CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S07J-KR トップ 他ドライブとのBD-Rエラー比較 ユーティリティを使用してのBD-R記録 各種BD-Rエラーチェック


ユーティリティを使用してのBD-R記録
BD-R書き込みに関するユーティリティが付属しているので、それを実際に試してみたいと思います。
使用するBD-RはPanasonic 1層6倍速品です。
計測条件
書き込みソフト Nero DiscSpeed 5.4.24.100 ※Opti Drive Control での高速書き込みは安定しないため、DiscSpeed を使用
LDC/BIS 計測 Opti Drive Control 1.50 + LITE-ON iHBS212
Jitter計測 PlexUTILITIES 1.31 + PLEXTOR PX-B950SA


■パイオニアドライブユーティリティー設定画面

デフォルトの設定

いろいろ設定できるように見えますが、BD-R書き込み品位に役立ちそうなのは 「最適倍速記録機能」 くらいしかなさそうなので、これの設定を以下の順で一通り試してみます。

 @「OFF」
 A「記録品質重視モードON」 → 品質的に一番?
 B「ディスク記録面重視モードON」 → フルCLVで、見た目の段々ムラ防止?




Panasonic 6倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:MEI-RA1-001]
LM-BR25MT10
日本製
ビックカメラ大宮店にて
2012年3月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [RA1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [February 2008]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
まずは 「最適倍速記録機能 = OFF」 の条件です。
普通の12倍速書き込みで、書き込み自体は予定通り問題なく完了。Opti Drive Control のエラーグラフは特に気になるところはありませんが、PlexUTILITIES の Jitter グラフを見ると見事なノコギリ状態になっていて、少し嫌な感じになりました。
全体的には特別悪くはないということでよさそうです。
@最適倍速記録機能 = OFF
PLEXTOR PX-B950SA計測 (Jitter)
LITE-ON iHBS212計測 (LDC,BIS)





Panasonic 6倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:MEI-RA1-001]
LM-BR25MT10
日本製
ビックカメラ大宮店にて
2012年3月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [RA1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [February 2008]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
次に、「最適倍速記録機能 = 最適倍速記録機能」 のときです。
12倍速指定ですが、自動的に減速されてMAX10倍速のP-CAV方式になりました。
これが最も高品位な書き込みになる・・・ということになると思いますが、実際は "LDC" "BIS" "Jitter" のいずれも悪くなりました。こういうのは割と良くあること だと思うので、あまり気にしないことにしておきます。(特別役に立つ機能ではなさそうということで)
A最適倍速記録機能 = 最適倍速記録機能
PLEXTOR PX-B950SA計測 (Jitter)
LITE-ON iHBS212計測 (LDC,BIS)





Panasonic 6倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:MEI-RA1-001]
LM-BR25MT10
日本製
ビックカメラ大宮店にて
2012年3月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [RA1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [February 2008]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
最後に 「最適倍速記録機能 = ディスク記録面重視モードON」 のときです。
12倍速指定ですが、4倍速フルCLV書き込みになりました。(最後の方で妙な減速しているエリアはありますが)
単に4倍速の書き込みをしているようなので、ライティングソフトで速度指定が可能な場合は、このモードは特に必要ないと思われます。
Jitterの安定度は、やはりフルCLV書き込みが有利なようで、CAV書き込み時のような気になる乱れは少ないです。
結論としては、「最適倍速記録機能」 はなくても問題なし、(バルクでも困らない)ということで。
B最適倍速記録機能 = ディスク記録面重視モードON
PLEXTOR PX-B950SA計測 (Jitter)
LITE-ON iHBS212計測 (LDC,BIS)


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S07J-KR トップ 他ドライブとのBD-Rエラー比較 ユーティリティを使用してのBD-R記録 各種BD-Rエラーチェック