CD-R実験室トップ Pioneer BDR-207MBK トップ Pioneer BDR-207MBK 各種BD-Rエラーチェック


■Pioneer BDR-207MBK - 2012年1月15日更新 - 

BDR-207 はバッファロー版が先に発売されてますが、前モデルの バッファロー版 BDR-206MBK は 発売後一度もファームウェアが公開されず、サポート放置状態。※2012年1月15日現在
【追記】2012年2月7日にようやく公開されました。

以前より物欲がないこともありますが、「さすがにこれはまずいでしょ」 ということで、バッファロー版は余裕で見送りました。
これは BDR-206MBK に限ったことではありません。BDR-207 のバッファロー版についても、ファームが出ない(または大幅に遅れる)可能性がかなりあります。買うならPioneerリテールかバルク版にしましょう。

それはさておき、BDR-206MBK の後継ドライブ、BDR-207MBK のバルク版がようやく発売されました。
ただし、BDXLに初対応した BDR-206MBK のようなインパクトはなく、BDR-206MBK があればわざわざ買いなおすほどのものではないと思います。さらに言えば、BDR-S05J とかがあればこのドライブはいらないかもしれないです。

BDR-207MBK の売りは記録速度が高速化されたことだが、BDR-206MBK ですでにメディアのMAX速度に達している。(BDR-207MBK は速度違反で高速化している)
速度違反は、通常メディアメーカーは推奨しない。
速度違反で書き込みしようとしても、実際はできないこともある。→今回実際にそうなりました。(詳細は次ページ)
BDXLの4層メディアが、2012年1月時点で未販売。3層メディアも非常に高価で、常用できないのが現状。(2層BD-Rは使わず、BDXLメディアを常用している人は日本中探しても数人しかいないと勝手に予想・・・数人どころか、0人かも)
→BDXLは普及しない可能性が高そう。

なんとなくですが、4層BDXLはこのまま無かったことになりそうな予感。普及しなかったと言えば、こんなの もありましたが。

ということで、「BDR-206MBKがあれば、BDR-207MBKは特に不要」 という結論になりますが、なんせ新ドライブは1年以上も買っていないこともあり、めでたく購入ということになりました。(LITE-ONがBDXL対応なら、そっちも買ってたと思いますが)
ただし全然魅力的な要素がないかといえばそうではなく、BD-R6倍速書き込み方式が、BDR-206MBK → Z-CLV BDR-207MBK → P-CAV という違いはあります。(私は6倍速以上での書き込みはしないので、その辺は魅力は感じませんが)
それとマウントが早くなってます。詳しくはこのページの下の方を参照。

※余談ですが、ノート用ドライブならOptiarcやPanasonicからもBDXL対応品が出てます。ですが、初速が遅そうなこともあり、(最低4倍速は欲しい)今のところ未購入です。


Pioneer BDR-207MBK
Pioneer BDR-207MBK
Pioneer BDR-207MBK
初回からかなり安いです。(ソフトなしなら、11,980円)
- (リテールパッケージ)公式サイト -
※リテール公式では "MBK" ではなく "JBK" となってます。(2012年1月15日現在)
AKIBA PC Hotline!
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)




■製品ラベル、基板等

Pioneerは初回流通品は日本製のことも多いですが、今回はいきなり中国製でした。
2011年12月製で、シリアルは初回品にしては大きめの数値。
あと、5V、12Vとも消費電力的に不利になってます。
BDR-206MBK 5V=1.2A 12V=0.6A
BDR-207MBK 5V=1.4A 12V=1.1A


イジェクトホール、LED、開閉ボタンの位置は BDR-206MBK と同じです。(フロント基板が同じ)
バルクなので、Pioneerのロゴはありません。


拡大
参考比較用(BDR-206MBK)
R8J32740FP44
※BDR-206MBK は "R8J327
30FP44"
フロント基板は変更なしですが、メイン基板は BDR-206MBK と違ってます。(新設計)
メインチップの型番も異なっていました。
※スキャナー(CCD式)の調子が悪いので、複合機(PIXUS MG2130)に買い換えたところ、こいつのスキャナー
の性能が悪く(というか、CIS式なので悪いのはわかっていましたが)基板がまともにスキャンできませんでした。
そのため、デジカメ撮影です。(いつもより見にくくてすいません)




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
初期ファームは "1.10" と結構進んだ数値で、日付は2011年11月18日。(購入日は2012年1月14日)
シリアルはいつものように製品ラベルと一致してます。


DVRFlash 2.7.7
Kernel type は "GENERAL"
リテールパッケージのファームは適用できないと思われますが、バルク版(Kernel type GENERAL)
のファームは基本的に同時に公開されるようなので、その点は問題なし。
バッファロー版は 「大幅に遅れる」 または 「公開されない」 ため要注意。


Partial MKB
一応調査。今までは "V1" でしたが、今回はかなりバージョンがあがっていました。(詳細バージョン不明)
※注:V17ではありません。17より上です。
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/cdr/1327921345/447




