■ガチガチ規制のPC向地デジチューナー DT-H30/U2 - 2008年5月14日更新 -

最初にお勉強 (YouTube)
国内初の地デジPC(参考) ← 仕様が悲惨すぎ・・・



解禁日の5月14日に各社から地デジ録画対応チューナーが発売されましたが、予想通りのガチガチ仕様。はなっからユーザー全員を泥棒扱いしています。
これを買うならフリーオかカメレオンUSB FXを入手した方が絶対にいいですが、そうはいっても気になるところがあるので、発売と同時に買ってきました。

結論を先に書くと、バッファローUSB2.0版は、

 リアルタイム視聴
 見て消し用


にしか(事実上)使えないので、録画したファイルを長期保存したいとき、エンコードしたいときは、フリーオ等を使うしかないのが現状です。(変な現状ですが、仕方ないです、実際)同じ日本人に、非常に頭の悪い人がいる模様。


バッファロー DT-H30/U2
ガチガチ規制の中、私の中ではBD-R へのムーブというのが最低限の妥協点ですが、
最終的にはフリーオを使うに決まってるので、検証用に手軽なUSB2.0のBD-R ムーブ非対応モデルを購入。
※同社のPCI モデルはBD-Rムーブに対応しています。
(仕様をよく見ると、BD-REムーブは対応だけど、BD-Rムーブは非対応???)
- 公式サイト -


〜 余談 〜
PC用DVD-ROMドライブが発売されたとき、当初のCPUは性能的に結構ギリギリで、再生がカクカクなときはCPUを買い換えれば解決なんてこともありましたが、こういったケースの買い替えは納得できます。
しかし、再生にはHDCP対応のディスプレイが必要とかいうのは、なぜそれが必要か?というのが理解されにくく、おそらく納得できない場合がほとんどではないでしょうか?少し前に これ を買った人はいったいどうすればいいのかと・・・
HDCP非対応のディスプレイ縛りはあまりにばかげていると思います。(客を確実に逃している)


- 検証時PC環境 -
 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
BIOS Ver.0603
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 8600GT 256MB HDCP対応
 サウンド オンボードのものを使用
 LAN オフライン使用のため、BIOSで遮断
 FDD TEAC 2モード
 SATA HDD Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 プライマリマスター Panasonic LF MB121JD
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
LITE-ON LH-20A1P
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
BenQ DW1640
 ディスプレイ 三菱 RDT202WM(BK) HDCP対応
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用

※ネットに繋いでいませんが、視聴、録画、(付属ソフトでの)番組表取得は正常にできています。
※DT-H30/U2 アップデータ Ver.1.10β1 を適用させています。
※キーボードの "Prt Scr" が制限されてしまうため、以下あまり画像はありません。
※CPRM対応DVD-Rへのムーブ非対応な点には注意!(DVD-RW/RAMは対応)
※ムーブするにはネット接続による認証が必須です。




■付属のビーカスカード

正式な読み方は "ビー○ャスカード" ですが、ここでは "ビーカスカード" と呼ぶことにします。
※略して "カスカード" でも可。

フリーオによって致命的な欠点が発見されてしまったビーカスカードですが、本製品は地デジ専門なので、いわゆる青カードが付属しています。
今のところはまだ知らない人も多いと思いますが、無料の地上デジタル放送を視聴するのになぜかビーカスカードが必須。これがないと見れません。

フリーオ登場で、致命的欠点が発覚されてしまったビーカスカード・・・




■分解

中に入っているのは実装基板1枚のみでした。アンテナ接続部のみ後付(手はんだ)っぽいです。










■録画されるファイル形式、容量について

選べる保存先はドライブだけで、フォルダは勝手に作られます。
↑は手始めに10分録画したものです。拡張子は *.tye とかいう独自のものでした。
※録画ビデオプロファイルは "DP(無劣化)" で、データ放送は無効にしたときですが、容量は約1.01GBです。
(フリーオでデータ放送等を録画しない設定ときは、10分で約991MB)
真空波動研Liteでの情報




■付属ソフト以外では再生できないか?

いくつか代表的なソフトで試してみましたが、まず無理っぽいです。

 ●Media Player Classic
 ●VLCメディアプレーヤー
 ●PowerDVD7.3
 ●GOM Player




■保存先を変えると本当に再生できなくなるか?

外付けHDD(ドライブレターJ:)に録画し、ドライブレターを K: に変更。

 予定通り再生できなくなりました。 ← これちょっとガチガチすぎ

(ただ、ドライブレターを元に戻すと再生可能になりますが)

特にドライブレターを指定しない状況で、


外付HDDに録画 → 外付HDDを一旦はずす → USBメモリを接続 → 外付HDDを再度接続


とかやると知らぬ間にドライブレターがずれたりするので、その辺要注意っぽいです。

その他、ファイル名を変更すると再生できなくなります。




■外付HDDを交換すると、保存しておいた動画ファイルは再生できるか?

