Blu-rayドライブ購入歴 Part2


Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6 Part7 Part8 トップへ


 I-O DATA BRD-SH8B (日立LG BH08NS20)

11台目のドライブ。
国内参入第一弾でいきなり速度違反BDドライブを発売した日立LGですが、そのときはどちらかというとHD DVDも読める記録可能なBlu-rayドライブというのを売りにしていました。
で、第二段はどうかというと、今度はほとんど速度違反のみを売りにしています。(そもそも市場に8倍速BD-Rメディアがないわけですが → 2008年10月現在)

それはいいとして、2倍速BD-Rへの8倍速書き込みの条件として、謎なところがあります。

 【謎1】Panasonicとmaxell のBD-Rが差別化されているが、maxell 自社製2倍速BD-Rがそもそもあるのか?
 【謎2】バッファローの公式サイト、
  ここ を見ると、三菱化学、TDK、パナソニック、日立マクセル、ソニー の2倍速BD-Rへ8倍速書き込み可能ということになっているが
  ここ を見ると、日立マクセル、三菱化学のみ2倍速BD-Rへ8倍速書き込み可能
  となっていて、よくわからない。※そのうち修正されそうですが → やはり修正されました
  謎2手動キャッシュ(1) 謎2手動キャッシュ(2)

【謎1】に関しては、私が今まで買ったmaxell 2倍速BD-RはすべてPanasonic OEMですが、最近久々に買ってみたのも相変わらずPanasonic OEMです。maxell 自社製の2倍速BD-Rってあるんでしょうか?Panasonicの2倍速BD-RだとMAX書き込み速度が6倍速に抑えられているので、「maxell 2倍速BD-Rに8倍速書き込み可能」 と宣伝するのはまずい気がしなくもないです。
【謎2】は、現物を手にしてあっさり解決。最初のリンクの情報が単に間違いっぽいです。

まとめると、8倍速書き込み可能な2倍速BD-Rを確実に買いたいときは、事実上三菱くらいしかなさそうということで。

【追記】
この件について、アイオーのサポートに問い合わせてみました。やはり2倍速BD-Rで8倍速書き込み可能なのは、事実上三菱1択です。
こちら

購入日:2008年10月18日(TSUKUMO eX.) \33,800 ※会員割引


同じドライブがバッファローとアイオーデータからほとんど同時に出た場合、
付属ソフトが特別ほしくないときはアイオー版を買うのが正解。
理由はファームウェアの更新で、アイオーのは製品シリアルを入力する必要ありますが、バッファローは不要です。
※GGW-H20N のファーム XJ04 なんかは、バッファローのがかなり早く公開されてました。


「アイオー版を買うのが正解」 は 「バッファロー版を買うのが正解」 の間違いではないか?との指摘を頂きましたが、「アイオー版を買うのが正解」で間違いありません。
 アイオーデータから先にファームが公開された場合、
  アイオーデータ版を購入している場合 → シリアルがあるので、ダウンロード
可能
  バッファロー版を購入している場合 → シリアルがないので、ダウンロード
不可能
 バッファローから先にファームが公開された場合、
  アイオーデータ版を購入している場合 → バッファロー公開のはダウンロード時シリアル入力の必要がないので、ダウンロード可能
  バッファロー版を購入している場合 → 同じくダウンロード可能
つまり、アイオーから先にファームが公開されたときは、バッファロー版を買った人はしばらく最新ファームを使えないということになります。



 Panasonic LF-PD271JD

12台目のドライブ。
CD-R 本焼き速度 → 1倍速〜8倍速
DVD-R 本焼き速度 → 2倍速〜6倍速
という感じでしたが、BD-R の場合はどうやら 2倍速〜4倍速が本焼き速度になりそう・・・
ということで、MAX 4倍速ドライブである LF-PB271JD を市場からなくなる前に(予備機として)捕獲して来ました。

購入日:2008年11月29日(ZOA秋葉原本店) \18,580


残念ながら日本製ではなく中国製でしたが、2万円切っていたのでその辺はまぁ満足です。




 Pioneer BDR-203BK

13台目のドライブ。
Pioneerでは結構よくあることですが、バルク品に関してはほとんど情報が流れていない状況のなか、いきなり発売になりました。
エルミタージュ秋葉原の12月12日の記事では来週には出そうということなので、「リテールは2009年1月ということだけど、バルクはもう出るのか?」と思いつつネットで検索。
12月13日の時点では扱っているところはほとんどありませんでしたが、PCショップ プローバにて12月15日発売と書かれているのを発見 → その流れで勢いで注文。
12月17日には無事到着しました。

