CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 トップ
【検証01】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:MEI-T02-001] Panasonic 4倍速BD-R
【検証02】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:VERBAT-IMc-000] Verbatim 4倍速BD-R
【検証03】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:VERBAT-IMv-000] Verbatim LTH 4倍速BD-R
【検証04】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:TYG-BD-Y03-001] 太陽誘電 LTH 4倍速BD-R
【検証05】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:CMCMAG-BA3-000] CMC 4倍速BD-R


■Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 - 2010年9月20日更新 - 

Part2はそもそもやる予定は全然ありませんでした。なぜPart2をやりたくなったか?の理由は以下のような感じです。

Part1の検証もそろそろ終わろうかというとき、ふと Opti Drive Control 公式サイト を見ると久々にバージョンアップされていました。(1.48→1.50)更新内容を見ると気になる変更点があります。

Create test disc: improved support for BD and DVD-RAM

ということで、BD-R書き込みがようやく可能になったようです。Ver 1.48が出たとき、相変わらずBD-R書き込みがうまくいかないので一応報告はしていたのですが、なかなかバージョンアップされず・・・「もしかして、このままBD-R記録には非対応?」 とも思ってましたが、1.50でめでたく可能になりました。
というより、バグだったようですが

「BD書き込みなら Nero DiscSpeed で可能なのに、なぜ Opti Drive Control に拘るのか」 と思われる方もいるかもしれませんが、BD書き込み時に Opti Drive Control を使えば、エラー計測時に書き込みドライブ、書き込みグラフが表示されるからです。
まとめると以下のとおり。

BD-R書き BD-Rエラー計測 書き込みドライブ、グラフ
Nero DiscSpeed Nero DiscSpeed 表示されない
Nero DiscSpeed Opti Drive Control 表示されない
Opti Drive Control Nero DiscSpeed 表示されない
Opti Drive Control Opti Drive Control 表示される

となると、自ずと検証モチベーションアップ!Part2をやろう!ということになりました。


Opti Drive Control 1.48
Ver.1.48ではこんな感じでエラーになります。

Opti Drive Control 1.50
Ver.1.50では正常に書き込み完了。ドライブ名と書き込みグラフもしっかり表示されてます。


ただし、2層BD-Rに関してはまだバグがあるようで、スケールがおかしい上に最後に応答なしになり、ゴミディスクになってしまいます。

横軸のスケールがおかしい上に、最後は応答なしに。Ver.1.50ではBD-R DLは残念ながら使えません。


なお、今回はエラー計測ドライブを iHBS112 から iHBS212 に変更しています。理由は iHBS112 の挙動が少し怪しいときがあるからです。(エラー計測中に、グラフがなんかバグったような感じになることがある)




■検証ドライブ

今回は以下の6ドライブを使用。

外観 ドライブ名 ファームウェア 補足説明等
Pioneer
BDR-206
1.02 BDR-205のコストダウンバージョンとも言われるドライブ。(真相は不明)
初回生産分から中国製ですが、リテールモデルに関しては日本製になるらしいです。(検証時点では未発売)
Pioneer
BDR-S05J
1.09 Pioneerの国内2モデル目のリテール品。現状これを買うのが一番いいと思いますが、(2010年9月時点)やや高いのが難点。とはいえ、登場直後よりは8000〜9000円近く安くなってます。
Pioneer
BDR-S03J
1.11 Pioneerの国内初号機。スペック的にはこれで十分で、12倍速とかは多分いりません。
今後のファームウェアの更新が望めないのが唯一の欠点で、実際最近のメディアで対応できていないものもあります。
Panasonic
LF-PB371JD
1.03 Panasonicの最終モデル。BDXLを理由に復活を希望したいところですが、PC用BDドライブはあまり売れる製品ではないっぽいので、ちょっと無理そうです。Pioneerと違い、旧モデルでも見捨てずにファーム公開する点は好印象。
日立LG
BH12NS30
EL00-03 日立LGの12倍速対応品。一部うまく記録できないメディアはあるものの、言われるほど悪くない気はします。アイオーはPioneerを採用しないので、アイオーの中のドライブはすべて日立LGです。(2010年9月現在)
LITE-ON
iHBS212
5L03 LITE-ONの12倍速対応品。Pioneer、日立LG、Panasonicでは不可能なBD-Rエラー計測が可能という特徴があります。
BD-R焼きも別に悪くなく、普通に使えます。




