注意!!
ここに書いてあることは、内容的にかなり古くなっています。
???と感じるところもあるかもしれませんが、あまり気にせず
さらっと読み流してください(^^;
























■音楽CDプロテクト(コピーコントロール CD 銀色円盤) 〜CDS-200.0.4〜 について

ついに国内販売の銀色円盤で、プロテクト入りの銀色円盤が発売されました。

タイトルはエイベックスより発売の BoA「Every Heart - ミンナノキモチ -」(Maxi Single)です。

なお、プロテクトの種類は、CDS-200.0.4 となっています。




■CDS-200との相違点

バージョンが少し違うだけですが、いくつか異なる点があります。



○特殊スタートアドレスが正常に!

CDS-200はスタートアドレスが特殊でしたが、これが正常になっています。
そのため (かどうかは確信持てませんが) PlayStation2で正常に再生できるようになりました。



○バイナリが一致するように!

CDS-200では極端に言って 吸い出すたびにバイナリが変化する という非常に嫌な現象が起きてましたが、
同じドライブで吸い出す限りでは、バイナリが一致するようになりました。(例外もあります)


ただし、吸い出すドライブが異なると バイナリは一致しません。(これも例外あり)

→詳しくは次ページにまとめてあります。




○エラーが少ないかも? ただ、C2がかなりでてますが・・・

CDS-200のエラーの出方 と比べて、少し違いが見られます。




エラーが多い部分がCD-DA部。後半のエラーが少ない部分がデータ部(圧縮音源)です。






CD-DA部を拡大したの図。なにやら規則正しくエラーが出ているのが気になりますが・・・・・

ちなみに、CD-DAトラックは4トラックあります。






さらに拡大。2分30秒をすぎたあたりからどうみても意図的になにかを仕組んでいるような・・・?






念のためもう一度計測。 非常に規則的なエラーの出方です。 プロテクトの匂いがプンプンします(笑)





ちなみに、UM-Doctorは↓のようなことを言ってます。














■銀色円盤のフォーマット、特徴等

この辺はCDS-200とほぼ同等のようです。
同じことをしても、ドライブによってまったく異なる情報を返してきます。

※ROCOH RW7200Aとかだと通常のCDにしかみえないので、同ドライブのみを使用している人からすると、プロテクトCDだと気がつかない可能性もあるかも・・・



TEAC CD-532Sの場合




※CD-DA部がめちゃくちゃな情報になってます。





RICOH RW7200Aの場合




正常に認識されて(しまって)ます。












■バイナリ一致に関する補足

CDS-200.0.4 という非常にいやらしいプロテクトがかけられているため、

「そもそもこの銀色円盤 は大丈夫なのか?」

という、もっともすぎる疑問 が浮かんできます(^^;

そこで、同じ銀色円盤をもう1枚買って バイナリを調べましたが、
同じドライブで吸い出す限りでは、全CD-DAトラックともバイナリ一致しました。
(CDS-200.0.4自体に、品質のバラツキはないようです)

ただ、違ったドライブで吸い出したWAVEを比べると、↓のドライブのいずれの組み合わせでもバイナリ一致しませんが・・・

  1枚目と2枚目は一致しているか
TEAC CD-532Sで吸出し OK
PLEXTOR PX-40TSで吸出し OK
PLEXTOR PX-W4012Aで吸出し OK
RICOH RW7200Aで吸い出し OK
RICOH RW7200Aで吸い出し 注:1 OK

※吸出しには Exact Audio Copy V0.9 beta 3 を使用してます

注:1のみ、CD2WAV32 R3.19で吸出し


とは言っても、CDS-200.0.4はやっぱり嫌な感じです。上の方にも書いてますが、通常の規格通りのCDなら、どのドライブで吸い出してもバイナリは一致するので。(数サンプルの位置ずれはありますが)それとこれはあまり信用できない情報かもしれませんが、同じ日に発売になったアルバム(プロテクトなし)にも同じ曲が収録されてますが、これから吸い出だしたバイナリと比べるとかなりの相違があります。→吸い出しは Exact Audio Copy V0.9 beta 3 + PX-W4012A, PX-40TS, TEAC CD-532S, RICOH RW7200A どの組み合わせでも規格通りのCDとCDS-200.0.4ではバイナリにかなりの相違が・・・ まぁこれに関してはどちらかをリミックスし直している可能性もあるので、なんとも言えないかもしれませんが・・・











■少し気になること

2セッション目のデータにエラーセクタ?があるようです。

○参考

CloneCDのログ(左がPX-W4012A 右がRICOH RW7200A)

