CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206MBK トップ
4倍速BD-Rエラーチェック(本焼き用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(検証用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(LTHメディア)
6倍速BD-Rエラーチェック 2層BD-Rエラーチェック DVD-Rエラーチェック BDXLを実際に使ってみる BW690で記録したBDXLの情報


■Pioneer BDR-206MBK (BUFFALO BRXL-6FBS-BK) - 2010年11月28日更新 - 

2010年夏にSHARPがBDXL対応レコーダーを発売後、Panasonic、SONYも対応レコーダーを発売しましたが、PC用では対応ドライブはなし。
2010年8月下旬に Pioneer BDR-206 が発売されましたが、BDXLに非対応ということで、PC用BDXL対応ドライブは出るにしても2011年以降か?と思ってましたが、予想より早くPioneerから対応ドライブが発売されました。

型番的には BDR-206M ということで、BDR-206 のマイナーチェンジにあたると思いますが、BDR-206 から退化しているところもあります。(最大書き込み速度の低下)
この 「最大書き込み速度の低下」 は意図的なものか?技術的なものか?わからないところもありますが、本ドライブの売りは初のBDXL対応ということなので、その辺は気にせず発売と同時に購入。気になることを調べてみようと思います。

Pioneer BDR-206MBK (BUFFALO BRXL-6FBS-BK)
Pioneer BDR-206MBK
箱に「BDXLトライアルキャンペーン」と書かれてますが、SHARPブランドのBDXLメディアが1枚付属していました。
非常に高価(4000〜5000円)なので、事実上4000〜5000円の値引きです。
- 公式サイト -
Pioneer公式
AKIBA PC Hotline! (BDXLドライブが初登場、1枚最大128GB)
AKIBA PC Hotline! (-新製品- バッファロー BRXL-6FBS-BK)
参考リンク (PCの光学ドライブがBDXLに対応すると……)
ファームウェアチェックページ (バッファロー)
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)

主な特徴、気が付いたこと等は、

PC用では初のBDXL対応ドライブ。ただ、今後BDXLがどこまで普及するかは不明です。
(1) 2010年冬時点では、BDXLを作っている(作れる?)のはTDK1社のみっぽい。
(2) PS3がBDXLに対応できないらしい。
(3) そもそも需要があるのか?
PanasonicやSONYがBDレコーダーへ積極的にBDXL対応ドライブを搭載しているので、ハード的にはユーザーの意に反していつの間にか普及していくかもしれませんが、メディアが安くなるには3年くらいかかるかもしれません。2010年冬の段階ではメディアがTDK1社なので、どこまで値下がりするのか微妙なところですが。参考リンク:約4年半前
ファームはいつものように、バッファロー向けのOEM版用の "8.**"
バッファローがファームの公開を放置しなければなんら問題ないですが、過去の例から放置する可能性あるのでその辺要注意です。基本的にはPioneerパッケージを買った方がいいと思います。(あくまで過去の例からの判断ですが)
BD-R、DVD-R、CD-Rとも最大書き込み速度が低め。それと関係あると思われますが、12Vの定格電流値(駆動系)が小さいです。
最大書き込み速度が低めとはいっても、CLV 書き込みは各種メディアとも最大値がでるので、個人的には無問題。(むしろ歓迎)
初回出荷は日本製。
Pioneer公式サイト では、「青森県十和田市にある十和田パイオニアで製造している国産モデルです」 とわざわざ宣言しているので、Pioneerパッケージのは最後まで日本製の可能性もありそうです。
BD-R 6倍速は Z-CLV (BDR-S05J、BDR-S06J は P-CAV)
理由はわかりませんが、初回流通量がやけに少ないです。(初回の店頭流通はほとんどなし?)



【初期ファームでの問題点】
うちで試す限り、三菱(Verbatim)の2層4倍速メディア書き込み時、ディスククローズの処理のときに失敗しやすいようです。
※PanasonicやTDKの2層4倍速BD-R、三菱の1層4倍速BD-R、BDXL では問題なし

確認したソフトは以下の通り、

 ●ImgBurn 2.5.2.0 → 1回トライ
 ●Nero DiscSpeed 5.4.24.0 → 計2回トライ
 ●付属のPower2Go7 → 計2回トライ  
BD2層メディア5枚がゴミディスクに・・・・・

付属のPower2Go7 でディスククローズの処理をしなければ問題起きませんが、初期ファーム(8.01)で2層BD-Rを使うときは、PanasonicかTDKにしておいた方がよさそうです。
付属のPower2Go7でのエラーメッセージ




