CD-R実験室トップ
ソニーNECオプティアーク AD-7173A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
maxell 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み DVD±R 18倍速書き込み DVD関連のベンチマーク DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2


■I-O DATA DVR-AN18GL (ソニーNECオプティアーク AD-7173A)  - 2006年8月16日更新 -

ソニーNECオプティアークになってからは初のドライブが、おなじみのアイオーデータより販売されました。


ソニーNECオプティアーク AD-7173A
ソニーNECオプティアーク AD-7173A
メーカー名が長くなりましたが、NECドライブの特徴をそのまま引き継いでいる感じです。
(ソニーの名前については、今のところあまり意味なさそう)
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!


ドライブ的な特徴は、(アイオー販売の)ND-4571A と非常によく似ていて、

DVDメディアへの6倍速CLV 書き込みをサポート。
DVDメディアへの12倍速書き込みは、MAX書き込み選択速度が16倍速のメディアの場合はCAV で、MAX書き込み選択速度が12倍速のメディアの場合は Z-CLV になる。
DVDメディアへのDiscT@2が可能で、DVD-R記録面の余った領域に文字を刻める。(CD-Rは非対応)
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。(Jitterは非対応 & RAMは不可)
暁のラブレター書き込みでは微妙にいやな感じになる。
EACを使用することで、用意した音楽データをすべて書き込むことが可能。
CD Manipulator でも今まで通り普通に書き込み可能。
DVD+R 1層、2層ともに強制ROM化仕様。
トレイの色は黒。

といったところは同じです。
違うところは、

DVD-RAM 12倍速に対応。(ND-4571A は5倍速まで)
一部の16倍速DVD±Rメディアへ、18倍速書き込みが可能。
16倍速対応メディアへの12倍速(実質13倍速)書き込み時、書き込み速度約12.5倍速のポイントでPIE、Jitterが急激に(一瞬だけ)跳ね上がる現象が起こらなくなった。
DVD-RAMドライバが付属されていない。(アイオーパッケージの場合)
Ultra DMA 2 → Ultra DMA 4 にアップ。
2層DVD+R DLの読みが 7x → 12x にアップ。

その他、細かい点では、1チップ化されて基板が小さくなったとかありますが、大体↑のような感じです。
あと現時点(2006年8月上旬)では、necflashでは動作してくれませんでした。

※ここに書いてある AD-7173A の情報は、アイオーデータ販売の AD-7173A に関して調べたものです。
※今後発売されるバルク版 AD-7173A とは異なるところがあると思われます。(特にROM化関連)





■ソニーNECオプティアーク AD-7173A の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは 1-2B

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID Optiarc _NEC から Optiarc に変更。
プロダクトID DVD RW AD-7173A
メインチップ NEC MC-10041 普通に使う分には気にする必要はありませんが、これによってある程度ドライブの性能が見えてくるときがあります。
MediaTek搭載品 → KProbeで動く可能性が高い
NEC搭載品 → オフセット値がRead=48、Write=18

等々。
購入時ファームウェア 1-2B
製造国表示 Malaysia
排気ファン なし
5V定格 表記なし
※アイオーデータが後から貼り付けたシールには、1.5A 表記
12V定格 表記なし
※アイオーデータが後から貼り付けたシールには、1.0A 表記
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト B's Recorder GOLD8 Security 8.34
labelFOLiO for Labelflash 8.08
DVD MovieWriter 4.7 SE
WinDVD 5.0 OEM
B's CLiP6.45
labelFOLiO for Labelflash
EasySaver LE 2.20
見張っトレイ 1.18.00
※全部実際にインストールして確認。
今回はDVD-RAMドライバが付属してませんでした。
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+18サンプル ※2006年11月25日修正
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+48サンプル ※2006年11月25日修正
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+66サンプル
1秒 = 44100サンプルのため、時間にして約0.0015秒
AD-7173A で音楽CDを読み書きしたときの位置ずれ。(音楽CDをコピーするとほんの少しデータが削られます)
※ずれはExact Audio Copy で適切なオフセット値(+66)を設定することで解決
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
非対応 対応していない場合、ずれる分(AD-7173Aの場合は18サンプル)の読みが不可。
Exact Audio Copy でオフセットCDを作成できるか? 作成可能
音楽CDリッピング可能領域 ディスク終端18サンプルを読めない。 ※2006年11月25日修正
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+48" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
※2006年11月25日修正
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識、読み共に良好。
NeroDriveSpeed での速度制御 DVDメディアは、
16x (CAV)
12x (CAV)
8x (CAV)
5x (CAV)
1x (CLV)

