CD-R実験室トップ
Panasonic DIGA DMR-EH66 トップ 2層焼き検証 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種DVD-RAMメディアエラーチェックページ


■Panasonic DIGA DMR-EH66 - 2005年12月18日更新 -

PC用記録型DVDドライブは今まで嫌になるほど購入し、「気がつけば100台」 という、DVR-A05-J を買ったころからすると予想できないことになってきましたが、家電用のDVDレコーダーはなんと今まで1台も買っていない状況でした。あきらかに金の使い方間違えてますね。

飽きもせずに PX-760A を購入・・・ といったところだったんですが、これが大幅に発売延期。
他に買いたいPC用記録型DVDドライブもなかったため、「ここはひとつ、DVDレコーダーでも買ってみよう!」 ということで、購入歴100台目にしてめでたくDVDレコーダー初購入となりました。

買う前には当然メーカーのページを見ましたが、どうも知りたいことが書かれていないことが多く、いろいろと興味津々。個人的に気になったことや、焼き品質的なことをを調べてみます。


Panasonic DIGA DMR-EH66
Panasonic DMR-EH66
各社から発売されていて、機種選択に悩むところですが、最終的には
ダブルチューナー内蔵 & HDDに2番組同時録画可能
が決め手になって購入。(年末の男祭り & ダイナマイト!対策)
公式サイト
AV Watch


※2005年12月時点では、地上波デジタルチューナー内蔵機種に各社とも力を入れているようですが、記録媒体がDVDメディアというのはちょっとバランス悪いなぁ、ということで、アナログ機を選択してます。(というより、コピーワンスが嫌すぎ)




■使ってみての感想、特徴等々

それまで使っていた家電用録画機器が、数年前の三菱の普通のVHSビデオデッキ なので、必要以上にカルチャーショック的な内容のものもあります。(笑)

DVDレコーダーというのは今まで一度も使ったことがありませんでしたが、まず驚いたのはレスポンスのよさ。
電源ONから画面が表示されるまでが一瞬で、そこからHDDへの録画も一瞬です。
セットアップが非常に簡単で、市外局番を入れるだけでほとんど完了。(時計あわせも不要)
番組表も1日たったら勝手に取得されてました。(今ってこれが常識なんですよね?多分)
HDDへの2番組同時録画が理屈抜きに便利。
※便利な理由は説明不要。なにが便利って、見たい番組が重なっても両方録れます。
アンテナ線も地上波用、BS用とそれぞれ1本用意すればいいので、(分配器は不要)配線自体もスッキリ。
焼き終わってもトレイは開かない。(風呂に入っている間に焼いておいて、つい長湯してしまい、戻ったらトレイが開いていた・・・・・・・・・・なんてことはないです)
※トレイが開いたままだと、ホコリ混入が心配。
SPモードは画質的に思ったよりよく、動きの激しいシーンでもブロックノイズが目立たない。(主観)
それより一段階下のLPモードは、動きが少ないシーンならまぁまぁだが、動きの激しいシーンでは画質的にかなり気になる。(主観)
※映像ソースによってはLPモードでも悪くはないと思います。
DVD-Rに焼いた(ファイナライズした)DVD-Videoを、EH66だけでバックアップするのはもしかして無理ですか?
※DVD → HDDのコピー時に再エンコードすれば可能だが、それだと時間がかかる上に、画質も変化してしまう。
DVD-Rに焼いた(ファイナライズした)DVD-Videoは、B's8とかでは普通にバックアップ可能。
※結局のところ、EH66の他にパソコン1台ないとなにかと不便。
動作音全般はほとんど気にならない。
8倍速メディアを使った場合でも、4倍速で焼かれることが結構ある。(台湾系推奨外メディアを使ったとき等)
※焼く前は8倍速選択できますが、実際には4倍速になってしまうことが多く、慎重な焼きをしているような感じです。
編集機能的にはあまり高度なことはできない(チャプター打ちがアバウト等)が、逆の言い方をすると手軽にDVD-Videoが作成できる。(手軽に作るしかない)
中のドライブはDVD-R 16倍速対応のはずだが、ファームで8倍速に制限されている。(っぽい)
※これは実はうれしい仕様。8倍速メディアが市場からなくなるのはかなり先になりそうです。
8倍速DVD-Rへ焼くときは、4倍速で焼くことも可能 & 4倍速でもまともに焼ける。
※Z-CLV に抵抗があるときでも安心。
DVD+Rへ焼くと、強制的にROM化される。(ただ、DVD+Rはどうも焼き品質的にイマイチ)
2層焼きは再生互換性の高い焼きを行っていて、きちんと焼かないとレイヤ切り替わりのところで止まってしまう、Pioneer DV-555でも止まらずに再生可能。(一瞬停止しますが)
ただ、ディスク最外周まで焼く必要があるので、その点がやや不満。(ディスク外周は、反り等の影響を受けやすいので、できるなら使いたくない)
とはいえ、これはDVD-R DLの仕様なので、しかたないことだと思いますが。
HDD 200GBというのは買う前はやや少ないと思ったものの、最終的にはDVDメディアに落とす & HDDに長期保存はちょっと怖いということで、地上波アナログ用としてはそんなに不便ではないかもしれません。(でも、250GBくらいは欲しいかも)
マニュアル がダウンロード可能なので、買う前にいろいろ調べることが可能。
付属の映像ケーブルが普通の黄色のコンポジット。
そろそろ最低限S端子のを付属させた方がいいんじゃないかと思いますが、いかがなものでしょうか?(コストの問題もあると思いますが)
付属のリモコンが、設計ミスでは?と突っ込みたくなるくらい使いにくい。(よく使うボタンが、フタの中に多数ある!)
→掲示板にて、DMR-E220H (E330H )のリモコンがいいとの情報を頂いたので、別途購入しました。
付属のリモコンはだれがなんと言おうとク○!
パナセンス から購入可能です。