■製品ラベル、基板等

初回分は日本製でした。過去のパターンからいくと、そのうち中国製になる可能性もあります。
外箱に "Made in Japan" と表記があるので、店頭で買うときは確認するといいかもしれません。
最大書き込み速度が遅めなのと関係あると思いますが、駆動系電源(12V)の定格電流値が小さいです。

12V 5V
BDR-S06J 1.1A 1.4A
BDR-206MBK 0.6A 1.2A


フロントベゼルはバルク版 BDR-206 に "BDXL" をプリントしただけという素っ気ないものです。
正直、もう少しなんとかしてほしいです。
(こんな中途半端のなら、"BDXL" のプリントはいらないんじゃないかと)


拡大
参考比較用(BDR-S06J)
R8J32730FP44
※BDR-S06J は "R8J32720FPV"
BDR-S06J と基板、メインチップとも違ってます。
DVDのときは、RAM対応、非対応をファーム変更で行ってましたが、BDXLに関しては
ハードレベルで違うので、S06Jをファームアップで・・・というのは無理そうです。
少し気になるのは、BDR-206MBKの方が基板の番号が若いことですが、この辺は
内部の人じゃないとわからないので、アレコレ推測するのはやめておきます。




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
初期ファームは8.01で、日付は2010年10月13日。(購入日は2010年11月19日)
バッファロー版のファームなので、Pioneer版のファームは適用できないのはいつもの通り。
「ファーム公開を放置しないで!」 とバッファロー担当者の方にぜひお願いしたいところです。
あとこれはいつも通りですが、シリアルの数値は製品ラベルの数値と一致しています。


DVRFlash 2.7.7


今回もV1でした。




■BDR-206MBK 発売時(2010年11月〜12月)の BD-R/RE/XL メディア事情 & 豆知識

ここ数ヶ月の主な動きを勝手にまとめています。(いろいろ書いてますが、BD-Rは迷ったらPanasonicでFA)


Panasonic 4倍速BD-R
録画用 録画用 録画用 録画用 データ用
1層BD-REにインド製が登場し、録画用BD-Rはパッケージ表の 「日本製」 表記が消えたことから、いずれ日本製ではなくなることも予想されますが、2010年11月時点ではまだ日本製です。
ただしデータ用のBD-Rにはパッケージ表に 「日本製」 表記があるため、しばらくは日本製が入手できなくなることはなさそうです。(勝手な予想)


三菱化学(Verbatim)2層BD-RE
Verbatimブランド MITSUBISHIブランド
どちらも日本製ですが、(私が買ったのは)VerbatimブランドはTDK OEMで、MITSUBISHIブランドは自社製でした。
MITSUBISHIブランドの方は売っているショップが限られているようですが、ビックカメラやソフマップなんかでは売っています。三菱自社の2層BD-REがほしい人(メディアコレクターな人)は要チェック。


SONY 4倍速BD-R (いずれも台湾製)
型番:5BNR1VCCS4 型番:25BNR1VCPP4 型番:10BNR1VCCS4
これはSONY自社 この2つはRiTEK
いずれも台湾製で、ほぼ同時期に発売となってますが、左の通常ケース5枚組みのがSONY自社IDで、右の2つはRiTEK OEMでした。製造国から中身が判断付かず、非常に買いづらいです。
型番 "5BNR1VCCS4" のも必ずSONY 自社ということではないと思われます。(私が買ったのはそうだったということで)


Victor 4倍速BD-R (どちらも台湾製)
型番:BV-R130GF10 型番:BV-R130K30W
どちらも台湾製ですが、左の通常ケースの方は三菱OEMで、右のスピンドルの方はCMC OEMでした。SONYと同じく製造国から中身が判断付かず、非常に買いづらいです。


Panasonic 1層BD-RE
このパッケージのものは、日本製からインド製に置き換わりつつあります。日本製もインド製も型番は同じなので、通販で買うと「日本製だと思ってたのにインド製だった!」となる可能性があるので要注意。


Verbatim 1層BD-RE
三菱(Verbatim)の1層BD-REはかなり前に台湾製に移行してますが、なぜか日本製が復活しました。最初見たとき「Victor OEMか?」とも思いましたが、自社製です。今後このまま日本製なのかは不明。
台湾製も混在流通しているので、店頭で買う前に製造国表記を見ておいた方がいいかもしれません。