購入日(到着日):2008年12月17日(PCショップ プローバ) \26,800 + 送料(525円)+ 代引手数料(420円)


バルクなので、デザイン的にはごく普通です。
今後どうなるかわかりませんが、私が買ったの(初回分)は MADE IN JAPAN でした。




 日立LG GGW-H20N

14台目のドライブ。
アイオーパッケージの同ドライブは所有してますが、ほとんど投売り状態のため、予備機として購入。

購入日:2008年12月23日(ソフマップ大宮店) \16,800


ほとんど投売り状態のため、予備機として購入。
※本ドライブは特に検証予定はありません。




 日立LG GGW-H20N

15台目のドライブ。
1日前に買ったばかりですが、予備機の予備機として追加購入。

購入日:2008年12月24日(ソフマップ大宮店) \16,800


予備機の予備機として追加購入。
※本ドライブは特に検証予定はありません。




 Pioneer BDR-S03J-BK

16台目のドライブ。
やはりPioneerはいきなり発売になることが多いようで、1月上旬発売と発表されてましたが、12月27日には店頭に並んでました。(27日の時点では、価格com等で発売情報を調べても、どこも未入荷の状態なのですが)
バルクのはわずか10日前に買ったばかりですが、Pioneerはバルクとリテールが差別化されていることもあり、今回も発売と同時に即購入。

購入日:2008年12月27日(TWOTOP秋葉原本店) \36,800


一応国内ではこれが初号機ということもあってか?箱が無駄にデカイです。
DVR-A07-J のときのように厚めの読み物等もなく、入っているのはドライブ本体とソフトウェアディスクとペラペラの取説のみ。
箱にはわざわざ 「国内生産」 のシールが誇らしげに貼られてます。




 SONY BDZ-T75

17台目のドライブ。
BDZ-T70購入後約1年4ヶ月たちましたが、録画ミス、ムーブミスは一度もないものの(BD-R/REメディア約230枚使用)
メディアが入っているときのみ、たまにトレイが開かなくなるという現象が出始めました。
分解清掃すれば直りそうな気もしますが、後継のBDZ-T75はいくら位なのか?と思いつつ調べてみると、ヨドバシ・ドット・コムで意外と安く売られているのを発見。
約30秒ほど悩んだ末、ポチッと・・・というパターンで購入となりました。

購入日(到着日):2009年3月6日(ヨドバシ・ドット・コム) \94,000@20%ポイント還元


最初はシングルチューナーのBDZ-T55でもいいかとも思いましたが、
DRモードではおまかせチャプターが使えないという相変わらずの謎な仕様のため、T75を選択。




 BUFFALO BR-816FBS-BK (パナソニックコミュニケーションズ SW-5584)

18台目のドライブ。
メインで使っている SW-5584 が急に壊れたら困ることもあり、予備機として購入。

購入日:2009年4月28日(ソフマップ大宮店) \25,980 (ポイント還元15%)


メインで使っている SW-5584 が急に壊れたら困ることもあり、予備機として購入。
※本ドライブは特に検証予定はありません。




 Pioneer BDR-203BK

19台目のドライブ。
メインで使っている BDR-203BK が急に壊れたら困ることもあり、予備機として購入。

購入日:2009年5月3日(T-ZONE) \20,980の6%割引で、\19,722


メインで使っている BDR-203BK が急に壊れたら困ることもあり、予備機として購入。
2009年4月製造のものでしたが、日本製でした。
※本ドライブは特に検証予定はありません。




 Pioneer BDR-205

20台目のドライブ。
正直PioneerのBDドライブは BDR-203 を定期的に生産して、ファームアップも定期的に供給してくれればそれでいいのですが、MAX 12倍速 とかいう、「ソンナ機能イラネー」 的ドライブが発売となりました。
2009年になって記録可能な(5インチ)新BDドライブは実はこれが初ということもあり、「ソンナ機能イラネー」 と思いつつも購入。

購入日:2009年9月11日(BLESS) \24,980


メディアが6倍速までのしかないのに、12倍速とか。
(DVD-Rと同じく、誤った方向に・・・)




Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6 Part7 Part8 トップへ