CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S09J-BK トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク ライトアンドベリファイモード


■Pioneer BDR-S09J-BK - 2014年3月16日更新 - 

メインで使用しているPCに5インチドライブを取り付けることができないため、もう5インチドライブを買うことはないか?とも思ってましたが、BD-R 6倍速CLV書き込みが可能らしいのと、「ライトアンドベリファイモード」 が気になるので久々に買ってきました。

今回は日本製が中国製になったり、ホワイトベゼルとラバーブラックがなくなったり、DiXiM BD Burnerが付属しなくなったりと、全体的に事業縮小の感が否めないのが気になるところですが、いつも通り検証してみます。


Pioneer BDR-S09J-BK
Pioneer BDR-S09J-BK
スルーしそうなところでしたが、物欲ギリギリのラインでめでたく購入となりました。
AKIBA PC Hotline! (1)
AKIBA PC Hotline! (2)
ASCII.jp
公式サイト
プレスリリース
ファームウェアチェックページ
メディア対応表

BD-R 16倍速対応だが、15倍速からの速度アップはわずか2秒程度なので、16倍速の速度的なメリットは無視してよいレベル。
公式サイトでも、16倍速という速度はあまり売りにしていないようです。
うちで試す限り、BD-R 6倍速CLV書き込みは、S08Jの6倍速P-CAV書き込みより遅いという逆転現象が起きている。CLVに気分的なメリットを感じないのなら、6倍速CLV書き込み自体が実は不要という説もあり。
※S08Jでなく、S09JのP-CAV書き込みと比べても遅いです。詳しくは ベンチマーク のページを参照。
4倍速BD-Rへの6倍速CLV書き込みはどうやらできず、6倍速CLV書き込みは6倍速BD-Rを使う必要あるっぽい。(確認したのはPanasonic 6倍速BD-R、SONY 6倍速BD-R、 Panasonic 4倍速BD-R)
BD-R 6倍速CLV書き込みを行うにはユーティリティで設定をする必要があるので、BDR-209XJBK や BDR-209JBK では対応できない。(はず)
ライトアンドベリファイモードが確かに速く、これは使えそう。
各種メディアのマウント時間が(S08Jと比べて)明らかに速くなっている。詳しくはこのページの下の方を参照。
SONYの3層BD-REはマウントできない。(初期ファーム1.10時)
DiXiM BD Burner が付属していない。本来この手のソフトが必要とされる状況は好ましくないと私は思っていますが(地デジはコピーフリーにした方がいいと思う) 現実問題、たまにディスク化したいときは便利なソフトので、付属しなくなってしまったのは残念。
※録画してディスク化を頻繁に行うなら、レコーダーの方がよいです。DiXiM BD Burner は編集とかチャプター打ちとかができません。
※ただしレコーダーは高いため、やはりたまにしかディスク化しないなら DiXiM BD Burner は便利。

気になるのは売りの6倍速CLV書き込み速度が遅いことで、6倍速P-CAVより遅いという、考えにくい結果になってます。6倍速CLV書き込みは4倍速メディアへは対応されていないこともあり、この機能はあまり期待しないほうがいいかもしれません。

DiXiM BD Burner が欲しいなら、S08Jが残っている間に買ったほうがよいと思われます。過去の例から、思ったより早くなくなる可能性が高いです。
そうでなければ、(中国製に抵抗がなければ)S09Jがよさそうな気がします。マウントが鬼のように速く(プレスBD-ROMは、トレイが閉まる動作も含めてたったの5秒でマウント)
ライトアンドベリファイモードも使い方によっては役に立ちそうです。




■検証時PC環境

エラー計測ドライブを LITE-ON iHBS212 から PLEXTOR PX-B950SA に変更しています。(iHBS212の動作が少し怪しくなってきたので)

