CD-R実験室トップ
DVR-A10-J トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD+R DLメディアエラーチェックページ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DVD関連のベンチマーク (3)
DVD関連のベンチマーク (4) DVD-RAM検証 森メディア & 誘電master
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■Pioneer DVR-A10-J - 2005年10月9日更新 -

※正確には、DVR-A10-JBK ですが、便宜上 DVR-A10-J と表記しています。

DVR-110D(バルク) が発売になったのが約2ヶ月前。
その後、RAM書き込み対応の DVR-110(バルク) が発売されたり、バッファロー版(1層DVD+R ROM化仕様バージョン)が発売になったりしましたが、今回の純正版は遅れに遅れ、初登場の DVR-110D から10週間も過ぎての登場となりました。
バルク版、バッファロー版と差別化されているところもありそうなので、新ドライブということで改めて調べてみようと思います。


Pioneer DVR-A10-J
Pioneer DVR-A10-J
Pioneerは多くのメーカーがサポートしていない、6倍速CLV書き込み
をサポートしているので、今回も物欲全快で購入。
- 公式ページ - 
- エスティトレード -
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!
価格.com


最近の傾向として、新ドライブが発売になると、旧機種は店頭からいつのまにか姿を消しているということがありますが、DVR-A10-J が発売になったとき、DVR-A09-J は市場からほとんど姿を消してます。(私の行動範囲ですが)
バルクのDVR-109はちらほら見かけることがありますが、昔のように在庫処分を買うという時代ではどうやらなくなってきたようです。





■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.22 時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 2.4倍速DVD+R DLメディア
MKM001
×
-
×
-
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
×
-
×
-
三菱化学 16倍速DVD+Rメディア
MCC003
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
6x-8x-12x
Z-CLV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
TYG01
×
-
×
-
×
-
×
-
CLV
CLV
CLV
TDK 1倍速DVD-Rメディア
TDKG02000000
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
CLV


色が のところは、実際に焼いて確認はしていません。(少々不確実なところあり) 多分あっていると思いますが。

前作 DVR-A09-J と同じような感じです。
12倍速の焼きは、メディアによって P-CAV になったり、Z-CLV になったりします。(多分選択できるMAX書き込み速度が16倍速のメディアの12倍速焼きは P-CAV で、選択できるMAX書き込み速度が12倍速のメディアの12倍速焼きは Z-CLV)
8倍速の焼きも、メディアによって書き込み方式が違います。
6倍速はしっかりフルCLV なので、その点に拘るときも安心。




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.22 時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
27秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
25秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
24秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
18秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 15秒
普通の音楽CD 16秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
25秒


まず気になるのはRAMですが、30秒を切っているので遅くはないです。(これなら合格点)
その他は(ND-4550A辺りと比べると)若干遅いところもありますが、まぁ普通にストレスなく使えるんじゃないかと思います。
使った感じでは、特に遅いとか感じることはありませんでした。




■Pioneer DVR-A10-J の主な特徴等 (一部主観意見含む)

