■Pioneer DVR-A12J - 2006年12月23日更新 - 

【2007年9月2日追記】
パイオニア製DVD/CDライター不具合のお知らせ



※このページは簡易検証ページです。

バッファロー版 DVR-112D の発売から約3週間、Pioneer純正版 DVR-A12J が発売となりました。
今回のPioneerはこれといった売りが感じられないので、スルーするつもりでしたが、バッファロー版は店頭で見て思わず購入。で、純正版のもスルーするつもりでしたが、店頭で見てフラフラと・・・(Pioneerは、モデルチェンジごとにパッケージをガラリと変えるので、思わず買っちゃう率が高いかも)
売りといえば、DVR-A11-J ではなぜか封印されていたLabelflashが標準装備されてます。なぜA11-J のときは封印されていたのか?結構疑問。


Pioneer DVR-A12J
Pioneer DVR-A12J
いつものように3色発売されてますが、Pioneer純正の場合はベゼル色は黒がカッコイイので黒を選択。
「ピアノブラック」 なる光沢感ある素材が使用されていますが、見た目はいいものの、ホコリが付きやすいのが気になります。
※ホワイトとシルバーは、相変わらず間違えやすいです。
- 公式サイト -
販売代理店
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!


なお、今回は時間的な理由により簡易版検証ページということで作成していますが、細かな性能は DVR-112D とほぼ同じと思われます。(バッファロー版と比べて目立って違うところは、純正版は読み速度の制御が効いてうるさくないのと、1層DVD+R がROM化されないくらいです)
バッファロー版 DVR-112D 情報ページ ← オフセット値、DVD-R 書き込み方式(P-CAV、Z-CLV etc)等の細かな情報はこちらを参照。(手抜きですいません)



一通り使ってみた感想としては、今までの純正版同様まず動作音が静かです。(というより、バッファロー版がうるさすぎなだけですが)動作音重視のときは、純正版を買った方が後悔しないですみます。
その他全体的な使用感は今までのPioneerと同じ感じで、(使用感レベルでは、旧モデルからあまり変化がない)
バルク版やバッファロー版と比べて作りが若干違う(中に、静音対策と思われるスポンジ状のものが入っている)ところがあるのも今までと同じです。

違うところといえば、今回はかなり頑丈な封印シールが貼られています。私はこれを剥がしちゃいましたが。
また、フロントベゼルには、ツルツルベゼルを守るべくしっかり保護用シートが貼られていました。


フロントベゼルは ピアノブラック
今までと違い、光沢感があるピカピカツルツルベゼルです。
(これも今回の売りになっているようです)




■ドライブ情報等

製品ラベル
2006年12月製造で、MADE IN CHINA
定格電流値は、DVR-112D と同じです。



Pioneer DVR-A12J の基板スキャン画像
DVR-A12J 搭載メインチップ
NEC MC-10041


↑の補足
基板のバージョンらしきものが少し違ってます
DVR-112D DVR-A12J




DVDINFOPro 4.623
いつも通りですが、DVR-A12J ではなく DVR-112L と認識されます。
出荷時のファームウェアは 1.06
Serial No は、製品ラベルの数値としっかり同じ数値が表示されてます。
バッファロー版ファーム 8.06 との主な違いは、1層DVD+RがROM化されるか?されないか?です。
(バッファロー版はROM化されて、純正版の本ドライブはROM化されない)
2層DVD+R に関しては、バッファロー版、純正版共に強制ROM化仕様です。
その他、バッファロー版は静音ユーティリティが使用できないものの、純正版は使用できるという違いもあります。



NeroInfoTool 4.2.0.0



DVRFlash 2.2
Win32版 DVRFlash で、DVRFlash -v X:
(X のところはドライブレター)
純正版なので、いつものように "PIO_ADV"



- 検証時環境 -
 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 SATA 光学ドライブ LITE-ON LH-2B1S
 IDEマスター 光学ドライブ Pioneer DVR-A12J
 IDEスレーブ none
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ BenQ DW1800 (元ハードは LH-18A1P)
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 IEEE1394 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A + ラトックIEEE1394アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
 スキャナー EPSON GT-7200U
 デジタルカメラ Panasonic DMC-FX07
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。




■DVD版DiscT@2

Pioneerはなぜかこの機能を売りにしていませんが、Labelflash だけではなく、DVD±R メディアへDiscT@2できます。
あまった領域に文字を刻むことも、もちろん可能です。← これをなぜ宣伝しないのか?非常に疑問

(予定外のこととしては)付属の LabelPrint では、最後の工程で 「RPCサーバーを利用できません」 とエラーメッセージが出てうまく動いてくれませんでしたが、Nero 7.5.9.0A ではしっかりDiscT@2できました。


Labelflash対応ドライブがあると、"Burn Label" が自動的に出現します
この件に関しては過去に何度か掲示板で話題になりましたが、デモ版のNero7だと "Burn Label" は出現しないそうです。
ここ よりダウンロードした "Nero-7.5.9.0A_eng_no_atb.exe" に、AHEAD から購入したシリアルを入れています。(参考まで)


すでにデータが書き込まれているところは網目状になっていて、
文字を刺青できる領域はしっかり自動検出されてます。








予定通り完了。





DVD-R記録面に絵を描くだけというのも当然可能です
(Labelflash対応メディアは高いので、事前に仕上がりを確認したいときなんかには普通のDVD-Rメディアが使えます)
専用メディアではなく、普通のTYG02(太陽誘電8倍速DVD-Rメディア)を使用していますが、しっかり描画できています。




■付属の Labelflash 対応メディアについて

Labelflash 対応メディアは、2006年12月時点で1択状態ですが、付属されているLabelflash 対応メディアも予想通り "RITEKF1" でした。

メディアパッケージには16倍速対応メディアと書かれてますが、出荷時のファームウェアではMAX 12倍速どまり・・・
(事情をよく知らない人からクレームがくるんじゃないかと、余計な心配したり)



付属メディアパッケージスキャン画像
レーベルテンプレート




■Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能

Pioneerドライブで Nero CD-DVD Speed を使う人はあまりいないかもしれませんが、一応動きます。

MBF 4倍速DVD-Rメディア@4倍速書き込み
速度はMAXと8倍速が選べますが、ここでは8倍速を選択。


参考比較用(同ディスクのDW1640での計測結果)




■その他

動作が非常に軽く高性能、フロッピーディスクに余裕に収まるフリーCD-Rライティングソフトの CD Manipulator ですが、通常版は動かないものの、CD Manipulator Version 2.70 Fix-4a では動作します。

また、Exact Audio Copy V0.95 beta 4 では、CDRDAOを経由しないと書き込みエラーになります。(CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります)






各種DVDメディアエラーチェックページ Part1
(DVR-A12J で、綺麗に焼けそうな条件)
各種DVDメディアエラーチェックページ Part2
(その他の条件)
トップへ