CDメディアは、
48x (CAV)
40x (CAV)
32x (CAV)
24x (CAV)
12x (CLV)
8x (CLV)
4x (CLV)
から選択可能。
1層プレスDVD-Video、プレス音楽CDで確認したところでは、すべて指定した速度どおり制御されました。
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.51.3 でのシミュレーションでは、82分49秒まで可能という判定結果。(実際はもう少し容量を抑えた方が安心)
DVD+Rオーバーバーン 非対応。 Nero CD-DVD Speed 4.51.3 にて確認。
1層DVD+R ROM化 強制的にROM化される。 Nero CD-DVD Speed 4.51.3 にて確認。
2層DVD+R ROM化 強制的にROM化される。 Nero CD-DVD Speed 4.51.3 にて確認。
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても可能。
V0.95 beta 4にて確認。
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります。
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 8倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 6倍速 ND-4571A と同様、今回も可能です。(2層は4倍速)
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識。 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(AD-7173A はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTH01 詳細はこちら を参照。
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ND-4571A は、"Ultra DMA-2" だったのが "Ultra DMA-4" にアップ。
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 同期する
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? DVD±R、CD-R は可能。
DVD-RAM は不可能。
ただ、Jitter計測はできない。
あまり詳しくは調べてませんが、一応動作します。
暁のラブレター書き込み能力 微妙に嫌な感じになるものの、実用上はほぼ問題なし。 aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照
B's Recorder GOLDでDVD-Rメディアへ書き込みしたとき、最後の工程でトレイが一旦開いてすぐしまる通称 「あっかんべー現象」 は起きるか? あっかんべーしませんでした。
B's Recorder GOLD 8.34 にて確認。
別に問題があるわけではありませんが、ドライブによって起きたり起きなかったりするので、一応調べてます。
なお、この現象はオプション設定の、「書き込み直後に、メディアをイジェクトする」 とは関係ありません。
また、DVD-Rで起きる現象で、DVD+Rでは起きません。
購入時ジャンパー位置 マスター


■DVD DiscT@2

付属の labelFOLiO for Labelflash 8.08 でも可能ですが、DVD-Rの余った領域にT@2するときは、書き込める領域が自動で検出できるNeroが便利です。

Nero 7.2.3.2b
約2GB書き込みずみの TYG02
文字を刻める領域が自動検出されてます。



文字を刺青中・・・
約2分30秒で完了しました。



完成
知らない人に見せて、驚かしてやりましょう!(笑)

※今回は確認してませんが、Nero6の最新版でも可能かもしれないです。(Nero6を持っている場合は、わざわざNero7を買う前に要チェック)


【追記】
最初試したときは、付属の labelFOLiO for Labelflash 8.08 でDVD-Rの余った領域(書き込める領域)が自動で検出できないなぁと思ってましたが、今回のPC環境では ND-4571A と、AD-7173A の両方を繋いでいて、Labelflash 8.08 が ND-4571A をデフォルトドライブとして認識していたのが原因でした。
ND-4571A をデバイスマネージャで無効にしたところ、付属の labelFOLiO for Labelflash 8.08 でもDVD-Rの余った領域を自動検出できてます。

■RAM ドライバが付属されていない件

付属CD-ROMの中身

■RAM の書き込み時間について

今回はRAM ドライバが付属されていないので、パケットライトソフトを使用したときと、RAMドライバを使用したときの書き込み時間を比較してみます。
使用メディアはmaxell 12倍速RAMメディアで、用意したファイルは適当なファイル計4.10GB
フォーマットはどちらも UDF1.50 です。

WindowsXP環境では、RAMドライバをインストールするだけで普通に使えますが、Windows2000環境では(RAMドライバのバージョンによっては)使えないかもしれません。そのときは、このやり方 で使えるようになると思います。


- 書き込み時間比較 -
B's CLiP6.45
DVD-RAMドライバ
meiudf.sys - Ver 4.0.8.0
フォーマットソフト(DVDForm) - Ver 4.2.2.0
ディスクライトプロテクトツール(WPTool) - Ver 1.1.6.0
RAM補助ツール(RAMASST) - Ver 1.1.0.0
14分45秒
で書き込み完了
14分12秒
で書き込み完了
フィルタドライバ
B'sCLipインストール(RAMドライバアンインストール)時
フィルタドライバ
RAMドライバインストール(B'sCLipアンインストール)時
※フィルタドライバは、B's Recorder GOLD8 の 「PC情報」 で取得しています。

ということで、若干RAM ドライバの方が速い結果になりましたが、(誤差もありそうなので)時間に関してはほとんど同じになりました。




参考
B'sCLipフォーマット画面


参考
RAMドライバフォーマット画面

■一応確認

Ver 1.31 (検証時点で最新)でファームは吸えないか?と思いましたが、残念ながら無理でした。


■ブランクDVD+R DLメディアのブックタイプを誤認する件

記録済みDVD+R DLメディアのブックタイプは正常に認識されますが、ブランクDVD+R DLメディアのブックタイプを誤認してしまいます。(バグ?)
2層DVD+Rのみに見られる現象で、1層DVD+Rは正常です。


ファーム 1-2B の AD-7173A (アイオーデータ販売品)
空ディスクなのに、BookTypeが "DVD-ROM"



ファーム 1-21 の ND-4571A (アイオーデータ販売品)
ファーム 1-21 の ND-4571A は正常。



ファーム 1-01 の ND-4571A (バルク販売品)
ファーム 1-01 の ND-4571A も正常。

別に実害があるわけではないですが、一応。

■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1-2B時

メディア 16x 12x 8x 6x 4x 2x 1x
maxell 8倍速DVD-Rメディア
MXL RG03
CAV
CAV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
6x-8x-10x-12x
Z-CLV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
CLV
×
-

今までのNEC同様、12倍速書き込み方式はメディアによって異なっています。

■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1-2B時

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG03)
16秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 17秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG03)
18秒 普通の音楽CD 28秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
24秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
36秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
24秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
36秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
15秒 -
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
16秒 -

RAM はやや時間かかる印象ですが、その他は大体標準的。


CD-R実験室トップ
ソニーNECオプティアーク AD-7173A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
maxell 8倍速DVD-Rメディア全速度書き込み DVD±R 18倍速書き込み DVD関連のベンチマーク DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2