HDDが故障したときに備え、

 1.外付HDDの "Recorded TV" フォルダをまるごと内蔵HDDにコピー
 2.その後外付HDDを別メーカーのものに交換 (Seagate → 日立)
 3.内蔵HDDにコピーしておいた "Recorded TV" フォルダを、新しく取り付けた外付HDDにコピー


ということをやってみたところ、しっかり再生されました。
保存先のドライブレター、フォルダの名前しかみていないようです。




■録画したファイルの編集

DT-H30/U2 アップデータ Ver.1.10β1では、編集はなにもできません。あきらめましょう。
エンタの神様をとりあえず全部録画しておいて、後から芋洗坂係長だけコレクションするというのは、仕様により無理。




■DVD-R への劣化ムーブについて

フリーオでは1層DVD-Rへ(無劣化)コピーが可能ですが、本製品は 解像度を落とした劣化ムーブ しかできません。
やる価値はあまりなさそうですが、動作確認も含め試してみます。

用意した動画の条件は以下の通り。
 
 録画ビデオプロファイルは "DP(無劣化)" を選択
 録画時間は30分
 データ放送は無効


これで約3GBのファイルができるので、1層DVD-Rに劣化ムーブします。(ムーブ時の画質は高画質に設定して、Panasonic LF-MB121JD で8倍速書き込みします)

CPRM対応のDVD-Rメディアをセットして開始!・・・・・といくはずでしたが、


なんか翻訳ソフトみたいな日本語ですが、要はDVD-Rへのムーブは非対応。
DVD-RWかDVD-RAMを使えということらしいです。
しかしDVD-Rに非対応だっだとは!知りませんでした。
(さっき公式見たら、確かにDVD-Rとは書いてなかった・・・)


そこでDVD-RWメディアをセット
これで書き込み開始されるかと思いきや・・・・・
さらなる罠がひそんでいました。(呆)
スタンドアローンマシンにつき、これにて終了。




■ドライブがCPRM非対応だと、問答無用で門前払い (ムーブ不可)

BenQ DW1640、PX-755A では門前払いくらいました。
思わぬところに罠が潜んでいるので注意。




■録画したファイルが見れない・・・バグ?

HPモードでの画質チェックでもしようかと思い、適当に録画。
録画完了後見ようとしたら、

えぇーーーなぜ?
PCを再起動したら無事見れたので、なにかのバグっぽいです。




■OSの再インストールで録画したファイルはどうなるか?

OS再インストールしたとき、以前録画しておいた動画ファイルを見ることはできるのか?ということで試してみます。

今のPC環境はAHCI モードで使用していますが、内蔵HDD1台をCドライブとDドライブに分けてるので、クリーンインストールをするときはF6でドライバを組み込みます。がしかし、なぜかブルースクリーンに。

なぜかは分かりませんが、あまり時間的余裕もないので、次の検証に進みます。




OS (XP SP2) をクリーンインストールた直後 ※DT-H30/U2はセットアップしていない状態 に、Acronis True Image 9でCドライブのイメージファイルを作っておいたので、これを使ってリカバリー。その後各種ドライバインストール → DT-H30/U2 のセットアップ(Ver.1.10β1)とやります。

さてここからが問題。

リカバリー前に録画しておいた動画ファイルが見られるか?


ですが、




見ることができなくなりました\(^o^)/
これはひどい・・・・・



本当にだめなのか?ということで、再度同じ手順でリカバリー。
リカバリー前に(ついさっき)録画したファイルは、


やっぱり見ることができません\(^o^)/
すべてゴミファイルになりました。


※一応書いておきますが、リカバリー前と後では、録画したファイル保存先のドライブレターは統一しています。



早くも訂正。
いろいろ操作していたら、リカバリー前に録画したファイルがリストに登場し、見れるようになりました。
後日再度リカバリーして、再現性検証してみます。




■↑の再現性検証

リカバリーをしたあと、DT-H30/U2 のセットアップ(Ver.1.10β1)


この状態では、外付HDDにある動画ファイルは認識されません


次に適当に3分ほど録画。


録画したファイルはしっかり出現
ただ、同じフォルダにある(リカバリー前に)録画したファイルは、相変わらず見えません


この後、画面上を右クリックし、「ムーブ」 を選択。すると、


リカバリー前に録画したファイルが出現!
※ムーブ自体は行わなくても出現しました。

出現するだけでなく、実際に見ることもできました。
これで少しは救われましたが、右クリック → ムーブ の操作をすると以前のファイルが出現するというのは、なんか変な気がしなくもないです。




■HDDを交換してOSをクリーンインストール

リカバリーではなく、OSを再インストールしても外付HDDに記録しておいた動画は見ることができるか?といったことを試してみます。

手順としては、HDDを Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB) から WD Caviar SE16 500GB (WD5000AAKS) に交換し、WindowsXP SP3 をクリーンインストール → DT-H30/U2 のセットアップ(Ver.1.10β1) です。


まずは適当に録画
同じフォルダにOSインストール前に録画したファイルがあるのですが、見えません


この状態で 「ムーブ」 をクリック。すると、


しっかり出現しました (視聴もできます)


(いい方向への)バグの可能性もありそうですが、ソフトウェアVer.1.10β1では、HDDを交換して、OSをXP SP2からXP SP3に変更してもどうやら大丈夫そうです。(ソフトのバージョンアップで仕様が変わる可能性はありそうですが)




■リアルタイム視聴、見て消し用途にはいいですが、

それ以外がガチガチ規制で、商品としてつらいです。

ということで結論。


フリーオのほうがどう考えてもいい


・・・やはりこのような結論になりました。(笑)

見て消し用ならまぁいいと思いますが、それ以外はだめということで。




トップへ