各社BDXL
2010年11月時点では、SHARP、Panasonic、TDKから発売されていますが、中身はすべてTDKです。デザイン的には3つとも味も素っ気もないプリンタブルなので、一番安いもの、またはジャケ買いしましょう。
もしかしたら、Panasonicは今後自社製が出るかもしれないので、メディアコレクターな人は(今後買うときは)Panasonicをを選択すると、そのうちPanasinic自社が入手できるかもしれません。参考リンク
私は今後買うときは、Panasonicにする予定です。(買うにしても、年に数枚とかになりそうですが)




■PS3ソフトのマウント

無理 & マウントできても意味ないと思いつつ念のため確認。
やはりマウントはできませんでした。




■付属ソフト

付属ソフトはどれも不要なのですが、バージョン確認のためにInstantBurn以外インストールしてみます。

 CyberLink Media Suite 8.00.2213
 CyberLink MediaShow 5.0.1423
 CyberLink Power2Go 7.0.0.1001
 CyberLink PowerBackup 2.50.6023
 CyberLink PowerDirector 8.00.3327
 CyberLink PowerDVD 10.0.2025.52
 CyberLink PowerProducer 5.0.2.2820 BD


Power2Goがバージョン7、PowerDVDがバージョン10と新し目のバージョンです。
PowerDVDを起動すると、「お金払ってバージョンアップしてね♪」 と言われるのもいつも通りです。




■付属のPowerDVDでのBDビデオ再生

最近はあまり再生不具合はない気がしますが、付属のPowerDVD10で再生確認してみようと思います。

タイトル
バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX (Disc1)
販売元
ジェネオン・ユニバーサル
AACS
V19
タイトル
エルム街の悪夢
販売元
ワーナー・ホーム・ビデオ
AACS
V19
タイトル
トレマーズ
販売元
ジェネオン・ユニバーサル
AACS
V18
タイトル
THE LOSERS
販売元
ワーナー・ホーム・ビデオ
AACS
V18
タイトル
エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX
(Disc1)
販売元
20世紀フォックス
AACS
V19 BD+
タイトル
トイ・ストーリー3
販売元
ウォルト・ディズニー
AACS
V19
タイトル
アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション (Disc1)
販売元
20世紀フォックス
AACS
V19 BD+
タイトル
ザ・ウォーカー
販売元
角川映画
AACS
V14
タイトル
ソルト
販売元
ソニー・ピクチャーズ
AACS
V19
タイトル
アレキサンダー
販売元
松竹
AACS
V17

2010年冬の時点では、AACSのバージョンは19が最新のようですが、いずれも付属のPowerDVD10で再生できました。
不具合的なことで言えば、エイリアンがPioneerのBDプレイヤー BDP-320(ファーム3.69a)で字幕が出ないというのがありますが、PowerDVD10では問題ありません。

あと少し話はそれますが、↑のうち "ソルト" と "THE LOSERS" には Cinavia が採用されているらしいです。そんなのがあるのか・・・ と思いつつ試してみましたが、どうやら本当でした。

ソルト(AACS除去Disc)のPS3での再生
最初の方は普通に再生できますが、20分位すると↑のようになります。
プロテクト系に興味ある人は要チェック。映画自体も、ソルトは面白いです。
劇場版、ディレクターズ・カット版、ディレクターズ・カット版(別エンディング)と3回楽しめます。
※THE LOSERS も再生開始約20分で同じことが起こります。
この「20分」ですが、絶対時間ではなく、相対時間っぽいです。どういうことかというと、
最初から普通に再生 → 20分のところで発動
最初の15分は早送り → 35分のところで発動
一度発動すると、最後まで音声はずーーーーーっとミュートです。
言うまでもなく、原本(マスターディスク)では↑のような現象は起きません。

Cinavia は再生機器によって対応、非対応があるようなので、いくつかの手持ちの再生機器で確認してみました。
今後「誤爆」の可能性がないとも言えないと思うので、PS3を使っている人は情報収集、というか 「こういうのがPS3には搭載されている」 ということは少しは気に留めておいた方がいいかもしれません。

再生機器 種類 ファームウェアバージョン
(ソフトウェアバージョン)
Cinavia
SONY
PlayStation3
ゲーム機 3.50 対応
SONY
BDZ-RX55
BDレコーダー 17.3.020 非対応
Panasonic
BW690
BDレコーダー 1.16 非対応
SONY
BDP-S360
再生専用機 11.1.007 非対応
Pioneer
BDP-320
再生専用機 3.69a 非対応
付属のPowerDVD10 PCソフト - 非対応