メインチップは、おなじみのNEC製。
NEC D63645GM
NEC C3345GC
DVR-110D 辺りとも同じです。
Pioneer初のRAM書き込み対応機。
RAMメディアのマウントは30秒を切るので、比較的早め。ただ、ND-4550A のように3倍速メディアの読み速度は5倍速とはならず、3倍速止まり。
RAMドライバは付属されていない。
(RAMドライバがない環境でRAMを使いこなすには、パケットライトソフトをインストールする必要あり)
※うちの環境では、付属パケットライトソフトで正常動作しませんでした。
※BHA配布のRAMドライバ(松下製)があれば、それで動作します。出回っている情報 と違う?
※RAMを使うなら、OSはXPの方が問題は起きにくいかもしれません。
初期ファームの段階では、ROM化の設定変更はできない。(2層DVD+Rは強制的にROM化されるが、1層はROM化されない)
※今までの例から、今後も設定できるようになることはないと予想されます。(メーカー配布のファームでは)
Pioneerの得意技、DVDメディアへの6倍速CLV 焼きは、本ドライブもしっかり実装。
バルク版と違い、あらゆる面から静音化するための工夫がなされている。
ハニカム構造 & スポンジ状のものがあり。静音ユーティリティ も使用可能。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。(要レジストリ操作)
※まとめサイト等に書かれてますが、やるときは自己責任で。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ahead\Nero Toolkit\CD Speed\CD Quality Blockedにある「PIONEER」を削るか「BIONEER」等に変更する。
デバイスマネージャ等での認識は、DVR-A10-J ではなく、DVR-110 (バルクと同じ)
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由で書き込み可能。(CDRDAOを経由しないと、書き込みエラーになる)
CD Manipulator 2.70 では、SAO、RAW+96共に残念ながら書き込みエラー。
ExactAudioCopyで、オフセット値を適切に設定してた場合、先頭18サンプルを書くことができない。
また、読みはディスク終端48サンプルをリップできない。(使用上はほぼ問題なし)

→詳細未確認。こちら も参照。
暁のラブレターは微妙に嫌な結果になるものの、ほぼ無問題。(過去のPioneer、NECドライブと同様の傾向)


一通り使ってみた感じでは、前作DVR-A09-J と似たような性能で、それにRAM書き込み機能を追加したような印象です。つまり、A09-J を使っていて、RAMを使わないなら特別買うものでもないと言うことで。ただ、静音という点ではバルクのとあきらかに差別化された作りになっているので、バルクのDVR-109からなら買い替えてもメリットあると思いますが。
1層のDVD+RはROM化されないので、その辺の機能が必要なら、バッファローパッケージのを買うしかなさそうです。もう少ししたら、ゴニョゴニョできるようになるかも?

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ NEC D63645GM
NEC C3345GC
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.6A
12V定格 1.0A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト PowerDVD 6.0
PowerDirector 4.00.1515e
PowerProducer 3.02.1604g
Power2Go 4.20.2016
InstantBurn 4.913
PowerBackup 1.10.1814Medi@Show 3.0
アドバンスド静音ユーティリティ
Read sample offset correction +18 ※2006年11月26日修正
Write samples offset +48 ※2006年11月26日修正
Combined read/write sample offset correction +66
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 1層DVD+RはROM化されない
2層DVD+Rは強制ROM化仕様
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 可能
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 2にて確認)
読み
書き △ ※CDRDAO経由で書き込み可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き ×
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 一応可能(MAX or 24倍速)
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±R、2層DVD±R すべて6倍速。
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DVR-A10-J はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B'sであっかんべーはしません。

【補足2】
PxScanに反応するので、PLEXTORドライブでPxScanを使うときは、ドライブ指定を誤らないように注意したほうがいいかもしれません。

【補足3】
A09-J と同様、トレイ開閉時に 「ガリガリ」 という音がする場合があるそうです。(掲示板での報告より)
うちでも最初は微妙にガリガリという音がしてましたが、次第にその音はしなくなりました。

【補足4】
記録済みDVD-Rメディアを、Nero CD-DVD Speed で調べると、ディスクタイプが 「DVD-ROM」 と表示されてしまいます。(確認時のバージョンは4.07) DVDINFOProだとそのようなことはないので、Nero CD-DVD Speed のバグかもしれませんが。

【補足5】
RAMドライバでは動きません という情報が流れているのが気になります。
なんらかの理由があって、動かないことにしているのか?単なる間違いなのか?
なんせ、うちの環境では付属ソフトではRAMフォーマットができず、RAMドライバだと正常に使えたりしているので。
(詳細はDVD-RAM検証のページを参照)
RAMドライバはフリー扱いではない点には注意。
http://www.fmworld.net/cgi-bin/driversearch/drvdownload.cgi?DRIVER_NUM=E1002607




