CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S07J-KR トップ 他ドライブとのBD-Rエラー比較 ユーティリティを使用してのBD-R記録 各種BD-Rエラーチェック


■Pioneer BDR-S07J-KR - 2012年3月11日更新 - 

バルク版の BDR-207MBK を買ったときは物欲的に結構微妙なところがあり、リテール版(S型番)はスルーする予定でしたが、BD-RのJitter計測ができるようになったことで物欲が急上昇。今回もめでたく購入となりました。
バルク版よりよいと思われる点は、(購入前の予測 & 主観含む)

ローディング中のディスクの種類や状態を把握できる 「ディスクステイタス」 機能、ドライブの状態を確認できる 「ドライブステイタス」 機能とかいうのが使える。
→実際には不要なものでした。
DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer が付属。TV側が対応していないと役にたたない点には注意。
(私のはたまたま対応してました → REGZA 42Z8000)
パッケージにもデカデカと自慢げに表示してある通り、日本製。気分の問題ですが、実は重要。

私が感じたのは↑の3つくらいで、悪いと思われる点は価格的に高い!くらいです。(ショップによっては27,980円もします)
S型番の前モデル、BDR-S06J からの変更点は結構あり、今回公式サイトに詳しく載っています。BDR-S07J専用FAQ


Pioneer BDR-S07J-KR
Pioneer BDR-S07J-KR
相変わらずパッケージが封印されていません。
万一ショップ側に悪意があれば 開封品(中古品)を新品として発売可能 なのはなんとかしてほしいところです。
あとデザイン的にそろそろ飽きてきたので、次モデルでは新デザイン希望。
- 公式サイト -
ファームウェアダウンロード(Pioneer)
ファームウェアダウンロード(ST-Trade)
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp
アキバ総研
Firmware HQ




■製品ラベル、基板等


買う前からわかっていましたが、日本製です。「S型番」のリテールなので、ハニカム構造なのもいつも通り。
発売開始日は2012年3月8日ですが、製造は2012年1月。なぜ発売が遅れたか?は不明です。


イジェクトホール、LED、開閉ボタンの位置はバルク版と同じです。
↑の画像だとイジェクトホールがつぶれて見えませんが、バルク版と同じ位置にあります。


拡大
参考比較用(BDR-207MBK)
R8J32740FP44
基板の番号はバルク版と同じでした。
(バルク版と)同じ設計ということでよさそうです。




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
毎度のことですが、"BDR-S07J" とかではなく、バルクと同じで "BDR-207M" です。
初期ファームは1.20で、すでに公開されているバルク版最新のと同じです。(2012年3月時点)
- おなじみのFAQ -
Q,ファームアップしたら、 "BDR-S07J" から "BDR-207M" に変わってしまいました。(ToT)
A.本当に変わりましたか?最初から "BDR-207M" のはずですが・・・


DVRFlash 2.7.7
Kernel type は "ID43" (バルク版の BDR-207MBK は "GENERAL")
"ID43" というのは、BDR-S06J 等と同じです。




■パイオニアドライブユーティリティー

リテールはこれが使えることが売りになってます。
S06J より項目が増えて一見凄そうですが、私の使用用途ではすべて不要でした。
(というか、デフォルト設定が一番使いやすいです)


↑の 「ディスク/ドライブ情報」 をクリックすると、
たったこれだけ!
せめてManufacturer ID、サポート書き込み速度くらいは表示して欲しいところです。
DVD Identifier とかの方が全然良いです。
というか、
ローディング中のディスクの種類などを確認できる「ディスクステイタス」機能、ドライブの状態を確認できる「ドライブステイタス」機能
というのはこれのことでいいんですよね?(ドライブの状態、というのがどこにもないような・・・)




■BDR-S07J 発売時(2012年3月)の BD-Rメディア事情

以前はいろいろ書くことがあったのですが、Panasonoc 1択なため、あまり書くことがありません。

Verbatim(三菱)が事実上撤退(自社IDからこっそりOEMに切り替え)、SONYはおみくじメディア化のため、1層BD-RはPanasonic 1択。2層BD-Rも同じような理由でPanasonic 1択。
3層BD-Rは高すぎて普段使うものではない。(1枚3500円以上)
発表から1年半以上も経過してますが、4層BD-Rは未販売。(2012年3月時点)
「使う」「使わない」以前に「買えない」

ということで、1層BD-R、2層BD-RともPanasonicにしておけば問題ありませんが、1層4倍速に関してはインド製がかなり増えてきました。
個人的な行動範囲で確認したのは以下の通り。

2012年3月時点でのPanasonic 1層4倍速BD-R
インド製未確認 インド製確認済 インド製確認済 インド製未確認 インド製未確認
LM-BRS25LT50 LM-BR25LT10 LM-BR25LT20 LM-BR25L10A LM-BR25L10W

基本日本製狙いですが、たまにインド製の方が低Jitterになることがあるので、私の中ではインド製の印象は以前よりはよくはなってきました。とは言え、日本製があれば日本製を買いますが。
その他、LTHの欠点を理解して使うなら、太陽誘電やVictorも有り。




■DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer

少し前に試しています。こちら を参照。
一応 BDR-S07J でも試しましたが、特に問題なくBDビデオの作成はできています。(地デジ2時間の番組で、約45分で作成完了)
MKB_RW.inf は "V15" でした。


PC用モニタはREGZA 42Z8000で、REGZAの操作でBDビデオ作成中・・・
「USB → LAN-S YSS」 というのはPrintScreenできないので、デジカメ撮影です。
「YSS」 のところは、DiXiM BD Burnerインストール時、自由に入力できます。


転送が遅いこともあって頻繁にディスク化するなら不向きですが、「基本見て消しで、もしかしたらたまにはディスク化するかも?」 という場合には便利なことは便利です。(編集が一切できなかったり、AACS勝手につけられたり、最初にネット接続が必要だったりと不満なところはありますが)




■ImgBurn 2.5.6.0 での動作

まず問題ないと思いますが、念のため確認。BD-R、DVD-R共に正常動作します。
通常の書き込みはImgBurnで。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-206MBK
firm 1.04
Pioneer
BDR-207MBK
firm 1.10
Pioneer
BDR-S07J
firm 1.20
TDK
4倍速BD-R XL(3層)
ブランク 31秒 22秒 22秒
記録済み 32秒 24秒 24秒
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 20秒 15秒 14秒
記録済み 19秒 16秒 16秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 23秒 18秒 17秒
記録済み 22秒 18秒 17秒
BD-Video(1層) - 13秒 9秒 9秒
BD-Video(2層) - 17秒 12秒 11秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 23秒 18秒 19秒
記録済み 15秒 12秒 12秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-207M
メインチップ RENESAS
R8J32740FP44
購入時ファームウェア 1.20
検証時ファームウェア 1.20
製造国表示 JAPAN
5V定格 1.4A
12V定格 1.1A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
未調査
Exact Audio Copy での
Write samples offset
未調査
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
未調査
Partial MKB Version 不明
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S07J-KR トップ 他ドライブとのBD-Rエラー比較 ユーティリティを使用してのBD-R記録 各種BD-Rエラーチェック