■ファーム2.0cのSONY DRU-530A

SONYのDRU-530Aと言えば、初期ファームでは 書き込み品質があまりよくないことで有名 ですが、SONYが積極的にファームウェアを公開していることから、「最近のDRU-530Aはどうなのか?」 ということで少し調べてみました。
※いち早くP-CAVでのDVD書き込みを実現していたりと、思ったよりパワーアップしていそうです。


SONY DRU-530A





■RICOH 8倍速DVD+Rメディアでの検証結果

※このページ内での Nero CD-DVD Speed のバージョンは、2.11.4fです

DVDINFOPro 2 + SONY DRU-530A での、
RICOH 8倍速DVD+Rブランクメディアの情報
特にこれといってありませんが、速度としては 8.0x 4.0x 2.4x が選択可能



「Create Data Disc」 の結果
P-CAVで書き込みしています。初期ファームとは別物のドライブに。
かかった時間も 8分3秒 と高速。




以下の4枚のグラフは、↑で作成したディスクの測定結果です


XJ-HD165H + KProbe 2.0.1
結果としてはまぁまぁ。悪くはないです。



LITE-ON SOHW-812S + KProbe 2.0.1 4倍速指定
P-CAVの P の領域でエラーが多いという、ある意味納得の結果。



UM Doctor Pro.II Ver.1.14 + DD0203
外周が若干読みにくいようです。



Nero CD-DVD Speed 2.11.4f + DRU-530A


意外なことに、最後のほうで速度ダウンしています。
記録品位自体、そんなに悪くないように見えますが・・・




■太陽誘電 8倍速DVD-Rメディアでの検証結果

DVDINFOPro 2 + SONY DRU-530A での、
太陽誘電 8倍速DVD-Rブランクメディアの情報
RICOH 8倍速と同じく、特にこれといってありません。
8.0x 4.0x 2.0x が選択可能。



「Create Data Disc」 の結果
「-」メディアはZ-CLVです。
外周部はなんらかの理由で、4倍速に速度ダウン。




以下の4枚のグラフは、↑で作成したディスクの測定結果です


XJ-HD165H + KProbe 2.0.1
外周で速度ダウンしたところで、若干エラーが変化。
全体的にはまぁまぁです。



LITE-ON SOHW-812S + KProbe 2.0.1 4倍速指定
Z-CLVの切り替わりのところがくっきりしてます。
これも全体的にはまぁまぁ。



UM Doctor Pro.II Ver.1.14 + DD0203
外周部が少し微妙ですが、エラー的には許容範囲。



Nero CD-DVD Speed 2.11.4f + DRU-530A


RICOH 8倍速では問題でましたが、誘電8倍速DVD-Rでは無問題です。





KProbe、UM Doctor Pro.II での、各種メディアの計測結果