CD-R実験室トップ
SONY DW-G110A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ DVD-RAM検証
DVD関連のベンチマーク 太陽誘電16倍速DVD-Rメディアで全速度書き込み


■SONY DW-G110A - 2005年12月25日更新 -

※時間的な関係で、いつもより内容が少なくなっています。

LITE-ON = SONY = MediaTek という図式はCD-RWドライブのころから続いていますが、今回、どうやらその図式に当てはまらないドライブが販売されました。
※MediaTekというと、いろいろとあったようですが、今回の件と関連性があるかはイマイチ不明。時期的にみて、関係してますかね?やっぱり。

発売開始された当初は、「どうせLITE-ONのSHM-165P6Sあたりだろう」 と思い、全然買う予定はありませんでしたが、実はそうでないこと知り、物欲が急激に上昇。


SONY DW-G110A
SONY DW-G110A
で、買ってきました。
ソフトなしとはいえ、いきなり税込みで5000円切ってます。
ユートビア
AKIBA PC Hotline!


早速、LITE-ON SHM-165P6S と比較してみよようと思います。

ある程度ドライブを買っていると、自ずと注目するのはフロントベゼルです。
光学ドライブはOEM販売されることが結構あり、そのときはベゼルだけデザインをちょこっと変える、、ということも珍しくありませんが、LED、イジェクトホール、イジェクトボタンの位置は変えられないため、その辺から 「どこかのOEMなのか?そうでないのか?」 判断できる場合が多いからです。


フロント部を比較
上が SONY DW-G110A で、下が LITE-ON SHM-165P6S
同じように見えます。


次に注目するのは奥行きです。これもOEMだと元ドライブと同じになるはずです。


側面からも比較
デザインまでも同じです。


上からも比較
左が SONY DW-G110A で、右が LITE-ON SHM-165P6S
これは少し違いがありました。
(でも基本的には似ています)


ここでメーカーのページを見てみると、仕様的に違うところがあることに気がつきます。先にメーカーのページ見とけって話もありますが。
さらに、12月25日時点では、"DW-G110A" で検索しても国内サイトくらいしかヒットしないという珍しい状況。
こうなるとばらしたくなるので、っていつもばらしてますが 両者をばらして比較。


SONY
DW-G110A
LITE-ON
SHW-165P6S
画面クリックで拡大(拡大画像は期間限定公開) 画面クリックで拡大(拡大画像は期間限定公開)
RENESAS
R8J32206FPV
MediaTek
MT1888E


サブ基板は同じっぽく見えますが、メイン基板は見事に設計が違ってました。
フロイントベゼルで見分けがつかなかったのは、サブ基板が同じだからってことですね。

全体的な設計は同じ傾向に見えるので、(筐体設計が同じに見える)新生ライトンといったところでしょうか?
やはり、今後MediaTekは非採用になるんでしょうか・・・?


DW-G110A のほうはチップ関係がやや見にくいので、スキャナー
の設定を変更して該当部のみスキャンした結果を載せておきます。




■意外にも動く

DW-G110A に搭載されているのは MediaTek ではなく RENESAS
ということは、まず気になるのはKProbeでの動作ですが、これが予想に反して動きました。


ProdiscS05@DW-G110A 16倍焼きディスク
使用したのはこのパッケージの ProdiscS05

ただ、動くことは動くのですが、ファーム2.0c & KProbe 2.5.1 の条件ではどうも挙動が変なところがあり、4倍速指定で読ませても、2x CLVで読んだり、2x-4x CAVで読んだりと、なぜか統一性がありません。
※8倍速も指定できますが、そのときの4倍速指定のときと同じ挙動になりました。


さらに、なぜかエラーを全くカウントしないときがあったりと、どうも不安定な印象です。(SPTI、ASPI どちらのモードでも変化なし) これってうちだけですか?

挙動が変なところはありますが、ともかくKProbeでは予想に反して動いてくれました。
さて、KProbeで動くとなると、Nero CD-DVD Speed は?ということになりますが、これでも動きます。

ProdiscS05@DW-G110A 16倍焼きディスク (↑のと同じディスク)

ただ、CD Speed でも不安定なときがあり、エラーを全くカウントしないときがあります。(原因は不明 & うちの環境のせいかもしれません)
速度的には、4倍速指定で、2倍速読みとなりました。


それと、↑で計測したディスク、外周が死んでいるように見えますが、読みドライブによってはまともな結果になります。
ProdiscS05@DW-G110A 16倍焼きディスク (↑のと同じディスク)
DW1640 での読みは、まともな結果。


ProdiscS05@DW-G110A 16倍焼きディスク (↑のと同じディスク)
SHM-165P6S での読みも、まともな結果。(ややPIE多い)


ProdiscS05@DW-G110A 16倍焼きディスク (↑のと同じディスク)
PX-716UFL での読みも、まともな結果。(ややPIE多い)
※外周のBetaが上昇傾向にありますが、DW-G110A での計測で外周が悪いということは、火加減がやや強いみたいです。


