DVD+R DLメディアの再生互換性について Part2 - 2005年2月19日更新 -

以前、 DVD+R DLメディアの再生互換性について ということで調べましたが、「焼く容量によって再生互換性が違う」 という、いまいちすっきりしない結論で終わってしまいました。
その後、(私の中では)大きな進展はありませんでしたが、今回新規に購入した TMPGEnc DVD Author 2.0 でいろいろ試してみたところ、前回とちょっと違う結果になったので、その辺を書いてみたいと思います。

が!いきなり問題点が・・・
現在は2台のPCを使用していて、1台はネットに接続していますが、もう1台は主にセキュリティの関係でネットに繋いでいません。TMPGEnc DVD Author 2.0 はスタンドアローンマシンで使用する予定だったものの、使用するにはネット認証が必要。
しかたがないので、メインマシンで使用し、2ndマシン(スタンドアローン)で TMPGEnc DVD Author 2.0 で作成したデータを使いたいときは、USB2.0接続のHDDを使って、データを移行して使っています。

誠に勝手な要望ですが、ネットにつないでいないPCでも購入できるようにはして頂けないものでしょうか?いいソフトだと思うので、その点だけが非常に残念。


サイト内関連リンク(1)
サイト内関連リンク(2)
サイト内関連リンク(3)




メディアはすべて三菱2.4倍速DVD+R DLメディアで、

 ライティングソフトに TMPGEnc DVD Author 2.0.132 を使うとき
  → PLEXTOR PX-716UF (Firm1.04 TLA #0202)
 その他のライティングソフトを使うとき
  → PLEXTOR PX-716A (Firm1.04 TLA #0304)


です。(書き込み速度はいずれの場合も6倍速)

※一応書いておきますが、このページで調べている内容と、TLA は関係ないと思われます。




■早速検証

まず、今までオーサリングソフトとして使っていた、Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE for I-O DATA との性能差が気になるので、2つのソフトの性能差を見るために以下のようなことを行います。


1. 約7.84GBのMPEG動画ファイル(音声フォーマットはMP2)を用意し、TMPGEnc DVD Author 2.0.132 と Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE for I-O DATA でオーサリングを行う。
メニューは作成せず、チャプターは自動設定で10分おきに打つようにする。
2. できたDVD-Videoファイルを、TMPGEnc DVD Author 2.0.132 + PX-716UF で6倍速書き込み。
3. 各種DVD再生機器で再生チェック。(特にレイヤ切り替わりのところ)


・・・のようなことをやろうと思っていたのですが、実際には予定通りにいかないところがありました。
まず、TMPGEnc DVD Author 2.0.132 でオーサリング作業を進めていくと、途中で以下のようなメッセージが出て怒られてしまいます。




しかたがないので、TMPGEnc DVD Author 2.0.132 でオーサリングを行うときは、音声フォーマットを Dolby Digital に変換しています。(ただ、後に音声フォーマットをMP2のままで2層焼きしても、特に問題はありませんでしたが)
※DVD MovieWriter 3.7 SE for I-O DATA は音声フォーマットの変換ができなかったので、MP2フォーマットのままDVD-Videoファイルを作成しています。

また、Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE for I-O DATA で作成したDVD-Videoファイルは、TMPGEnc DVD Author 2.0.132 では以下のメッセージが出て焼きにいけませんでした。







どうも思い通りいきませんでしたが、いろいろ調べてみると、そもそも TMPGEnc DVD Author 2.0.132 と DVD MovieWriter 3.7 SE で作成したVTS_01_0.IFOが異なっています。


Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE for I-O DATA
で作成したDVD-Videoファイルの IfoEdit0.971 での情報

※これをTMPGEnc DVD Author 2.0.132 で書き込みしようとすると上記のエラーが出て焼きにいけません。



TMPGEnc DVD Author 2.0.132
で作成したDVD-Videoファイルの IfoEdit0.971 での情報

※これは TMPGEnc DVD Author 2.0.132 で普通に焼けます。


見比べると、一箇所あきらかに違うところがあります。(TMPGEnc DVD Author 2.0.132 で作成した方は、レイヤーブレイクを考慮しているように見える)




■結果

ちょっと予定と違ってきましたが、ここでは DVD MovieWriter は使わず、TMPGEnc DVD Author 2.0.132 で作成したDVD-Videoファイルを、各種ソフトでDVD-Videoとして焼くことにします。


ライティングソフト TMPGEnc
DVD Author
2.0.132
RecordNow!
7.3
nero
6.6.0.6
B's Recorder
GOLD
8.06
ONES
2.0.295
CloneDVD
2.7.5.1
Pioneer
DVD-Videoプレイヤー
DV-555での再生結果
レイヤー切り替え部で
一瞬停止するが、
すぐ再生開始される
レイヤー切り替え部で
一瞬停止するが、
すぐ再生開始される
レイヤー切り替え部で
一瞬停止するが、
すぐ再生開始される
レイヤー切り替え部
で再生が完全停止
レイヤー切り替え部
で再生が完全停止
レイヤー切り替え部
で再生が完全停止
Layer Br.
は記述されるか?
(IfoEdit 0.971にて確認)
記述される 記述される 記述される 記述されない 記述されない 記述されない

 【設定補足】
TMPGEnc DVD Author 2.0.132 TMPGEnc DVD Author 2.0 メモ書き 参照
RecordNow! 7.3 オプションの 「ディスクに一度だけ書き込みたい.......」 にチェックする
nero 6.6.0.6 DVD-Videoを選択
B's Recorder GOLD 8.06 データ焼きでディスクアットワンスにチェックする
ONES 2.0.295 DVD-Videoを選択
CloneDVD 2.7.5.1 特になし