I 20:25:28 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 20:25:28 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 20:25:28 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 20:25:28 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 20:25:28 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 20:25:28 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 20:25:29 ドライブスキャンで2台のCD-ROMドライブと3台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 20:25:29 次の人に登録されています: YSS
I 20:25:59 PLEXTOR CD-R PX-W4012AからC:\Data\4012.CCDへのコピーを始めています。
I 20:25:59 読み込み速度: 1倍速
I 20:25:59 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 20:25:59 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 20:25:59 高速なエラースキップ: ×
I 20:25:59 読み込みエラーを報告しない: ×
I 20:25:59 不良セクタの強制読み込み: ×
I 20:25:59 CD-TEXTの情報: ×
I 20:25:59 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-20660)
I 20:26:04 ISRC JPB600207001
I 20:27:15 INDEX 0 トラック 2 LBA 20467!
I 20:27:16 トラック2の読み込み中... (ブロック 20660-41210)
I 20:27:17 ISRC JPB600207002
I 20:28:27 INDEX 0 トラック 3 LBA 41017!
I 20:28:28 トラック3の読み込み中... (ブロック 41210-63865)
I 20:28:28 ISRC JPB600207003
I 20:29:46 INDEX 0 トラック 4 LBA 63672!
I 20:29:46 トラック4の読み込み中... (ブロック 63865-84252)
I 20:29:47 ISRC JPB600207004
I 20:30:57 残りの操作時間: 00:04:57
I 20:30:57 トラック5の読み込み中... (ブロック 95652-332850)
W 20:40:48
セクター272105の読み込みに失敗しました。
W 20:40:48
セクター272106の読み込みに失敗しました。
W 20:40:48
セクター272107の読み込みに失敗しました。
I 20:44:10 残りの操作時間: 00:13:13
I 20:44:10 読み込みが終了しました。
I 20:53:45 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 20:53:45 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 20:53:45 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 20:53:45 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 20:53:45 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 20:53:45 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 20:53:45 ドライブスキャンで2台のCD-ROMドライブと3台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 20:53:45 次の人に登録されています: YSS
I 20:54:08 CD-R/RW RW7200AからC:\Data\7200.CCDへのコピーを始めています。
I 20:54:08 読み込み速度: 1倍速
I 20:54:08 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 20:54:08 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 20:54:08 高速なエラースキップ: ×
I 20:54:08 読み込みエラーを報告しない: ×
I 20:54:08 不良セクタの強制読み込み: ×
I 20:54:09 CD-TEXTの情報: ×
I 20:54:09 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-20660)
I 20:54:10 ISRC JPB600207001
I 20:56:26 INDEX 0 トラック 2 LBA 20467!
I 20:56:27 トラック2の読み込み中... (ブロック 20660-41210)
I 20:56:28 ISRC JPB600207002
I 20:58:42 INDEX 0 トラック 3 LBA 41017!
I 20:58:44 トラック3の読み込み中... (ブロック 41210-63865)
I 20:58:45 ISRC JPB600207003
I 21:01:13 INDEX 0 トラック 4 LBA 63672!
I 21:01:15 トラック4の読み込み中... (ブロック 63865-84252)
I 21:01:16 ISRC JPB600207004
I 21:03:30 残りの操作時間: 00:09:21
I 21:03:30 トラック5の読み込み中... (ブロック 95652-332850)
W 21:23:13
セクター272105の読み込みに失敗しました。
W 21:23:19
セクター272106の読み込みに失敗しました。
W 21:23:25
セクター272107の読み込みに失敗しました。
I 21:30:11 残りの操作時間: 00:26:40
I 21:30:11 読み込みが終了しました。









■ベストはEACか!?

ドライブ依存度が高いですが、CloneCD, Exact Audio Copy辺りが有効です。

特に、Exact Audio Copy の Action → Detect TOC Manually は非常に優秀。

Exact Audio Copyの場合は、銀色円盤を挿入したら、 Action → Detect TOC Manually です!




Action → Detect TOC Manually 前





Action → Detect TOC Manually 後















■バックアップ実験結果(まとめ)


CloneCD 3.3.4.1を使用

読み 1倍速指定 オーディオのサブチャネルをチェック
書き 4倍速指定 RAW DAO 最後のセッションを閉じる

読み 書き 結果
PLEXTOR PX-40TS(1.13) PLEXTOR PX-W4012A(1.00) OK
RICOH RW7200A(1.30) PLEXTOR PX-W4012A(1.00) OK
RICOH RW7200A(1.30) RICOH RW7200A(1.30) OK
PLEXTOR PX-W4012A(1.00) PLEXTOR PX-W4012A(1.00) NG
PLEXTOR PX-W4012A(1.00) RICOH RW7200A(1.30) NG
PLEXTOR PX-W4012A(1.01) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) NG

ノイズ、音飛びがないものを OK としてます。

※NGとなっているものは、特定のポイント( = 各トラックの9秒目あたり)で音飛びが発生しています。
  (音が飛ぶ・・・というか、うまく再生できない感じです)


で、この 9秒目の再生不具合 ですが、掲示板でも同様の報告を頂きました。

どうやら 各トラックの9秒目 になにかありそうです。


※ただし、読みドライブによっては 9秒目の再生不具合は起きてません。




気になるのは PX-W4012A が読みドライブとしてだめか?
ということですが、そういうわけでもなさそうです。例えば↓の Exact Audio Copy ではうまくいっています。













Exact Audio Copy V0.9 beta 3を使用

読み 結果
TEAC CD-532S(3.0A) OK
PLEXTOR PX-40TS(1.13) OK
RICOH RW7200A(1.30) OK
PLEXTOR PX-W4012A(1.00) OK
PLEXTOR PX-W4012A(1.01) OK
PLEXTOR PX-W8220T(1.05) #0303 OK
MITSUMI CR-4805TE(1.8A) NG
SANYO CRD-BP4 NG

ノイズ音飛びがないことと、同ドライブ、同条件で5回吸出し、5つともバイナリ一致したのを OK としてます。

NG のは吸いに行こうとはしてますが、結局吸えません。(Detect TOC ManuallyでCD-DAトラックを認識させることは可能)




設定は以下の通りで行いました。(その他の部分はデフォルト)

※注:この設定がかならずしもベスト、というわけではありません









音楽CDを挿入して Autodetect read command now をクリック → Drive read command が自動検出されます。

※Drive read command はドライブごとに設定しています。
※MITSUMI CR-4805TE(1.8A)とSANYO CRD-BP4(4.31)は自動検出できませんでした。






速度は基本的に最低速を選択





イメージ作成は↓のコマンドで行ってます。









■お約束

ここに書いてあることが情報のすべてではありません。

あくまで参考程度に留め、気になる方はご自分の環境でいろいろ調べてみてください。

ただし、ドライブとソフトの組み合わせによってはパソコン自体がフリーズしてしまうことが結構あるので、慎重に作業されることをお勧めします。















さらに詳しい検証