 !
非情にもエラーで戻せない!の状態に。


ということで、やっぱり燃えないごみにするしかなさそうです。(T_T)


しかし気になるのは、ND-3530A 化したND-3520A から、(電源ON時や、トレイ開閉時に) 「カタカタカタ・・・!」 という変な音がすることです。
これの実態を探るべく分解してみましたが、


ND-3520A


ND-3530A


まずピックアップユニットからして違ってますが、その他の部分を見ても微妙に違うところがあります。で、何で変な音が鳴るか?ですが、



↑の赤で囲んだところが(ND-3530Aのファームを無理やり入れたND-3520A だと)回りすぎてしまうようで、結果的に本来より余計な負荷がかかって音がなってしまう、、ように見えました。(わかりにくい説明ですいません)
まぁ、ハードが違うのに、多機種のファームをいれちゃそもそもまずいということで。




■結論

ND-3520AのND-3530A化は、やはり非常に危険、というか、どう見ても無理がある

ND-3520AにND-3530Aのファームを入れることは可能だが、逆はちょっと難しそう
(じゃなくて、多機種のファームを入れるのは危険)


ということになりました。
→結局実験用に買ったバルクND-35*0A はまともに動かない状態ですが、元のファームに戻せればなんとなく復活できそうな気もします。今後新たな手法がみるかるかもしれないので、バルクND-35*0Aは、しばらくの間置き物にでもしておきます。(笑)




・・・と一段落したところで、(いろいろファーム関係をいじったりしたので) レジストリの余計な情報を消しておこうと思い、該当するところを開いてみると、




な ぜ か N D - 3 5 1 0 A と い う ド ラ イ ブ 情 報 が !


あります。ND-3510A は繋いだことありませんが・・・なぜ?

ファームが3.22であることを見ると、ND-3520A → ND-3530A 化したときに登録されたのではないかと思いますが、なぜこんなことになっているかは意味不明です。(笑)



【追記】
その後、Liggy firmware flasherのDOS版 を使うといいかもしれないとの情報を頂いたので、DOS版、Win版、WinGUI版を試してみましたが、残念ながらいずれもエラーとなってしまい、復旧不可。
どうも復旧は無理そうな気がしてきましたが、気が向いたらまたいろいろ試してみることにします。




トップへ