CD-R実験室トップ
Pioneer BDC-S02J-BK トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク
BD-ROM関連のベンチマーク BD-R/RE関連のベンチマーク
8倍速DVD±R Part1 8倍速DVD±R Part2 16倍速DVD-R 2層メディア


■Pioneer BDC-S02J-BK - 2007年9月2日更新 - 

PioneerのBlu-ray関連ドライブというと、かなり前に BDR-101 が発表されましたが、一般向けには販売はなし。
Pioneer以外からはPanasonicをはじめ数社からBlu-ray関連ドライブが発売されましたが、非常に動きが鈍く、今回発売された BDC-S02J までの経緯は以下のようになります。


主なPC用Blu-ray関連ドライブの発売経緯
発売時期 ドライブ名 BD-R
1層書き込み
BD-RE
1層書き込み
BD-R
2層書き込み
BD-RE
2層書き込み
RAM書き込み Panasonic製
BDドライバ
2006年6月 Panasonic
LF-MB121JD
対応 対応 対応 対応 対応 対応
2006年12月 LITE-ON
LH-2B1S
対応 対応 非対応 非対応 非対応 非対応
2006年12月 BenQ
BW1000
対応 対応 非対応 非対応 非対応 非対応
2007年8月 Pioneer
BDC-S02
非対応 非対応 非対応 非対応 対応 非対応

2007年6月にバッファローがBRC-5125FBS-BKを販売してますが、BDC-S02J と同等品です。
LITE-ON LH-2B1S、BenQ BW1000の2層BD-R/RE記録についてはファームウェアのアップデートにより対応予定とメーカーから正式発表ありますが、2007年8月時点ではまだ対応されてません。(LH-2B1S は何度かファームアップされていますが、2007年8月時点のファームAL09でも非対応)
PC用5インチドライブのみを対象にしています。
LH-2B1S と BW1000 は同等ハードと思われます。
検証中にLGからBD-R/RE書き込みなしで、Blu-ray、HD DVD読み対応のドライブが発売されています。

ということで、PC用Blu-ray関連ドライブは徐々にパワーダウンしている印象です。
5千円程度で購入可能なDVDマルチタイプドライブと比べて、4万円くらいの本ドライブは非常に買いづらいですが、売りである 「パソコンでBDビデオを観られる」 ということに注目してみても、これの敷居が相変わらず高く購入の妨げになっているように感じます。


HDCP対応のディスプレイが必要 (フルHDの場合は、24.1インチ以上必要)
HDCP対応のビデオカードが必要 (目安としてはGeForce 7600GTS以上)
高速なCPUが必要 (ビデオカードが GeForce 8600GT くらいなら、PentiumD 940 くらいでも視聴可能)
※アナログ接続で観る場合は↑の条件は大幅に下がりますが、BDビデオの性能が引き出せなくなります。


HDCP対応のフルHD対応ディスプレイに関しては、ここ最近でBenQ、三菱、NANAO、I-O DATAといったところが24.1インチワイドのマルチメディア志向のディスプレイを発売しているので、そういったものをすでに導入していて、かつビデオカードがHDCP対応のものなら、4万円の投資でBDビデオを観ることができます。
がしかし、あと数万円上乗せすれば記録可能なBlu-rayドライブが買えるので、この辺り実に微妙です。

HDCP対応の24.1インチフルHD対応のディスプレイがすでにあっても、HDCPのビデオカードがない場合はビデオカードも追加購入する必要があり、


「あれれ?もしかしてPS3を買ったほうが・・・」 ゲームもできるし。
というか、私はもうHDMI出力のPS2用ゲーム機としてPS3は手放せなくなりました。
(PS3ではなく、PS2用のゲーム機)


なんてことになりがちです。
私が思うに、メーカー側は 「なぜHDCP対応が必要なのか?」 といったことを、消費者に対して説明不足のように感じます。(今のビデオカードで性能的に十分なのに、HDCPに対応していないという理由だけで普通は買い換えないかと)
私は今回の検証のためにHDCP対応のビデオカードに買い換えちゃいましたが、なんだか負けた気分。買ったのはこれです。ドライブとセットで、6万円近くの出費



いろいろ不満は書きましたが、本ドライブのメリットとして、1層のBD-R/BD-REの読み速度が5倍速というのもあります。ですが、BDビデオを観る分には2倍速で十分だったりと、あらゆる面から見て新製品として買うほどの価値がどうにもうすい気がします。(待ちの時期)

※2007年8月時点での情報です。


Pioneer BDC-S02J-BK
Pioneer BDC-S02J-BK
不満いっぱいの新製品ですが、ここ最近物欲を刺激する
ドライブが発売されないため、更新ネタ用に購入!
- 公式サイト -
- 代理店 -
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp


本ドライブはPioneer自社製で間違いないと思いますが、メインチップはいつものNECではなくRENESASなので、細かな点では同社のDVD±R ドライブと異なっているところもあります。

