■Accesstek DD0203 Part2 - 2007年5月27日更新 - 

※ここは Accesstek DD0203 再検証ページです。

今さらですが、Accesstek DD0203を再検証してみます。
何故いまになってDD0203なのか?当然ながら深い意味はなにもありません。なんとなくです。


Accesstek DD0203
まさかの再登場となった DD0203
発売直後は HD-BURN 対応という、今となってはすっかり忘れ去られた機能を搭載していることで話題になりました。
その後 UM Doctor Pro.II 用ドライブとして使いましたが、UM Doctor Pro.II の開発停止もあって、今ではタンスの肥やし・・・(以下略)
以前の検証ページ




■ドライブ情報

製品ラベル
ごく一時期バルク販売されていた、HD-BURN 対応のDD0203です。
2003年7月製で、MADE IN CHINA



DVDINFOPro 4.634
バッファは何気に8MBも搭載されてます。



メイン基板




まずは久々にHD-BURNでも試そうかと思いましたが、Nero 7.9.6.0 ではどうやら対応されていないようでした。
(DVD-Rメディアが格安で入手できる現在では HD-BURN はまぁ意味ないといえば意味ないですが)

そんなわけで、早速DVD±R 焼きに移ります。
以前のツールではTA、Jitterとかが計れなかったので、その辺どうなるか興味あるところです。




■CRD-BPDV2

買ったときにいろいろ試していたときは気がつきませんでしたが、DVD-Rメディアに記録すると CRD-BPDV2 というドライブ名がしっかり記録されてます。(PxScan等で確認可能)


"CRD-BPDV2" と表示されます。参考リンク




DD0203 Part2 各種DVD±Rメディアエラーチェックページ