CD-R実験室トップ Pioneer DVR-A07-J トップ
1倍速メディア 4倍速メディア 8倍速メディア Part1 8倍速メディア Part2


■Pioneer DVR-A07-J - 2007年3月30日更新 -

個人的にははずせないドライブ、DVR-A07-J で焼いたメディアを、今時のツールで調べてみよう!のページです。


Pioneer DVR-A07-J
Pioneer DVR-A07-J
おなじみの DVR-A07-J です。
1倍速DVD-Rメディアへの1倍速書き込み
1倍速DVD-Rメディアへの2倍速書き込み
8倍速DVD-Rメディアへの6倍速書き込み

をすべてサポートしている、実に貴重なドライブ。他に↑の3つをサポートしているドライブは、なかなか見当たりません。
ASCII24 - Akiba2GO!





■検証時環境、ドライブ情報等

 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 IDEマスター 光学ドライブ Pioneer DVR-A07-J
 IDEスレーブ none
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ LITE-ON LH-20A1P
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 IEEE1394 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A + ラトックIEEE1394アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。



製品ラベル
2004年2月製。約3年前の製造です。



DVDINFOPro 4.628
よぽどのことが無い限り、これが最終ファームになるかと思います。(日付は2005年9月)



DVRFlash 2.2
ログ
Win32版 DVRFlash で、DVRFlash -v X:
(X のところはドライブレター)





■DVR-A07-J のDVDメディア書き込みの特徴について

Victorビデオ用8倍速DVD-Rメディア(TYG02)を使用しての、書き込みグラフを改めて見てみます。(比較用にA12Jのグラフも追加)


DVR-A07-J


DVR-A12J


Nero CD-DVD Speed で書き込みするとよくわかりますが、A07-J は今時のドライブと違って途中でメディアチェックのような挙動は見せず、一気に焼く方式です。というか、昔のドライブはほとんどこの書き込み方式ですが。
(それが悪い方向へ作用しているか?イマイチ判断できないところもありますが)TAとかはA12J の方がいい感じになります。
トータルしてみると、若干ながらA12J の方が好結果。
それぞれ各種計測結果は、A12J に関しては↓に。A07-J に関しては、"各種8倍速メディアエラーチェックページ" に載せています。




【参考比較用データ】
Pioneer DVR-A12J での各種計測結果
(同メディアの DVR-A07-J での各種計測結果は、各種8倍速DVDメディアエラーチェックページにあります)
書き込みドライブ Pioneer DVR-A12J
ファームウェア 1.09
メディア (ID) 太陽誘電 (Victor) 8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
ビックカメラ大宮店にて2007年1月に購入
書き込み速度 4倍速 6倍速 8倍速 12倍速
Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0
PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.07) PIE/Beta/Jitter/TA
コメント等
Betaのみ少し惜しいところありますが、それ以外はほぼ完璧です。
PX-755A でのTA、Jitterに関しては、A07-J よりこっちの方がいい結果になってます。


CD-R実験室トップ Pioneer DVR-A07-J トップ
1倍速メディア 4倍速メディア 8倍速メディア Part1 8倍速メディア Part2