Firm1.04のPX-716A 1ページ目 Firm1.04のPX-716A 2ページ目 Firm1.04のPX-716A 3ページ目 トップへ


■ファーム1.04 の PX-716A - 2005年1月22日更新 -

AUTOSTRATEGYがどうにも使いにくかったPX-716A ですが、その点が改善されたというファームウェア1.04がリリースされました。
早速、「本当によくなったのか?」 ということで、いくつかのメディアで試してみようと思います。

※注意点として、AUTOSTRATEGYデータベースを一旦すべてクリアする必要があります。
  (AUTOSTRATEGYの性能向上が図られているため)

※ライティングソフトは ONES 2.0.291 で、約4.36GBのDVD-Videoを焼いています。
※PoweRecは常に有効にしています。
※ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
※TA Testのグラフは、左から内周、中周、外周です。
a

PlexTools Professional 2.19a設定
PI/PO テスト  テスト時間 → 速度2
 SUM8 Test


各種設定等補足
測定ドライブ 計測ソフト ECC 測定速度
BenQ DW1620
Firm B7T9
Nero CD-DVD Speed 3.61
8 4倍速指定
PLEXTOR PX-716A
Firm 1.04
PlexTools Professional
2.19a
8 2倍速 CLV
PLEXTOR PX-712U
Firm 1.05
PlexTools Professional
2.19a
8 2倍速 CLV


検証時環境

マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A (ファームウェア 1.04)
プライマリスレーブ NEC ND-3520A
セカンダリマスター BenQ DW1620
セカンダリスレーブ 日立LG GSA-4163B
キャプチャーボード ピクセラ PIX-MPTV/P4W
USB2.0ドライブ PLEXTOR PX-712U
USB2.0ドライブ LITE-ON SOHW-1653S
ラトックのUSB2.0ケースでUSB2.0変換
ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換

※時間的に余裕がなかったため、特に気になるメディアのみ試しています。




検証1
まずは以前問題が出たNANYAメディアから試してみます。(ただし、以前使った10枚スピンドルNANYAメディアは使い切ってしまったので、新たに開封した10枚スピンドルのを使用しています → もしかしたらメディアの個体差等により、以前の検証と比較できない可能性もあり)

NANYA 4倍速DVD+Rメディア
4倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY OFF -

ID : NANYAJC001

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x (2.4倍速は選択できない)

AUTOSTRATEGYの設定 → OFF

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
Q-Check TA Test

AUTOSTRATEGY OFFの状態ですが、全然問題ありません。716、712ともに均一な計測結果で、TA Testも良い結果。



NANYA 4倍速DVD+Rメディア
4倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY ON の設定 -

ID : NANYAJC001

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x (2.4倍速は選択できない)

AUTOSTRATEGYの設定 → 
ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → データベースに登録

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
Q-Check TA Test

データベースに登録されたので、実際にAUTOSTRATEGYが働いています。
とりあえず問題なさそうですが、TA TestがAUTOSTRATEGY OFFに比べて少し悪くなってしまいました。



NANYA 4倍速DVD+Rメディア
4倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY ON の設定 - ※2回目

ID : NANYAJC001

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x (2.4倍速は選択できない)

AUTOSTRATEGYの設定 → 
ON

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
Q-Check TA Test

念のためもう1枚。
TA Testはよくはないですが、以前のように 「AUTOSTRATEGY ONではあきらかに悪くなる」 の不具合は(このメディアに関しては)大丈夫そうです。






検証2
基本的に使わない方が無難なメディアですが、ソフマップ等の大衆店で普通に売られており、値段だけ見てうっかり買ってしまいそうなメディア・・・って長い前置きはこのくらいにして、(笑) 早速試してみます。

Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY ON の設定 -

ID : ProdiscF01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → 
ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
SOHW-1653Sで測定 (1.19ECC)
Q-Check TA Test

以前より大分良くなった感じです。(ただし、PX-712U ではエラーがやたら多いですが・・・信じられないことに、この状態でもPS2では正常に再生できてます)
→PX-712U での結果が非常に気になるので、これのみLITE-ON SOHW-1653Sでも測定していますが、問題ありません。うちのPX-712U がおかしいか、PX-712U と ProdiscF01の相性問題のようなものかもしれませんが・・・ 念のためもう1枚焼いても、PX-712Uでは高エラーでした。
また、AUTOSTRATEGYは有効にしていますが、今回はデータベースには登録されませんでした。しかし、計測ドライブによってずいぶん違いますね・・・






検証3
旧ファームではまるで使い物にならなかったメディアです。

RiTEK 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY ON -

ID : RITEKG05

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → 
ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 
良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

以前試したときと同ロットのメディアを使用していますが、おもいっきり改善されています。
光学ドライブはファームで焼き品質が異なるとはいえ、ここまでよくなるとは驚き。







検証4
旧ファームではAUTOSTRATEGY ONで問題が出てしまったメディア。はたしでどうでしょうか?(以前と同じロットです)

CMC 4倍速DVD+Rメディア
4倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY ON の設定 -

ID : CMC MAGF01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x (2.4倍速は選択できない)

AUTOSTRATEGYの設定 → 
ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → データベースに登録

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

今回もAUTOSTRATEGYが働きました。
PX-712U では外周でエラー上昇傾向にあるものの、PS2ではきっちり再生できたので、以前の不具合は解消されていそうです。(以前はPS2で外周再生不可)
これならAUTOSTRATEGYを常にONにしておいてもいいかも。






検証5
検証2の ProdiscF01 の結果が気になるので、別パッケージの ProdiscF01 でも試してみます。(ALL-Waysブランド)

Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY ON の設定 -

ID : ProdiscF01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → 
ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

Smartbuyのとグラフの傾向がかなり違ってきました。(特にPX-712U)
メディアによって個体差がかなりあるみたいです。それにしても、このメディアでもAUTOSTRATEGYは働きませんでした。


Firm1.04のPX-716A 1ページ目 Firm1.04のPX-716A 2ページ目 Firm1.04のPX-716A 3ページ目 トップへ