■ProdiscF01 での焼きについて - 2005年10月18日追加 -

DVR-110 についていろいろと情報を集めていると、ProdiscF01 に焼くと、立ち上がりで極端に高いPIEが検出されるという報告がかなりあります。うちで試した限りではそのようなことはなさそうでしたが、この際なので手持ちのDVR-110系ドライブをすべて使って改めて確認してみます。

メディアは↓のパッケージの ProdiscF01 で、書き込み速度はいずれも8倍速。
ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.07 で、エラー計測環境はPlexToolsProfessional 2.25 + PX-716UFL (Firm 1.01) Sum8 Test 速度2設定です。

10枚スピンドルの ProdiscF01
(Smartbuyブランド)



バルク販売の DVR-110D (Firm 1.22)
S/N EGTO900055WL
Made in Japan 7月製造品
※RAM書き込みなしドライブ
全然問題ありません。



バルク販売の DVR-110 (Firm 1.22)
S/N EGTO001148WL
Made in Japan 7月製造品
全然問題ありません。



バルク販売の DVR-110 (Firm 1.22)
S/N EHTO015205WL
Made in Japan 8月製造品
全然問題ありません。



バルク販売の DVR-110 (Firm 1.22)
S/N EITO015331WL
Made in Japan 9月製造品

※なんかあったときのために購入していたもの
全然問題ありません。



バッファロー販売の DVR-110 (Firm 8.22)
S/N EHTO008534WL
Made in Japan 8月製造品
全然問題ありません。



純正版 DVR-A10-J (Firm 1.22)
S/N EHDC000541JP
Made in Japan 8月製造品
※静音モード時
全然問題ありません。



純正版 DVR-A10-J (Firm 1.22)
S/N EHDC000541JP
Made in Japan 8月製造品
※標準モード時
全然問題ありません。


ということで、全然問題なさそうな結果になりました。
1台でも問題が出てくれれば 「個体差」 ということで結論付けられましたが、どうも今回試した限りではその辺はっきりしません。読みドライブを PX-716UFL から、PX-716A、PX-712U にかえて、ディスク冒頭のみチェックしてみましたが、それでも異常なし。
メディアがたまたまよかったんでしょうか・・・?
よくわかりませんが、なにか進展があったらここに追記しときます。





■純正版、バッファロー版、バルク版の違いについて - 2005年10月18日追加 -

比較項目 バルク販売の DVR-110 バッファロー販売の DVR-110 純正版 DVR-A10-J
製造国 Made in Japan
※Made in Chinaの物もあり
Made in Japan
※今後発売のものはやや不確実
Made in China
筐体構造 普通の構造 普通の構造 静音を意識したハニカム構造
トレイの色 アイボリー アイボリー ブラック
価格 一番安い 中間 一番高い
静音ユーティリティ 使用できない 使用できない 使用可能
1層DVD+RのROM化 ROM化されない 強制的にROM化される ROM化されない
2層DVD+RのROM化 強制的にROM化される 強制的にROM化される 強制的にROM化される
RAMドライバは
付属しているか?
付属していない 付属していない 付属していない
Kernel type GENERAL OEM_INT PIO_ADV
初期搭載ファームウェア 1.22 8.22 1.22
DVD-Video (CSS)
リード速度
制限されていない MAX約5倍速に制限されている 制限されていない


結果的に3タイプとも購入したので、主に違いがある項目を取り上げてみましたが、こうしてみると結構あります。
どれかひとつ選べといわれたら、私は迷わず純正。(理由はデザインが好みというだけだったりしますが)


CD-R実験室トップ
DVR-A10-J トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD+R DLメディアエラーチェックページ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) DVD関連のベンチマーク (3)
DVD関連のベンチマーク (4) DVD-RAM検証 森メディア & 誘電master
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 各種16倍速メディアエラーチェックページ