■BDR-207MBK 発売時(2012年1月)の BD-Rメディア事情

年を追うごとに状況悪化しています。
まず気になるのは、「三菱化学メディアが光ディスク生産から撤退」 の情報。2012年1月中旬時点ではメーカーの正式発表はありませんが、流通量が明らかに減っていたり、こっそりCMC OEMに切り替えたりと、三菱(Verbatim)は光メディアにはもうあまり積極的ではなさそうです。

しかし、ここ最近はほんとメディアを使う機会が減りました。以前はWOWOWのために焼きまくってた時期もありますが、

WOWOWが常時ロゴ表示 → スポーツ中継はいいにしても、映画は無理。なんでこんな改悪したのか・・・
(もうアフォすぎてどうしようもない)
  ↓
しかたがないので、スターチャンネルに乗り換え(こちらも常時ロゴだが、WOWOWよりはまとも)
  ↓
でもやっぱりロゴうざい! → スターチャンネルは1ヶ月で退会
  ↓
地上波は画面右上とかにスタジオにいるタレントの顔が映っていたりするし、内容はよくても残す価値がそもそもないものが多い
  ↓
REGZAの外付けHDD録画の見て消しで十分になってきた(TVと紐付されていることは承知済み)
2.5インチHDDならUSBバスパワーで動作するので、コンセントも不要でスッキリ
  ↓
もうなんかレコーダーが不要になってきた
もしどうしてもディスク化したいのがあったら、これ を買えばよさそうだし(編集とかはできないかもしれませんが)

WOWOWが以前のままで3ch HD化だったら、BDZ-AT970T あたりを買って、BD-Rメディアもかなりの頻度で購入予定だったのですが、それはもう過去の話

ということで、PC用に1ヶ月に2枚くらいしか使わないです。(でもその2枚が重要ですが)
HDD2重保存よりは、外付けHDD + BD-Rの方が安心感があります。

・・・・・と、いろいろと余計なことを書きましたが、BD-Rメディアに関してはPanasonicはまだ大丈夫そうなので、今のところはまだ安泰です。
(仮にTDK、三菱、SONYが残っていたとしても、PanasonicがNo.1候補になるので)

各種Panasonic BD-R
4倍速1層BD-R
パッケージに日本製表記なし
 
4倍速1層BD-R
パッケージに日本製表記なし
※ショップで独自にシール貼付
4倍速2層BD-R
パッケージに日本製表記あり
 
6倍速1層BD-R
パッケージに日本製表記あり
 
MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-RA1-001
パッケージ表に "日本製" 表記がないのはインド製の可能性があります。
買うときにパッケージ裏面を要確認。

BDXLに関しては、高すぎなので除外。
Panasonic以外は、

SONY → 買ってみないと中身が不明
三菱(Verbatim) → 特に告知はせず、CMC OEMにっこっそり切り替え
TDK → 2層は自社IDがあるものの、1層はRiTEKかCMCあたりのOEM
Victor無機 → 買ってみないと中身がわからない
maxell無機 → 買ってみないと中身がわからない

ということで、BD-Rメディアに関してはもう完全にPanasonic1択になりました。
問題はPanasonic日本製が入手できなくなったらどうするか?ですが、それはまたそのときで。
候補としては、

TDKパッケージのRiTEKかCMCRiTEKは無理
太陽誘電6倍速 LTH BD-R → エラー多いのでやっぱり除外
Victor 6倍速 LTH BD-R (Victor LTH BD-Rは自社ID品が流通しています)

状況が悪くなっているとは言っても、今はまだまともです。
外付けHDDでの録画の利便性が知れわたってきているようにも思うので、そのうち 「BD-Rメディアは買えるだけまし」 なんて状況になるかもしれません。
外付けHDDでの録画はほとんどの場合TVと1対1の紐付け制限があるので、HDDの故障とかではなく、TVを買い換えただけですべてパーになるのですが、便利なことは便利。(紐付けについては知ってればいいのですが、実際は知らない人が・・・)




■ImgBurn 2.5.6.0 での動作

BD-R、DVD-Rで動作確認。共に正常動作します。
データ焼きにしか使わないのなら、Power2Goとかはインストール不要です。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


全体的に、BDR-207MBK の方が早いです。(これは予想外)

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-206MBK
firm 1.04
Pioneer
BDR-207MBK
firm 1.10
TDK
4倍速BD-R XL(3層)
ブランク 31秒 22秒
記録済み 32秒 24秒
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 20秒 15秒
記録済み 19秒 16秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 23秒 18秒
記録済み 22秒 18秒
BD-Video(1層) - 13秒 9秒
BD-Video(2層) - 17秒 12秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 23秒 18秒
記録済み 15秒 12秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-207M
メインチップ RENESAS
R8J32740FP44
購入時ファームウェア 1.10
検証時ファームウェア 1.10
製造国表示 China
5V定格 1.4A
12V定格 1.1A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
未調査
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
未調査
Partial MKB Version 不明
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB


>> 各種BD-Rエラーチェック


CD-R実験室トップ Pioneer BDR-207MBK トップ Pioneer BDR-207MBK 各種BD-Rエラーチェック