CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206MBK トップ
4倍速BD-Rエラーチェック(本焼き用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(検証用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(LTHメディア)
6倍速BD-Rエラーチェック 2層BD-Rエラーチェック DVD-Rエラーチェック BDXLを実際に使ってみる BW690で記録したBDXLの情報


Pioneer BDR-206MBK 4倍速BD-Rエラーチェック (本焼き用メディア)
ここでは各種4倍速BD-R(本焼き用メディア)の書き込み、エラーチェックを行っています
書き込み、エラー計測ともに Opti Drive Control 1.50 使用
※簡易計測ツールなので、以下のデータはあまり信用できないかもしれません。(とはいえ、個人でできるのは現状このくらいしかないです)
※参考比較用に、BDR-S05J、BDR-S06J の結果も載せています。

Panasonic 4倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
LM-BR25L10AN
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [T02]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [March 2007]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
ここでは普段本焼き用として使う予定のBD-Rのエラー計測を行います。
(BDR-206MBK単体のエラーグラフを載せてもイマイチわかりづらいので、参考比較用に BDR-S05J、BDR-S06J のグラフも載せています)
まずはPanasonic 4倍速BD-Rです。Panasonicの2倍速BD-Rが生産中止になってから、個人的にはほとんどこれ1択状態です。
以前の検証では、BDR-S06J の方が BDR-S05J より少しいいか同程度のエラー・・・という感じでしたが、今回も BDR-S06J と BDR-S05J に関しては同じようなエラーグラフになりました。
で、今回買った BDR-206MBK はどうか?ということになりますが、予想に反して好結果になりました。(この位の差は、一喜一憂するほどでもないかもしれませんが)
ただ、BDR-206MBK は速度違反はできず、選択できる書き込み速度はMAXで4倍速。速度重視なら BDR-206MBK は除外ということになりますが、私みたいに速度違反が嫌いな人はむしろ BDR-206MBK は要注目ということになりそうです。
※毎度のことながら、ドライブの個体差があるかもしれません。(個体差があるとしたら、今回私が買ったのは多分あたり品です)
Pioneer BDR-206MBK (日本製) ファーム 8.01
Pioneer BDR-S06J (日本製) ファーム 1.03
Pioneer BDR-S05J (日本製) ファーム 1.09
結果まとめ
最もいいのは  悪いのは で表記
LDC BIS
Avg Max Total Avg Max Total
Pioneer
BDR-206MBK
0.80 98 295408 0.02 3 5715
Pioneer
BDR-S06J
1.97 368 729367 0.04 8 14312
Pioneer
BDR-S05J
1.94 322 717061 0.04 6 14748





Panasonic 4倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
LM-BR25LDH10
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [T02]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [March 2007]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
BD-Rの 「いい時期」 はもう過ぎてしまい、買いたいBD-Rがそもそもあまりないので、別パッケージのPanasonicを検証用に追加します。
これはデータ用のものですが、↑の録画用ほどの差はでませんでした。エラー的にはどれもよく、いずれものドライブでも問題なしということでいいと思います。
Pioneer BDR-206MBK (日本製) ファーム 8.01
Pioneer BDR-S06J (日本製) ファーム 1.03
Pioneer BDR-S05J (日本製) ファーム 1.09
結果まとめ
最もいいのは  悪いのは で表記
LDC BIS
Avg Max Total Avg Max Total
Pioneer
BDR-206MBK
0.72 378 265447 0.01 8 5067
Pioneer
BDR-S06J
0.78 152 288949 0.01 3 4762
Pioneer
BDR-S05J
1.02 152 378294 0.02 3 7370





Verbatim 4倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:VERBAT-IMc-000]
VBR130YP20V1
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Mitsubishi Kagaku Media]
Manufacturer ID : [VERBAT]
Media Type ID : [IMc]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
続いて三菱(Verbatim)です。三菱も相変わらず安泰で、Panasonicの次に買うとしたら個人的にはやはり三菱です。(LTHは除外)
以前の検証でもそうでしたが、BDR-S05J と BDR-S06J との比較では BDR-S05J の方がよくなります。今回買った BDR-206MBK を比較に加えると、(録画用のPanasonic BD-Rのときと同様) BDR-206MBK が一番いいということになりました。この感じだと今後は BDR-206MBK をメインで使うことになりそうです。
Pioneer BDR-206MBK (日本製) ファーム 8.01
Pioneer BDR-S06J (日本製) ファーム 1.03
Pioneer BDR-S05J (日本製) ファーム 1.09
結果まとめ
最もいいのは  悪いのは で表記
LDC BIS
Avg Max Total Avg Max Total
Pioneer
BDR-206MBK
1.02 153 375843 0.02 4 7274
Pioneer
BDR-S06J
3.11 455 1147855 0.07 9 24923
Pioneer
BDR-S05J
1.67 157 615426 0.03 4 11358





SONY 4倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:SONY-NN2-002]
5BNR1VCCS4
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Sony Recording Media Co.]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NN2]
Product Revision : [002]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
SONY 4倍速BD-Rは一時期RiTEKに完全移行したと思われましたが、その後自社IDが復活しました。それならば買う価値がありそうということで検証用に使います。
これも以前の検証と似たようなところがあり、BDR-S06J は BDR-S05J より悪く、外周のエラー増加も気になります。
BDR-206MBK はどうかというと、LDCは BDR-S05J より劣るものの、BISは一番よいです。(やはり今後のメインドライブは BDR-206MBKということで)
「SONYは買う価値がある」 と書きましたが、実は買いづらいところもあります。理由は、「買ってみないと中身がわからない!!」 ことです。この型番のは2回買ってどちらも自社IDでしたが、今後RiTEK OEMに変わる可能性もあるかもしれません。同時期に発売となったスピンドルの台湾製なんかは実際RiTEKです。そのため、基本的にはバクチ買いです。
【追記】10枚組みのパステルカラーはRiTEK OEMでした。もうほんとバクチ買いです。
Pioneer BDR-206MBK (日本製) ファーム 8.01
Pioneer BDR-S06J (日本製) ファーム 1.03
Pioneer BDR-S05J (日本製) ファーム 1.09
結果まとめ
最もいいのは  悪いのは で表記
LDC BIS
Avg Max Total Avg Max Total
Pioneer
BDR-206MBK
2.50 153 922135 0.03 4 11578
Pioneer
BDR-S06J
3.25 433 1200550 0.06 10 23396
Pioneer
BDR-S05J
1.97 330 727028 0.04 7 15305


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206MBK トップ
4倍速BD-Rエラーチェック(本焼き用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(検証用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(LTHメディア)
6倍速BD-Rエラーチェック 2層BD-Rエラーチェック DVD-Rエラーチェック BDXLを実際に使ってみる BW690で記録したBDXLの情報