左が追加購入したリモコンで、
右が付属のリモコン。
付属のは、よく使うチャンネルがフタの中に・・・
フタを開けないとチャンネル変更不可!
E220H用リモコンでほとんど操作可能な上に、
チャプターボタンも使用可能。
(EH66のリモコンには、チャプターボタンがない!)


いい点、悪い点いろいろありますが、全体的には満足でこれならメイン機として使っていけそうです。




■搭載されているドライブについて

分解すれば一発で判明できると思いますが、値段が値段だけに慎重にいきます。
分解せずに中のドライブを確認するには、PxScanが有効で、PX-716A、PX-712A 辺りがあれば調べることが可能です。
焼いたDVD-RメディアをPxScanにかけると、知りたい情報を表示してくれます。
※他にも、情報取得してくれるソフトはあるかもしれません。


EH66で焼いたものを計測中の図
注目するところは、「writer」 のところです。


↑から読み取れる情報をまとめると、↓のようになります。

Vendor ID MATSHITA
Product ID DVD-RAM DMR-EH66
Serial No. W0051496
Firmware J209
Time stamp 2005年9月15日


ツクモの夏休みの宿題 なんてのもありましたが、今後そのようなことがあり、Product ID が DVD-RAM DMR-EH66 なドライブだったりしたら、そのまま交換できるかも!?しれません。




さて、あとはDVD-Rへの焼きはどうか?ということになりますが、やり方によって焼き方式が変わってくるようです。
具体的には、ダビング操作で再エンコードが必要なとき、(DVD-Rに収まらないとき)は1倍速(またはそれ以下の速度)焼き。
再エンコードが必要でないとき(DVD-Rに収まるとき)は、8倍速焼きか4倍速焼きが選べるようになってます。
※太陽誘電8倍速DVD-Rメディアにて確認。

焼く前には以下の2つのモードが選択できますが、焼くときの挙動、焼き時間、Beta/Jitterのブラフから、
 「最高速モード」 = 8倍速焼き (多分、6x-8xのZ-CLV)
 「静音モード」 = 4倍速焼き (Full CLV)
でいいと「思います。


あと、4GBまでしか焼けないようで、DVDメディア容量オーバーの動画を、EH66で(再エンコードして)焼いても、
4.0GBくらいになってしまいます。


EH66 で焼いたDVD-RのDVDINFOPro 4.50 での情報
1層DVDより少し多めの容量を録画して、それをダビング操作でDVD-Rに
(再エンコードしつつ) 焼いたものですが、容量は4GB しかありません。
ディスク外周に少し余裕がありますが、あえてそうしているみたいです。




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
再エンコードしながらの (1倍速相当またはそれ以下の速度) 書き込み
ID : TYG02
PxScan + PX-716UFL (Firm 1.02)
Nero CD-DVD Speed 4.10 + DW1640 (Firm BSMB)
PlexToolsProfessional 2.28 + PX-712U (Firm 1.07) Sum8 Test
再エンコードしながら焼いたものの結果です。(事実上1倍速以下の焼き)
特徴的なのはDW1640でのPIFで、かなり細かく小刻みに出ています。(4倍 or 8倍で焼いたときとあきらかに違った傾向のグラフ)




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
最高速モード (8倍速) 書き込み
ID : TYG02
PxScan + PX-716UFL (Firm 1.02)
Nero CD-DVD Speed 4.10 + DW1640 (Firm BSMB)
PlexToolsProfessional 2.28 + PX-712U (Firm 1.07) Sum8 Test
8倍速Z-CLV 焼きのときの結果です。
エラーがクッキリ分かれているところが、CLV 切り替わりポイントと思われます。




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
静音モード (4倍速) 書き込み
ID : TYG02
PxScan + PX-716UFL (Firm 1.02)
Nero CD-DVD Speed 4.10 + DW1640 (Firm BSMB)
PlexToolsProfessional 2.28 + PX-712U (Firm 1.07) Sum8 Test
そしてこれが4倍速CLV のときの結果。全体的にエラーが均一です。
再エンコードしながらの焼きのような、小刻みなPIFもありません。


CD-R実験室トップ
Panasonic DIGA DMR-EH66 トップ 2層焼き検証 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3
各種4倍速メディアエラーチェックページ 各種DVD-RAMメディアエラーチェックページ