今回試した条件だと、わかりやすい結果になりました。
書き込み完了したディスクに、Layer Br. の記述がないとどうもまずそうです。
気になるのは、nero6で焼いたのと、TMPGEnc DVD Author 2.0.132、RecordNow! 7.3 で焼いたのとではLayer Br. のところが違うことですが、DV-555 で再生する限りではその辺の差はわかりませんでした。



TMPGEnc DVD Author 2.0.132、RecordNow! 7.3
で書き込みしたディスクの IfoEdit0.971 での情報



nero 6.6.0.6
で書き込みしたディスクの IfoEdit0.971 での情報
nero6.6.0.6で焼いたものは、Layer Br. 付近のところが少し違ってました。



B's Recorder GOLD 8.06、ONES 2.0.295、CloneDVD 2.7.5.1で書き込みしたディスクはLayer Br. の記述がなく、レイヤ切り替わりのところで完全停止してしまいます。




〜 期間限定公開 〜
TMPGEnc DVD Author 2.0.132 で書き込みしたディスクを、DV-555 で再生したとき。(レイヤ切り替えポイントで一瞬止まってしまう場合)
→ dl_sukositomaru.zip →公開終了
B's Recorder GOLD 8.06 で書き込みしたディスクを、DV-555 で再生したとき。(レイヤ切り替えポイントで完全に止まってしまう場合)
→ dl_kanzennitomaru.zip →公開終了




ここまでくると、B's 8.06等で焼いたのはだめ!ということになりそうですが、全然だめということはなく、(B's8.06等で焼いたのでも)再生機器によっては正常に再生可能です。
例えば、↑の完全に止まってしまう方のディスクを、初期型PS2で再生してみると、一瞬たりとも止まらずに再生できたりします。




〜 期間限定公開 〜
Pioneer DV-555 で再生すると、レイヤ切り替え部で完全に止まってしまうのに、初期型PS2で再生すると全然止まりません!
→ dl_ps2dehatomaranai.zip →公開終了




こんな感じで、再生に問題がありそうなディスクでも、再生環境によっては全く気がつかないので、DVD+R DLディスクにDVD-Videoを焼いたら、一度IfoEditでLayer Br.が記述されているか確認した方がいいかもしれません。(再生環境によってはLayer Br.がなくてもすんなり再生できるので、問題が表面化しにくい)


※注
ここに書いてあることは、うちにたまたまあったDVD-Video再生機器(Pioneer DV-555、初期型PlayStation2)での結果であって、世の中に数えきれないくらいあるDVD-Video再生機器で試すと、また違った部分が見えてくるかもしれません。
(いずれにしても、DVD+R DLメディアは、ROM化以外のところにも気を使った方がよさそうです)





■計測結果

↑で、RecordNow! 7.3焼いたディスクの計測結果を載せておきます。(6倍速焼きしていますが、ほぼ問題はなし)

PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test
レイヤ0内周 - レイヤ0中周 - レイヤ0外周 (上段)
レイヤ1内周 - レイヤ1中周 - レイヤ1外周 (下段)







■もうちょっと少ない容量で焼いてみる (約6.3GB)

Pioneer DV-555 でレイヤ切り替わりのところで一瞬再生が止まってしまうのが気になるので、試しに容量の少ないMPEGファイルを使って試してみました。(約6.3GB)
オーサリングソフトは TMPGEnc DVD Author 2.0.132 を使用し、ライティングソフトは RecordNow! 7.3 と B's Recorder GOLD 8.06 です。(2枚焼いています)
設定等は、最初の条件のときと同じで、結果は以下の通り。


ライティングソフト RecordNow!
7.3
B's Recorder
GOLD
8.06
Pioneer
DVD-Videoプレイヤー
DV-555での再生結果
レイヤー切り替え部で
一瞬停止するが、
すぐ再生開始される
レイヤー切り替え部
で再生が完全停止
Layer Br.
は記述されるか?
(IfoEdit 0.971にて確認)
記述される 記述されない


結果としては同じになりました。


TMPGEnc DVD Author 2.0.132
で作成したDVD-Videoファイルの IfoEdit0.971 での情報



RecordNow! 7.3
で書き込みしたディスクの IfoEdit0.971 での情報



このままだとイマイチつまらない気がするので、なんとなくKProbe + SOHW-1653S で1倍速測定してみました。


RecordNow! 7.3 で書き込みしたディスク


B's Recorder GOLD 8.06 で書き込みしたディスク

B'sで焼いたディスクは、DV-555での再生ではレイヤ切り替わり部で止まってしまいますが、早送りすると後半レイヤも再生可能なので、1倍速測定ならひょっとしてなにか面白い結果が出るのではないか?とも思ったのですが、なかなか期待通りにはいかないようです。(そもそも、SOHW-1653SではB'sで焼いたディスクも普通に再生可能ですが)

ついでに、ここで使用した約6.3GBのMPEGファイルを、Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE でオーサリング → ONES 2.0.295 焼き、ということもやってみましたが、DV-555ではレイヤ切り替え部で止まってしまいます。





【結論】
 ○ TMPGEnc DVD Author 2.0 は、2層用オーサリングソフトとしては非常によいソフト。(今までDVD MovieWriterを使ってましたが、今後はTMPGEnc DVD Author 2.0を使う予定。しかし、スタンドアローンマシン用に購入できないのはかなり不満ですが)
 ○ 2層焼き用ライティングソフトは、やはりPxEngine系のソフト(RecordNow! 7.* TMPGEnc DVD Author)がよさそう。
(あとはnero6あたり)
 ○ 2層焼きしたときは、なるべく多くのDVD-Video再生機器で確認するか、IfoEditでLayer Br.の記述を確認したほうがいいかも。


ということになりました。



トップへ