CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S06J トップ
各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種2層BD-Rエラーチェック 各種DVD-Rエラーチェック


■Pioneer BDR-S06J - 2010年10月2日更新 - 

スペック的にはもう限界に達しつつあるBDドライブですが、BDR-205 からほとんど変化がないバルク版 BDR-206 に続き、リテール版 BDR-S06J が発売されました。

Pioneer BDR-S06J
Pioneer BDR-S06J
Pioneer純正なので高いですが、S05J よりは安くなってます。
BDR-S05J 登場直後 → 34,800円位
BDR-S06J 登場直後 → 29,800円位
※ヨドバシとかはなぜか高いので注意(3万5千円くらい)
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp − アキバ
ファームウェアチェックページ

主な特徴等は、

BDR-S05J から買い換えるメリットがほとんどなし。メリットとしては以下の2つくらいです。
(1) 付属ソフトが新しい。(PowerDVDが3D対応等)
(2)パイオニアドライブユーティリティで設定項目が多い。

※BDR-S06J が発売されたことで、BDR-S05J のファームが放置されそう・・・というのもありますが、BDR-S05J はファーム1.09でしばらくは困らないはずです。
BDR-S05J と比べて、記録品位が微妙かもしれない。(うちの個体の場合ですが)
パイオニアドライブユーティリティで、BD-R、DVD-Rともに強制CLV書き込みをすることが可能。(ライティングソフトの速度指定が無効化されます)
バルクと違い日本製。
バルクと比べて、1万円以上高い。
書き込み速度は BDR-S05J から変化なし。
各種ディスクのマウント時間が BDR-S05J より遅いものが多い。
相変わらず箱が封印されていない!開封しても新品か中古かわからず、ほんとに新品なのか不安になります。

箱が封印されていないのはそろそろなんとかして欲しいです。封印しないのはなにか特別な事情があるのでしょうか。(他メーカーはしっかり封印しているので、できないことはないと思いますが)
※DVD-Rのときは、「Pioneer奇数の法則」なんてのがありましたが、BD-Rでもあてはまりそうな気がしなくもないです。




■製品ラベル、基板等

画像消失っぽい
バルク版と差別化されていて、日本製 & ハニカム構造です。
今回私が買ったのは、シリアルがかなり若い数値でした。(102)

BDR-S05J と同じで、区別が付きません。
うまくスキャンできませんが、ピアノブラックなのでピカピカです。(指紋が目立つ)

拡大
参考比較用(BDR-206)
R8J32720FPV
基板自体はバルク、リテールとも同じようです。




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
初期ファームは1.03で日付は2010年8月31日。(購入日は2010年9月26日)
バルク版の初期ファームは1.02だったので、それよりバージョンがあがってます。
あといつも通りですが、シリアルは製品ラベルと一致しています。


DVRFlash 2.7.6
バルク版は "Kernel type : GENERAL" ですが、リテール版は "Kernel type : ID43"


バルク版同様、リテール版もV1でした。




■パイオニアBDドライブユーティリティ

BDR-S06J の売りは(3D再生ソフトとかではなく)これになると思いますが、個人的にはなくてもいいのではないか?という気もします。(ユーティリティを使わないデフォルト状態で、別に困らないです)


一番気になるにのは「ディスク記録面重視モードON」 ですが、試してみたところ単に強制4倍速記録をしているだけのようです。

デフォルト状態での4倍速指定書き込み


「ディスク記録面重視モードON」 での10倍速指定書き込み

書き込みグラフは同じで、エラー的にもほぼ同等です。
ライティングソフト側で4倍速指定をすれば不要な機能ということが言えそうですが、パケットライト系ソフトのように速度指定ができない場合は使えるかもしれません。

あとは「記録品質重視モード」ですが、使用するメディアのパラメータにあわせて、最も記録品質が高くなる倍速を自動で選んで、書き込み可能 ということらしいですが、Panasonic4倍速BD-Rで確認する限り普通に10倍速で書き込みます。4倍速BD-Rは4倍速書き込みを行いたいので、このモードは今後使うことはなさそうです。




■BDXLのマウント

念のため確認しましたが、無理でした。
今のところPC用対応ドライブが出るかも不明です。




■PS3ソフトのマウント

無理と思いつつも念のため確認。
やはりマウントはできません。




■付属ソフト

付属ソフトはどれも不要なのですが、気が向いたのでInstantBurn以外インストールしてみました。

 ●CyberLink LabelPrint 2.5.3230
 ●CyberLink MediaShow 5.1.2023
 ●CyberLink Power2Go 6.1.0.4112a
 ●CyberLink PowerBackup 2.50.6023
 ●CyberLink PowerDirector 8.00.3213
 ●CyberLink PowerDVD 9.0.3226.52
 ●CyberLink PowerProducer 5.0.2.2820 BD


