CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-208XJBK (BDR-208M) トップ BD-R 15倍速検証 各種BD-Rエラーチェック


■Pioneer BDR-208XJBK (BDR-208M) - 2012年10月14日更新 - 

BDドライブは記録速度的に頭打ちなところがあり、今後Pioneerから新ドライブが出るにしてもコストダウン目的だろうと勝手に思ってましたが、ここへきて BD-R 15倍速 という、無茶っぽい速度違反ドライブが発売されました。
※BD-Rメディアの最高速度は6倍速です。(2012年10月現在)

今までの12倍速ドライブより速いことは速いのですが、15倍速書き込み可能なBD-RがSONYの6倍速のみ(初期ファーム1.10で確認)だったりとか、一般的には光学ドライブの使用頻度が大幅に減ってきているとかで、BDR-207M からわざわざ買い換えるメリットはあまりないかもしれません。

MAX書き込み時の12V電源の要求アンペア数が倍増していたりと、悪い面もあります。

BDR-207MBK 12V 1.1A
BDR-208XJBK 12V 2.2A 倍増!
当然ながら低速書き込み時の消費電力はBDR-207MBK同等と予想されます


Pioneer BDR-208XJBK (BDR-208M)
Pioneer BDR-208XJBK (BDR-208M)
Pioneer BDR-208XJBK (BDR-208M)
個人的には15倍速ドライブより、4倍速ドライブのが断然好み。
過去に発売されたのでは BDR-206MBK が最も理想に近いです。
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp
STトレード
ファームウェアチェックページ (STトレード)
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)




■製品ラベル、基板等

207MBKバルクと同様、中国製でした。
以前と比べて中国製にどうしてもやや抵抗感が出てしまいますが、その辺はあまり触れないことにしておきます。
バルクでは多分初だと思いますが、超高速ドライブのためか?ハニカム構造です。

高速ドライブらしく、12Vの要求がかなり高まっています
BDR-206MBK 5V=1.2A 12V=0.6A
BDR-207MBK 5V=1.4A 12V=1.1A
BDR-208XJBK 5V=1.4A 12V=2.2A ←12Vが一気に倍増してます


BDR-207MBK と同じです。並べても区別がつきません。
LEDは相変わらず緑です。今後はできるだけ前向きに(検討して頂いて)青色を希望。
関係ないですが、アビーのケースのLEDはなんで赤なんでしょうか?赤はありえないので、いつも自分で青に変えています。


拡大
参考比較用(BDR-207MBK)
見にくいですが、"R8J32740FP42" と見えます。
(違っていたらすいません)
BDR-207MBKと比べると、フロント部は共通ですが、メイン基板は新設計になってます。




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
初期ファームは "1.10" でした。日付は2012年8月22日。(購入日は2012年10月13日)
シリアルはいつものように製品ラベルと一致してます。
ドライブ型番は "BDR-208M" が正式のようです。


DVRFlash 2.7.7
バルク版なので、Kernel type は "GENERAL" とでます。
毎度のことですが、バッファロー版(が今後出たとしたら) ファーム公開が 「大幅に遅れる」 または 「公開されない」 ため要注意。
バルク版ならその点問題ありません。




■BDR-208XJBK 発売時(2012年10月)の BD-Rメディア事情

以前はいろいろ書きましたが、もうほとんど書くことがありません。Panasonic 1択の指名買いをしましょう。
他のメディアはいいのがありません。日本製LTH誘電も少し怪しいです。(品質差がかなりある印象、というかあります)
Panasonicはインド製が流通在庫のみのようで、店頭で見かけるのは日本製ばかりになりました。

各種Panasonic BD-R
4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速2層BD-R 6倍速1層BD-R
LM-BR25LW11L MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-RA1-001

BDXLは事実上消滅したといってもいい状況です。
再生専用機も非対応で、メーカーは本気で普及させるつもりはなさそうです。

以下の再生専用機はいずれもBDXL非対応。

 Panasonic DMP-BDT320-K
 SONY BDP-S590
 Pioneer BDP-150
 Pioneer BDP-450
 DENON DBT-1713UD




【2012年11月9日追記】
その後、台湾製Panasonic BD-R(中身はRiTEK)が登場しました。
購入時には原産国要チェックです。

台湾製Panasonic BD-R(中身はRiTEK)
LM-BR25LW10X

BD-REもRiTEKのようです。(掲示板での報告より)




■ImgBurn 2.5.7.0 での動作

BD-R、DVD-Rで動作確認。共に正常動作します。
データ焼きにしか使わないのなら、Power2Goとかはインストール不要です。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


1秒くらいの誤差はあるかもしれませんが、それを考慮しても BDR-207MBK より少し早いです。(ほとんど差はないですが)

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
参考比較用
Pioneer
BDR-207MBK
firm 1.10
今回購入
Pioneer
BDR-208XJBK
firm 1.10
参考比較用
HL-DT-ST
BH14NS48
firm 1.00
TDK
4倍速BD-R XL(3層)
ブランク 22秒 20秒 28秒
記録済み 24秒 24秒 30秒
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 15秒 14秒 17秒
記録済み 16秒 13秒 22秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 18秒 17秒 22秒
記録済み 18秒 16秒 26秒
BD-Video(1層) - 9秒 9秒 22秒
BD-Video(2層) - 12秒 10秒 25秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 18秒 18秒 24秒
記録済み 12秒 11秒 17秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-208M
メインチップ RENESAS
R8J32740FP42 ← 間違いの可能性あり
購入時ファームウェア 1.10
検証時ファームウェア 1.10
製造国表示 China
5V定格 1.4A
12V定格 2.2A
Partial MKB Version 未調査
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-208XJBK (BDR-208M) トップ BD-R 15倍速検証 各種BD-Rエラーチェック