■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート LM-BR25LP10 - 2016年4月24日更新 -

わざわざ取り上げるほどの内容でもないのですが、LM-BR25LW11S が非常に低エラーだったので、通常パッケージのトリプルタフコートはどうか?ということで、同じ条件でエラー計測してみます。

Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート LM-BR25LP10
Panasonic 4倍速BD-Rはパッケージに「日本製」表記がないのもありますが、「LM-BR25LP10」 は表記ありです。
また、中身は今までと同じで、 [BD-R-SL:MEI-T02-001] です。

購入した場所は オリンピックパッケージのLM-BR25LW11S と同じで、ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店です。
10枚パッケージで1720円と少しお高めですが、コストダウンでOEMとかになるよりは全然いいです。





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (1/5)

Pioneer BDR-XD05R2 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
2016年3月28日付けでF/W 3.01が公開されていますが、条件を揃えるため、まずはF/W 3.00で書き込みしています。
エラー的にはかなりよい数値で、LDC、BIS共に LM-BR25LW11S と同じような数値です。Jitterに関しては少し良くなりました。(たまたまかもしれませんが)
これで2パッケージ試して2つとも好結果なので、相変わらずの定番メディアということでいいと思います。4倍速BD-RはPanasonic 1択状態です。
参考比較用サイト内関連リンク




BDR-XD05R2 ですが、せっかくなのでF/W3.01でも検証してみます。
3.01の更新内容は以下のようになっています。
BDの記録品質の改善
BDの記録動作の改善
BDメディア/DVD+R DLのセットアップ動作改善
BD-RE DL サポートメディアの追加 (2X Writing:Ritek製)




■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (2/5)

Pioneer BDR-XD05R2 4倍速書き込み F/W 3.01時
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
F/W 3.01での結果です。(ある程度は予想通りですが)あまり差は出ません。
F/W 3.00と比べてJitterが少し悪くなってたりしますが、個体差等かもしれません。





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (3/5)

Pioneer BDR-S09J 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
続いて5インチのPioneerですが、これも LM-BR25LW11S と同じような傾向で非常に低エラーです。普通に問題なく使えそうです。
Jitterはそれほどでもないですが、その辺の傾向も似ています。
参考比較用サイト内関連リンク





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (4/5)

LG Electronics WH16NS48DQ 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
LGはPioneerよりLDC、BISが悪くなりますが、これも LM-BR25LW11S のときと同じです。ただし、今回は WH16NS48DQ 計測の数値がすこし悪いですが。(気にしなくて良いレベル)
JitterがPioneerよりよくなるのも LM-BR25LW11S と同じです。
参考比較用サイト内関連リンク





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (5/5)

Panasonic UJ265 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
Panasonicのドライブについても、傾向的には LM-BR25LW11S と同じです。
LDC、BISはよいのですが、Jitterが予想より悪くなります。特にCAVエリアが悪くなります。
Jitter Avg 15.2% というのは結構気になる値ですが、実用上は(多分)問題なしでいいかと思います。

【まとめっぽいコメント】
ということで、2回続けて当たりメディアのようで、エラー値はかなりよいです。
・・・と結論付けるにはサンプルが少ないかもしれませんが、また機会があったら(物欲とか、更新欲がでたら)同じようなことをしてみます。

トップへ