CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206MBK トップ
4倍速BD-Rエラーチェック(本焼き用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(検証用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(LTHメディア)
6倍速BD-Rエラーチェック 2層BD-Rエラーチェック DVD-Rエラーチェック BDXLを実際に使ってみる BW690で記録したBDXLの情報


■BDXLを実際に使ってみる

対応できていないソフトが多そうですが(2010年11月現在)とりあえず試してみようと思います。
まずはベンチマーク系ソフトですが、Opti Drive Control の検証時最新バージョンの1.50では2層BD-Rへ正常に書き込みできないので却下。Nero DiscSpeed 5.4.24.0 を使ってみます。


使用メディア
[BD-R-3L:TDKBLD-RNC-000]


Nero DiscSpeed 5.4.24.0
通常のBD-Rのときと同様の操作で、正常に書き込み開始しました。
↑は書き込み中のグラフですが、横軸スケールがあきらかに足りないのが気になるところ。
とりあえずこのまま様子を見ながら続行します。


すると↑のようにグラフの線が消えてしまいました。
速度も 「117.11x」 とかいう、ありえない数値になってます。
ドライブのLEDを見ると書き込み自体は続行できているようなので、もう少し様子見します。



ほぼ書き込み完了の地点ですが、DiscSpeed は「停止」 ボタンがアクティブになっているので、まだ書き込み完了できていないことになります。
ところがこの状態で、ドライブのLEDは消えています・・・・・ どうやら焼きミスのようなので、ここでストップしました。
☆☆☆ 5000円のディスクがゴミと化しました ☆☆☆





次に通常のデータ書き込みをしてみようと思います。付属の Power2Go を使っても面白くないので、ここでは普段使っている ImgBurn 2.5.2.0 を使うことにします。(用意したのは、計約80.2GBのファイルです)


使用メディア
[BD-R-3L:TDKBLD-RNC-000]


ImgBurn 2.5.2.0 設定(1/2)
4倍速を選択 & 初めてなのでベリファイにチェック


ImgBurn 2.5.2.0 設定(2/2)
UDF2.50を選択


書き込み中・・・
初めてなのでモニターの前で正座して見てましたが(嘘)
この後おかしな挙動も見せることなく、正常に書き込み完了しました。


ベリファイ中・・・
不一致:0 読み込みエラー:0 のまま最後まで完了しました。


DVDINFOPRO XTREME での情報


ということで、BD-R書き込みの定番ソフト ImgBurn はBDXLでも普通に使えそうです。(今のところ常用できる価格ではありませんが)


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206MBK トップ
4倍速BD-Rエラーチェック(本焼き用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(検証用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(LTHメディア)
6倍速BD-Rエラーチェック 2層BD-Rエラーチェック DVD-Rエラーチェック BDXLを実際に使ってみる BW690で記録したBDXLの情報