I-O DATA DVR-516LE (TEAC DV-W516E) - 2005年10月31日更新 -

すでに複数台所有している TEAC DV-W516E
もうこれ以上必要ないのですが、店頭で見かけて思わず買ってしまったので、って、毎度のパターンですが・・・ 簡単にレポートしてみたいと思います。


I-O DATA DVR-516LE (TEAC DV-W516E)
I-O DATA DVR-516LE (TEAC DV-W516E)
アイオー版のいいところは、RAMドライバがしっかり付属しているところです。
RAMドライバがないときは、実はアイオー版は要注目。
(Win9x用のドライバも同梱)
公式ページ
AKIBA PC Hotline!




■ドライブ情報等

製品ラベル1
TEAC DV-W516E そのものです。
2005年10月製造で、MADE IN CHINA



製品ラベル2
アイオーデータが後から貼り付けたラベル。
定格のところが少し違ってます。

※ここのシリアルはさらしちゃまずいので、隠しておきます。



DVDINFOPro 4.32
気になるファームウェアは1.0Cでした。
また、いつものアイオーデータ同様、Region Codeが最初から設定されています。
※外箱に、↓のようにわざわざ書かれているということは、アイオーデータでも初期ファームの悪さを認識していたってことでしょうか?



付属の交換ベゼル(アイボリー)
白ではなく、アイボリーです。(バルクの白とあきらかに色が違う点には注意)
※フェイスの通販のページを見ると、黒、銀、白、ベージュの4色がしっかりラインナップされてます。



素材からこだわり抜いた自社製イジェクトピン!
(箱の説明書き)
なんか、普通っぽいですが・・・
「ゼムクリップで十分では?」 というのは禁句。


そして、これが現物
やはり、ゼムクリップで十分・・・以下禁句。




■その他

●付属のRAMドライバのバージョンは、少し前に販売された同社の DVR-ABN16R と比較して、若干新しいバージョンのものが収録されてます。


******************************************************************
Windows XPデバイスドライバーのバージョンについて

2005年10月3日
BHA_VER.08-3
******************************************************************

ドライバーソフト
meiudf.sys - Ver 4.0.7.0
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 4.2.2.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 1.1.6.0
RAM補助ツール(RAMASST) - Ver 1.1.0.0



******************************************************************
Windows 2000デバイスドライバーのバージョンについて

2005年10月3日
BHA_VER.08-3
******************************************************************

ドライバーソフト
meiudf.sys - Ver 4.0.7.0
dvdram.sys - Ver 4.0.1.0
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 4.2.2.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 1.1.6.0



******************************************************************
Windows 98/Meデバイスドライバーのバージョンについて

2005年10月3日
BHA_VER.08-3
******************************************************************

ドライバーソフト
mkeudf.vxd - Ver 5.03.00
mkeram.vxd - Ver 3.08.10
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 4.2.2.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 1.1.6.0



●トレイの色はしっかり黒でした。ツートンカラーだったらどうしようかと思ってましたが、その点は一安心。




あとは実際の焼き、ですが、なんとここで問題発生。
手始めに太陽誘電の16倍速DVD-Rメディアに16倍速焼きしてみましたが、焼きあがったメディアを見ると記録面の外周付近に円周状のキズがついてしまってます。
念のため、もう1枚焼きましたが、やはりキズが・・・

光学ドライブで初期不良はめったに引かないのが ひそかな自慢でしたが どうやら初期不良にあたったっぽいです。(ToT)
ということで、早くも修理行きです。戻ってくるころにはPX-760A が出ていそうなので、このドライブのレポートページはこれで終わりそうな予感。



さびしく
- 終了 -





■続き

修理に出そうと思い、宅急便の伝票に必要事項を記入。
念のため、保証規定を再度見直したところ、


送付される場合、発送時の費用はお客様のご負担・・・


あやうく着払いで送るところでした・・・(汗)
なんか調子狂うなぁと思いつつ、おもむろに箱から取り出してファームウェアを1.0Dにアップし、「ほんとに初期不良か?」 を再確認するため、懲りずに誘電8倍速DVD-Rメディアに焼いてみます。
※TEAC配布のでファームアップできるか?という質問も頂きましたが、普通にできました。

焼き面は・・・相変わらず円状にキズがつきます。
さらによく見ると、キズだけでなく、斑点状に焼きムラができている箇所もあります。(やはり初期不良みたいです)



焼いた後に目視で確認
こんな感じで、キズがついてしまってます。



PxScan
Nero CD-DVD Speed 4.07 ディスク品質テスト

キズがついているところで、予想通り問題が出ました。
どちらかというと、PIEよりPIFが影響受けるみたいで、グラフを見るとちょっとまずそうなことになってます。

また、このキズディスクの実際の読みですが、ドライブによって差が出ていて、この辺ちょっと興味深いです。


TEAC DV-W516E でのリードテスト (今回の初期不良品使用)
一瞬凹むものの、最後まで読んでます。



BenQ DW1640 でのリードテスト
かなり減速するものの、最後までリード完了。



PLEXTOR PX-716A でのリードテスト
該当部でエラーで読み停止。




トップへ