ImgBurn、TMPGEnc 4.0 XPress、TMPGEnc Authoring Works 4 があるので、やはり(個人的には)どれも不要です。
一応PowerDVDの3D対応を売りにしているようですが、対応ディスプレイがない & 購入予定も希望もないので残念ながら検証等もできません。
なんか こんなの もあるようですが ← 18禁につき職場からはクリックしないように注意!

あと付属ソフトではないのですが、オリジナルの高品位HD動画が収録されています。これが結構よい感じなのですが、収録時間が短いのが残念。(4分16秒くらい)せっかっくのBDドライブなので、2層BD-ROMにして長時間収録して欲しいところです。




■箱スキャン

※画面クリックで拡大




■ImgBurn 2.5.1.0 での動作

BD-R、DVD-R、CD-Rすべて正常動作します。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Nero DiscSpeed を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


BDR-S05J は以前にも調査しましたが、あらためて調査しています。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-206
firm 1.02
Pioneer
BDR-S05J
Firm 1.09
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 19秒 16秒
記録済み 18秒 13秒
Panasonic
2倍速BD-R(2層)
ブランク 24秒 18秒
記録済み 18秒 18秒
BD-Video(1層) - 12秒 12秒
BD-Video(2層) - 15秒 17秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 19秒 16秒
記録済み 13秒 11秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 13秒 13秒
記録済み 13秒 12秒
DVD-Video(1層) - 11秒 10秒
DVD-Video(2層) - 16秒 14秒
音楽CD - 11秒 11秒

いくつかのメディアで差が出ました。BDR-S05J の方が少しだけ快適に使えそうです。




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-206
メインチップ RENESAS
R8J32720FPV
購入時ファームウェア 1.03
検証時ファームウェア 1.03
製造国表示 JAPAN
5V定格 1.4A
12V定格 1.1A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル
Partial MKB Version V1
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB




■検証時PC環境

メインPC
 マザーボード ASUS P6X58D-E (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.0303
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版
 CPU Core i7-980X Extreme Edition
 CPUクーラー TRUE Black 120 PLUS + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PATRIOT PSD36G1600KH (2G x 3) + ZALMAN ZM-RC1000
 ビデオカード MSI R5770 Hawk
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) WD20EARS ※3Gb動作
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB371JD
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-S05J-BK ← 参考比較用
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-206
 ICH10R (AHCI) 日立LG BH12NS30
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-S06J-BK ← 今回購入
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHBS212 ← BD-Rエラー計測用
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は Antec Signature 850


サブPC
 マザーボード GIGABYTE GA-X58A-UD5 (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.F6
 OS Windows 7 Home Premium 64bit 通常版
 CPU Core i7 920 D0ステッピング
 CPUクーラー Mega Shadow Deluxe Edition + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PVT36G1600LLK 計6GB
 ビデオカード & サウンド & ディスプレイ SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL-DVI-I/HDMI/DP (HDMI出力)
+ DHT-S500HD + SYS-S500CS
+ TOSHIBA REGZA 42Z8000
※オンボードサウンドはBIOSで遮断
 LAN オンボード
 ICH10R (AHCI) X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
 ICH10R (AHCI) WD10EADS
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHES208
 オンボードPATA PLEXTOR PX-755A ← DVD-Rエラー計測用
 オンボードPATA PLEXTOR PX-740A (DW1640化済) ← DVD-Rエラー計測用
 ケース Antec Nine Hundred Two
電源は Antec Signature 850




■Opti Drive Control のエラーグラフの見方がわからない!

人様に説明できるほど理解できていませんが、基本は同じ環境での相対比較ということになると思います。
(同じ環境で)よいと思われる条件、悪いと思われる条件でいくつか焼いてみて比較して、自分なりに判断するしかなさそうです。(BD-Rはあまり悪い結果にならないことが多いですが、非対応のIDのBD-Rを使うと悪い例のグラフを取得することができます)

良い例


普通の例


悪い例
非常に悪い例です。ここまで悪いグラフはなかなか出せません。


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S06J トップ
各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種2層BD-Rエラーチェック 各種DVD-Rエラーチェック