■検証メディア

検証ドライブ数が多いこともあり、4倍速以下のBD-Rのみ使います。(6倍速は普段使わない & 基本的にCLV書き込むが好きなため)

パッケージ 製造元、ID等 補足説明等
Panasonic 4倍速BD-R
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
日本製TDKがあればそれがNo.1候補になりますが、残念ながらTDKはもう1層BD-Rは国内生産していません。
4倍速無機では唯一の日本製ということで、PanasonicがNo.1候補です。
Verbatim 4倍速BD-R
[BD-R-SL:VERBAT-IMc-000]
4倍速無機1層メディアに関して言えば、Panasonic以外では三菱(Verbatim)しか選択肢がないのが現状です。(TDK、maxell、SONYの中身はRiTEKかCMCです)
ということで、VerbatimがNo.2候補です。
Verbatim LTH 4倍速BD-R
[BD-R-SL:VERBAT-IMv-000]
↑のLTHタイプですが、パッケージが非常によく似ています。

 「あれ?さっき寄った店より安いな、ここで買おう」
   ↓
 「なんだこれ、色が金色だぞ」
   ↓
 「って、これってもしかしてLTH・・・」

なんてことにならないように注意。地雷メディアで、いずれのドライブでもまともに記録できません。
太陽誘電 LTH 4倍速BD-R
[BD-R-SL:TYG-BD-Y03-001]
Victorの日本製表記のものは太陽誘電OEMです。太陽誘電は三菱よりまともなLTHを作れるので、(LTHを)買うなら太陽誘電ですが、それはあくまで価格的に大幅に安いときです。(現状あまり安くないです)
普通はPanasonicにしておきましょう。
CMC 4倍速BD-R
[BD-R-SL:CMCMAG-BA3-000]
台湾系メディアも1枚追加しようということで、CMCを使います。特に深い意味はありません。
Panasonic 2層2倍速BD-R
[BD-R-DL:MEI-T01-001]
2層BD-Rは3メディアでの検証を予定してましたが、Opti Drive Control 1.50 では正常に書き込みできないため、またの機会にでも行うことにします。

※一応書いておきますが、中国製SONY 4倍速BD-R DLの中身はTDKです。誤表記ではありません。
Verbatim 2層4倍速BD-R
[BD-R-DL:VERBAT-IMd-000]
TDK 2層4倍速BD-R
[BD-R-DL:TDKBLD-RFB-000]




■検証時PC環境

 マザーボード ASUS P6X58D-E (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.0303
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版
 CPU Core i7-980X Extreme Edition
 CPUクーラー TRUE Black 120 PLUS + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PATRIOT PSD36G1600KH (2G x 3) + ZALMAN ZM-RC1000
 ビデオカード MSI R5770 Hawk
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) WD20EARS ※3Gb動作
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB371JD
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-S05J
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-206
 ICH10R (AHCI) 日立LG BH12NS30
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-S03J
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHBS212
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は Antec Signature 850


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 トップ
【検証01】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:MEI-T02-001] Panasonic 4倍速BD-R
【検証02】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:VERBAT-IMc-000] Verbatim 4倍速BD-R
【検証03】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:VERBAT-IMv-000] Verbatim LTH 4倍速BD-R
【検証04】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:TYG-BD-Y03-001] 太陽誘電 LTH 4倍速BD-R
【検証05】 Pioneer BDR-206 とその他のドライブの比較 Part2 [BD-R-SL:CMCMAG-BA3-000] CMC 4倍速BD-R