しかし、PS3は今後再生機器としては使いにくくなってきそうですね・・・




■箱スキャン

※画面クリックで拡大
「BDXLトライアルキャンペーン」のシールが貼ってあるものは、BDXLメディアが入っているようです。
(SHARPブランドのBDXLメディアが同梱されてました)




■DAE (BDR-206MBK で16倍速でテストディスク作成) オフセット

EAC
いつもの通りです。


Nero DiscSpeed DAE
12x 以降は 「遅すぎます」 となりますが、特に問題はなし。



■ImgBurn 2.5.2.0 での動作

BDXL、BD-R、BD-R DL、DVD-R、CD-Rすべて正常動作します。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Nero DiscSpeed を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


BDR-S05J、BDR-S06J は以前にも調査しましたが、あらためて調査しています。
全体的に BDR-206MBK は遅いようですが、頻繁に光メディアを使わないのであれば、気にしなくていいレベルです。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-206MBK
firm 8.01
Pioneer
BDR-S06J
Firm 1.03
Pioneer
BDR-S05J
Firm 1.09
TDK
4倍速BD-R XL(3層)
ブランク 35秒 - -
記録済み 33秒 - -
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 21秒 21秒 16秒
記録済み 18秒 16秒 15秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 26秒 27秒 20秒
記録済み 23秒 19秒 19秒
BD-Video(1層) - 14秒 11秒 12秒
BD-Video(2層) - 16秒 16秒 17秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 20秒 19秒 17秒
記録済み 14秒 14秒 12秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 18秒 16秒 13秒
記録済み 14秒 14秒 14秒
DVD-Video(1層) - 12秒 12秒 11秒
DVD-Video(2層) - 16秒 16秒 14秒
音楽CD - 13秒 12秒 12秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-206M
メインチップ RENESAS
R8J32730FP44
購入時ファームウェア 8.01
検証時ファームウェア 8.01
製造国表示 JAPAN
5V定格 1.2A
12V定格 0.6A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル
Partial MKB Version V1
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB




■検証時PC環境

メインPC
 マザーボード ASUS P6X58D-E (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.0303
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版
 CPU Core i7-980X Extreme Edition
 CPUクーラー TRUE Black 120 PLUS + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PATRIOT PSD36G1600KH (2G x 3) + ZALMAN ZM-RC1000
 ビデオカード MSI R5770 Hawk
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) WD20EARS ※3Gb動作
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB371JD
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-S05J-BK ← 参考比較用
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-206MBK (BUFFALO BRXL-6FBS-BK) ← 今回購入
 ICH10R (AHCI) 日立LG BH12NS30
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-S06J-BK ← 参考比較用
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHBS212 ← BD-Rエラー計測用
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は Antec Signature 850


サブPC
 マザーボード GIGABYTE GA-X58A-UD5 (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.F6
 OS Windows 7 Home Premium 64bit 通常版
 CPU Core i7 920 D0ステッピング
 CPUクーラー Mega Shadow Deluxe Edition + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PVT36G1600LLK 計6GB
 ビデオカード & サウンド & ディスプレイ SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL-DVI-I/HDMI/DP (HDMI出力)
+ DHT-S500HD + SYS-S500CS
+ TOSHIBA REGZA 42Z8000
※オンボードサウンドはBIOSで遮断
 LAN オンボード
 ICH10R (AHCI) X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
 ICH10R (AHCI) WD10EADS
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHES208
 オンボードPATA PLEXTOR PX-755A ← DVD-Rエラー計測用
 オンボードPATA PLEXTOR PX-740A (DW1640化済) ← DVD-Rエラー計測用
 ケース Antec Nine Hundred Two
電源は Antec Signature 850




■Opti Drive Control のエラーグラフの見方がわからない!

人様に説明できるほど理解できていませんが、基本は同じ環境での相対比較ということになると思います。
(同じ環境で)よいと思われる条件、悪いと思われる条件でいくつか焼いてみて比較して、自分なりに判断するしかなさそうです。(BD-Rはあまり悪い結果にならないことが多いですが、非対応のIDのBD-Rを使うと悪い例のグラフを取得することができます)

良い例


普通の例


悪い例
非常に悪い例です。ここまで悪いグラフはなかなか出せません。


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206MBK トップ
4倍速BD-Rエラーチェック(本焼き用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(検証用メディア) 4倍速BD-Rエラーチェック(LTHメディア)
6倍速BD-Rエラーチェック 2層BD-Rエラーチェック DVD-Rエラーチェック BDXLを実際に使ってみる BW690で記録したBDXLの情報