メインチップはいつものNECではなく、RENESAS R8J32500FPV が搭載。
その影響を受けていると思われますが、音楽CD読み書き時のオフセット値がいつものPioneerと違っていたり、Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストでは全然動かなかったりします。(確認時のNero CD-DVD Speed のバージョンは4.7.7.3)
付属のPowerDVDで、デジャヴの再生が可能。参考リンク
※補足事項として、BDビデオはオンライン認証なしで再生できます。(CPRM DVD-R再生はオンライン認証が必要)
特に静音は謳っていないものの、CSS DVD-Video再生時は読み速度が遅くなるので、うるさくはない。
ただ、各種メディアをマウントさせたときは、同社の記録型DVDドライブリテール品(DVR-A12J、DVR-S12J)とくらべて多少うるさいです。(ブーンではなく、シャー系の音)
フロントベゼルは最近のピアノブラック等と違い、ごく普通のタイプ。
RENESAS チップに変更になったものの、DVD±R 6倍速書き込みにはしっかり対応。
パイオニアドライブユーティリティには非対応。
DVD±R 8倍速書き込みは、(DVR-S12J 等と違い)メディアに関係なく Z-CLV になる。
16倍速メディアを使用した DVD-R 12倍速書き込みも、P-CAV ではなく Z-CLV
EACで設定するオフセット値は、RENESAS搭載の日立LGと同じで、読み(+637) 書き(+30)
EACでは、CDRDAOを経由してもしなくても書き込み可能。(ただし、CDRDAOを経由すると先頭30サンプルが0で補完されてしまうので、経由しない方を推奨)
CDRDAOを経由しないで書き込めば、用意したWAVEファイルを書き漏らすことなく音楽CD作成が可能です。
読みの方は、EACで適切に設定することで全領域リッピング可能。
CD Manipulatorでも普通に書き込み可能。
BookTypeの設定変更はできない。
1層DVD+R はROM化はされずBookTypeそのままで、2層DVD+R は強制的にROM化される。
DVR-A12J、DVR-S12J で対応していたLabelflash、(DVD版)DiscT@2には非対応。
読み速度の変更はできないものの、CDS200系の音楽ディスクの読みは比較的いい部類に入る。
トレイの色は黒。
暁のラブレターでは一応問題なし。


一言で言うと、DVD±R にしか使わないのなら、DVR-A12J、DVR-S12J の方がいいです。(ただ、112系DVDドライブは、CD系に不具合が出る個体があるという別の問題がありますが) こちら
※現在ではこの問題は解決されたとのことです。(中古等で買うときは要注意)




■Pioneer BDC-S02J-BK の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは 1.01

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-ROM BDC-202 BDC-S02J ではありません
メインチップ RENESAS
R8J32500FPV
記録型DVDドライブではNECですが、本ドライブはRENESAS
購入時ファームウェア 1.01
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.7A DVR-S12J では 1.8A
12V定格 0.9A DVR-S12J では 1.1A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト CyberLink InstantBurn 5.2922
CyberLink LabelPrint 2.00.1626
CyberLink Medi@Show 3.0.0.3927
CyberLink Power2Go 5.50.2810
CyberLink PowerBackup 2.50.2802
CyberLink PowerDirector 5.00.2730a
CyberLink PowerDVD 7.3
CyberLink PowerProducer 4.00.1602
※バージョンはインストールして確認
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
リードインのみという判定結果
音楽CDリッピング可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Read sample offset correction" を "+637" に設定し、リードイン、リードアウトオーバーリードのオプションを有効にすることで、全領域リッピング可能。
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+30" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能 CDRDAO経由なしの設定にする必要があります
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識、読み共に良好
NeroDriveSpeed での速度制御 CD、DVDともに制御不可 (MAX固定) Nero DriveSpeed 3.0.11.1 にて確認
CD-Rオーバーバーン なぜか判定不能
DVD+Rオーバーバーン 非対応
1層DVD+R ROM化 できない Nero CD-DVD Speed 4.7.7.3にて確認
2層DVD+R ROM化 強制的にROM化される Nero CD-DVD Speed 4.7.7.3にて確認
DVD+RW ROM化 BookTypeはそのままで変更不可 Nero CD-DVD Speed 4.7.7.3にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由してもしなくても書き込み可能です
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は6倍速
2層は4倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(BDC-S02J はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 公表値は4MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLED、HDDのLEDともに点灯しっぱなし
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作しない
暁のラブレター書き込み能力 一応問題なし aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -


■トレイの色

一応載せておきますが、普通に黒です。


■少し分解

上カバーをはずしたところですが、樹脂の板でさらに覆われてました。


各所で既出ですが、ピックアップレンズは2つ搭載。


■DVD-Video再生はうるさくはない

↑のように出ますが、CSS DVD-Videoの場合MAX 6倍速も出ないので、うるさくはないです。
ただ、マウント直後はシャー系の音がするので、トータルの静音性という意味ではA12J、S12J より劣ります。


■Nero CD-DVD Speed 4.7.7.3 での謎のメッセージ

うちの環境だと相変わらずでるので、一応掲載。

HD DVDとは無縁のドライブのはずですが・・・


■箱

箱1 箱2 箱3 箱4 箱5


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.01時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
×
-
×
-
×
-
6x-8x-12x
Z-CLV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
×
-
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-

DVR-S12J 等と違い、8倍速書き込みが差別化されず、ともに Z-CLV です。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.01時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
21秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
20秒 普通の音楽CD 19秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
24秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 19秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
20秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
30秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
18秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
24秒



ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
記録済みBD-Rメディア
(Panasonic 1層)
21秒 記録済みBD-REメディア
(Panasonic 2層)
26秒
記録済みBD-Rメディア
(Panasonic 2層)
29秒 BDビデオ(1層) 15秒
記録済みBD-REメディア
(Panasonic 1層)
21秒 BDビデオ(2層) 19秒


CD、DVDメディアは、DVR-S12J と近い値になってます。Blu-ray関係は特別早くはないですが、遅くもないと思います。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.7.7.3
Nero DriveSpeed 3.0.11.1
Nero InfoTool 4.4.1.0
PlexToolsProfessional LE 3.13
PxScan 1.7.12
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero7.10.1.0
DVDINFOPro 4.634
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 用バッチファイル、PxView 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PLEXTORドライブ のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.20.07 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
Pioneer BDC-S02J-BK トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク
BD-ROM関連のベンチマーク BD-R/RE関連のベンチマーク
8倍速DVD±R Part1 8倍速DVD±R Part2 16倍速DVD-R 2層メディア