とりあえずエラー計測は可能ですが、このドライブにはその辺あまり期待しないほうがいいかもしれません。(今後のファームアップで変わる可能性あり & そもそもドライブ自体が安いので、ためしに買ってみてもいいかと思いますが)
※趣味が 「ドライブ」 という人 ←運転するドライブではなく、光学ドライブの方のドライブ は楽しめそうです。(笑)

ちなみに、日立LG GCC-4520B というドライブもKProbeで動く のですが、これはMediaTek搭載品。
RENESAS搭載品でKProbeで動くというのは、ちょっと珍しい例だと思います。




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 2.0c 時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG03)
19秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG03)
19秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
21秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
23秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
20秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
16秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 15秒
普通の音楽CD 20秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
21秒


RAMのマウントは比較的早いほうで、21秒で完了。
その他もまぁまぁな結果になりました。




■SONY DW-G110A の主な特徴等まとめ (一部主観意見含む)

LITE-ON = SONY の図式は今回も成り立っていそうですが、今までのLITE-ON とは少し違ったタイプのドライブ。
メインチップがMediaTekから日立LG等で使われているRENESASに変更され、DVDメディアへの書き込み同式は今時珍しい、Z-CLV 方式
(別に悪い意味で言っているわけではありません)
KProbe、Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。
ただし、4倍速指定しても2倍速CLV読みになる。(なぜか、2x-4xのCAV読みになるときもある)
※ファーム2.0c & KProbe 2.5.1 & Nero CD-DVD Speed 4.11 の条件にて確認。
DVD-RAMのディスク品質テストも一応可能。
LITE-ON (SONY) らしく、DVDメディアへの6倍速Full-CLV 書き込みがサポートされている。
(今までのLITE-ON と違い、6倍速CLV グラフはほぼ完璧な一直線)
RAMドライバは付属されていないので、RAMを使いこなすには別途RAMドライバかパケットライトソフトを用意する必要がある。
(WinXPならFAT32限定で使えると思いますが、それだとちょっと不便)
2005年12月時点では、Nero CD-DVD Speed 4.11、Nero 7.0.1.4、DVDINFOPro 4.50、KProbe 2.5.1 で確認する限りではBookTypeの設定変更はできないっぽいが、1層DVD+R、2層DVD+Rともに強制的にROM化される。
※ユートビア配布のファーム2.0cにて確認。
DVDメディアの読み速度は遅めで、プレスDVD-Video(CSS)、DVD-RメディアともMAX 8倍速。
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくてもしても書き込み可能・・・ですが、書き込み中にフリーズすることがあるので、他のソフトを使ったほうがよさそう。(CDRDAO経由してもしなくてもフリーズするときあり)
CD Manipulator 2.70 では、普通に書き込み可能。
RENESASらしく、Write samples offsetの数値が±0
そのため、EACを使わなくても位置ずれがない音楽CD作成が可能。
ただ、音楽CD焼きはどうも変で、Exact Audio Copy V0.95 beta 3、Nero 7.0.1.4で確認する限りでは、ディスク終端の20〜40サンプルを正確に書くことができないという現象が起きています。(確認時のファームウェアは2.0c)
※ディスク最後のWAVE終端に、あらかじめゼロサンプルを追加しておくといいかもしれません。ただ、実際にはWAVE終端にゼロサンプルが(最初から)ある場合がほとんどだと思いますが。

→後にこれは誤りであることが分かりました。こちら を参照。
暁のラブレター特有の問題については問題なし。


音楽CD焼きで変な現象が起きるのが少し気になりましたが、全体的には普通に使えそうな感じです。
その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ RENESAS
R8J32206FPV
製造国表示 China
排気ファン なし
5V定格 1.5A
12V定格 1.5A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト なし
Read sample offset correction +49 ※2006年11月26日修正
Write samples offset +30 ※2006年11月26日修正
Combined read/write sample offset correction +79
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 1層、2層DVD+Rとも強制ROM化される
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 3にて確認)
読み
書き ※ただし、焼き中にフリーズすることあり(CDRDAOを経由してもしなくても)
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は4倍速)
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは6倍速
2層DVD+Rも(多分)6倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DW-G110A はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 バルク販売品
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.23ではあっかんべーしませんでした。

【補足2】
LtnFlash1.24では、残念ながらファームは吸えませんでした。

【補足3】
このドライブで焼いて、PxScanで計測すると、なぜかドライブ名を表示してくれません。

【補足4】
速度違反は基本的にできないようで、誘電4倍速DVD-Rメディア、誘電8倍速DVD-Rメディア、誘電8倍速DVD+Rメディアではそれぞれ規定速度までしか選択できませんでした。

【補足5】
ライティングソフトは付属していませんが、Nero 7.0.1.4 等では普通に動きます。
また、B's8.23とかでは非対応ですが、速度MAXなら書き込み可能。


CD-R実験室トップ
SONY DW-G110A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD+R DLメディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ DVD-RAM検証
DVD関連のベンチマーク 太陽誘電16倍速DVD-Rメディアで全速度書き込み