CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-208JBK (BDR-208M) トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク


■Pioneer BDR-208JBK (BDR-208M) - 2012年11月24日更新 - 

発売予定から遅れてましたが、バルクで発売された BDR-208XJBK のリテールパッケージモデル BDR-208JBK が発売されました。(型番が紛らわしい)
個人的にはメインドライブはポータブルドライブに移行してたりしますが、検証目的で今回も購入。いくつかのBD-Rで、BH14NS48との比較をしてみます。


Pioneer BDR-208JBK (BDR-208M)
BDR-208JBK
購入歴 に書いてある通り、ドスパラで開封品を掴まされてしまいましたが、
その辺はもうあまり気にしないことにしておきます。(検証用で買ってるので)
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp
- 公式サイト -
ファームウェアチェックページ (Pioneer)
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)



なお、今回から検証用PC環境を変更しています。
Windows8はチャーム誤爆がなければ実はいいOSだと思う。(でもチャーム誤爆は本当にひどいと思う)

以前 今回より
OS Windows 7 Professional 64bit SP1 Windows 8 Pro 64bit
マザーボード GIGABYTE GA-A75M-UD2H ASRock Z77E-ITX
CPU A8-3850 Core i7-3770T
電源 Huntkey 絢風300 玄人志向 KRPW-PT500W/92+



【Pioneerさんへのお願い】
製品に封印シールを貼るのはどうしても無理なのでしょうか?箱だけでなく、中のビニールにもなにも封印していないため、ショップで開封してもわからない場合が多く、(今回はわかりましたが)実際被害をうけてます。
ショップの良心、モラルに頼るのは無理があると思います。


ドライブが縦方向に入ってました
(開封したのバレバレ)
通常はこのように横方向に入ってます


S/N が一致しています
私が買った個体  ASCII.jp の紹介記事での写真


以前にarkで PX-712A の並行輸入版の開封品を掴まされたことがあり、これで2回目です。
そのときは これ を新品として掴まされました。気が付いた後即交換してもらいましたが、その後自然とarkで買い物をすることがなくなったのは言うまでもありません。





■製品ラベル、基板等

バルク版と同じく、2012年8月製でした。(発売開始は2012年11月20日) 中国製というのも同じです。
高速書き込み時の12Vの要求がやけに大きいので、207の方がいいような気がしなくもないです。(BDR-207M は12V 1.1Aです)



Pioneerのロゴがある以外、バルクと同じです。
(こっそりリプレースしても、家族にばれにくいというメリットも一応あり)


拡大
参考比較用(BDR-208XJBK)
見にくいですが、
"R8J32740FP42"
でよさそうです。
メイン基板のバージョンが違ってるっぽいです。
バルク BDR-208XJBL ONP8343-A : SN .LHDL001754WL
リテール BDR-208JBK ONP8342-A : SN. LHDL000645WL




■ドライブ情報

DVDInfoPro Elite
発売が遅れていたので、新ファームか?とも思いましたが、バルク版と同じ "1.10" でした。
ドライブ型番はバルク版と同じで "BDR-208M" です。


DVRFlash 2.7.7
Kernel type は "ID58"
BDR-207JBK と同じです。


初期状態は↑のようになってます。
今回もすべての項目で初期状態のまま使ってます。




■BDR-208JBK 発売時(2012年11月)の BD-Rメディア事情

Panasonic 1択のため、迷う要素が全くありません。ただし日本製限定です。
台湾製のは中身がRiTEKのため、買わないように要注意。

各種Panasonic BD-R
4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速2層BD-R 6倍速1層BD-R
LM-BR25LW11L MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-RA1-001

台湾製Panasonic BD-R(中身はRiTEK)
[BD-R-SL:RITEK-BR2-000]
LM-BR25LW10X
台湾製のは買わないように要注意!


新ネタとしては、RiTEKのLTH 4倍速がようやく出回りはじめました。
掲示板での情報により知りました。ありがとうございます。(あやうくスルーするところでした)

RiTEK LTH BD-R
[BD-R-SL:RITEK-BO1-000]
BRV25LFLB20PUD


SHARPが非初期化のBD-R/REを2012年11月下旬より発売 するようですが、なぜか25GBのBD-Rはラインナップから外れています。
BDXLは相変わらず3層のみで、4層はなし。

三菱の業務用ではBDXL(3層) があるようですが、一般向に販売するかは不明。(多分期待薄)

その他としては、Panasonicが2層BD-Rの2倍速の生産をやめるっぽいです。公式サイトから消失 → 復活したようです。
こちらも掲示板での情報により知りました。ありがとうございます。




■ImgBurn 2.5.7.0 での動作

OSはWindows8ですが、BD-R、DVD-R共に問題なく動作しています。




■パッケージ画像

※画面クリックで拡大
製造国表記がありません。
そのため、207JBK のように、日本製が登場する可能性もありそうです。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


全体的にPioneerの方が早いです。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
今回購入
Pioneer
BDR-208JBK
firm 1.10
参考比較用
HL-DT-ST
BH14NS48
firm 1.00-A4
TDK
4倍速BD-R XL(3層)
ブランク 19秒 29秒
記録済み 21秒 30秒
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 14秒 17秒
記録済み 14秒 23秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 17秒 21秒
記録済み 15秒 28秒
BD-Video(1層) - 8秒 22秒
BD-Video(2層) - 9秒 25秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 18秒 14秒
記録済み 11秒 17秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-208M
メインチップ RENESAS
R8J32740FP42
購入時ファームウェア 1.10
検証時ファームウェア 1.10
製造国表示 China
5V定格 1.4A
12V定格 2.2A
Partial MKB Version 未調査
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-208JBK (BDR-208M) トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク