■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート LM-BR25LW11S - 2016年3月21日更新 -

SONYの1層6倍速BD-RにRiTEK製が出回ってきたことで、1層BD-RはとうとうPanasonic1択になりました。
M-DISCもありますが、今のところM-DISCはあまり気にしなくていいと思います。

そんな中、最後に残ったPanasonicが新製品(1層のトリプルタフコートBD-R)を発売しました。
IDは従来のメディアと同じなので特に取り上げるほどのものでもないですが、一応エラー計測してみたので、結果を載せておきます。
10枚パッケージの LM-BR25LP10 はこちら

Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート LM-BR25LW11S
おなじみのオリンピックパッケージです。
IDは [BD-R-SL:MEI-T02-001] で、従来品と同じです。

以前はメディアを買うときは秋葉原までわざわざ行くことも多かったですが、2016年3月時点ではわざわざ時間と交通費をかけてまで秋葉原まで行く価値がなくなってきているので、地元近くのヨドバシ(さいたま新都心)で購入。
1830円と少しお高めですが、価格競争が進んで、結局RiTEKになってしうまうよりは全然いいです。(Panasonicは以前RiTEKを発売した経緯があるので)
なお本パッケージには50GBのメディアが1枚同梱されていますが、これもIDは従来品と同じです。



【余談】
Panasonic 1層4倍速の初登場は2007年7月なので、気がつけばそれから8年6ヶ月近くも経過しています。(2016年3月時点)
登場したときは、まさかここまでのロングセラー品になるとは思いませんでした。

サイト内関連リンク
個人的に購入した1層4倍速BD-Rメディアの情報





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (1/4)

Pioneer BDR-XD05R2 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
2016年3月時点でのメインドライブ候補の1つです。
さて結果ですが、これはメディアが当たりだったようで、LDC、BISとも非常によく、全く問題ないエラーグラフです。Jitterは特別良くはありませんが、問題なしということでいいと思います。
参考比較用サイト内関連リンク





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (2/4)

Pioneer BDR-S09J 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
2014年3月発売で、約2年前のドライブですが(2016年3月時点) 5インチドライブでは今でもこれがメインドライブ候補の1つです。
それはそうとやはりメディアが当たりのようで、LDC、BIS共に非常に良いです。特にLDC平均0.32という数値はなかなか拝めません。
Jitterの方はこれも特別良くはないですが、もしかしたらPX-B950SA側の問題かもしれません。
参考比較用サイト内関連リンク





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (3/4)

LG Electronics WH16NS48DQ 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
エラー計測用に買ったドライブですが、参考比較用に追加します。
LDC、BIS共にPioneerより悪いですが、以前検証したとき と印象は全然違っていて、これなら全く問題はなさそうです。
Jitterに関してはPioneerドライブよりよく、メインドライブとして使っても全然問題なさそうな感じです。
参考比較用サイト内関連リンク





■Panasonic 1層BD-R トリプルタフコート 各種エラーグラフ (4/4)

Panasonic UJ265 4倍速書き込み
PX-B950SA計測
WH16NS48DQ計測
Panasonicのドライブが高Jitterになることを思い出し、参考比較用に追加します。(Owltech OWL-CBPU068 を使用して内蔵接続しています)
1箇所微妙なエラー塊が出てしまってますが、LDC、BISに関しては非常によい結果です。
特に PX-B950SA計測では BIS Avg 0.00 という数値が出ていますが、この数値は滅多なことではお目にかかれません。
ただしJitterに関しては以前の検証通り悪く、4ドライブ中最も悪いです。
計測ドライブが違うので、あまり比較はできませんが、以前の検証ページ

【まとめっぽいコメント】
全体的に見てどう見てもメディアが当たりで、ここまで低エラーのメディアは久々な気がします。
ただしたまたま運が良かっただけの可能性もあると思うので、(通称:ゴッドハンド) 気が向いたら2016年4月発売の別パッケージのトリプルタフコートでも検証してみます。

トップへ