 マザーボード OS CPU クーラー ASRock Z77E-ITX Windows 8.1 Pro 64bit DSP版 Core i7-3770T Cooler Master Hyper TX3 EVO
 メモリ グラフィック Crucial CT2KIT51264BA160B HD4000(CPU内蔵)
 SATA3 6.0 Gb/s PLEXTOR PX-128M2P
 SATA3 6.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 今回購入
Pioneer BDR-S09J-BK
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 参考比較用
Pioneer BDR-S08J-KR
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 HL-DT-ST BH16NS48
 eSATA 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 エラー計測用
PLEXTOR PX-B950SA
 mSATA 3.0 Gb/s Crucial m4 msata 256GB
 ディスプレイ ケース 電源 37ZP3 InWin IW-EC022 玄人志向 KRPW-PT500W/92+




■開封余裕

いつも通りですが、箱が封印されていません。そのため、(これもいつも通りですが) 何食わぬ顔でさらされて ます。外箱に製造国表記がないことから、今後も開封されてしまう可能性があり(客が製造国を見たいと店員に要求する等)
買うときはいろいろと要注意です。

いつも通りで一安心?(ヤケクソ)




■製品ラベル、基板等

2014年1月製で、残念ながら中国製でした。
12V = 2.2A 5V = 1.4A というのは、S08J と同じです。



拡大
参考比較用(BDR-S08J)
見にくいですが、
"R8J32740F"
と書いてあるように見えます。
S08J と基板番号が同じですね。




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
初期ファームは1.10で、日付は2013年10月15日。(発売開始は2014年3月13〜14日)
バルクの初期ファームも1.10のようなので、そこから変わっていないです
シリアルがケースの番号と一致しているのはいつも通りです。





DVRFlash 2.7.7 ※情報取得のみに使用
管理者コマンドプロントで、
DVRFlash -v X:
(X: のところはドライブレター)
過去のPioneerドライブの Kernel type をまとめると以下の通りです。(個人的に買ったもののみ)

BDR-S09J : ID43
BDR-XD05W : ID69
BDR-XS05J : ID69
BDR-XD04J (R,W含む) ※国内パッケージ : ID69
BDR-XD04 ※海外パッケージ : GENERAL
BDR-XU02J : GENERAL
BDR-TD05 (Logitec LBD-PME6U3VBK) : GENERAL
BDR-208XJBK : GENERAL
BDR-208JBK : ID58
BDR-S08J : ID43
BDR-207MBK : GENERAL
BDR-207JBK : ID58
BDR-S07J : ID43





Pioneer BD Drive Utility 要メーカーホームページよりダウンロード
↑はデフォルトの状態。
ディスク記録面重視モード(高速)を有効にすることで、BD-R フルCLV6倍速書き込みが可能になります。




■EACで設定するオフセット値 2014年12月28日追記

Read sample offset
PX-760Aで作成したディスクを使用しています。

上記含めたその他の値は以下の通り。

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
+637 +30 +667




■BDR-S09J-BK 発売時(2014年3月)の BD-Rメディア事情

BDR-XD05W のときとあまり変わっていないです。(一部 BDR-XD05W のページのコピペ)
SONY製の3層BD-RE XLメディアが2013年11月に登場しており、本ドライブは2014年3月発売ですが、なんとこれがマウントできません。

BNE3VBPJ2

マウントできない理由はファームの日付が2013年10月と古いためと思われますが、ファームで対応されるまではこのメディアは買わないように要注意。

【2016年4月24日追記】
その後のファームウェアアップデートで、普通に使えるようになっています。



TDKブランドの4倍速2層BD-Rですが、中国製はほとんど見かけなくなり、台湾製になりつつあるようです。

BRV50HCPWB5A

BDR-XD05W のページでも書きましたが、これの中身が6倍速CMCである点に注意。Panasonicの2層BD-Rが普通に売っているので、このメディアを買うことはないのですが、6倍速メディアを4倍速表記で売るのはいろいろと嫌な感じがします

あとは台湾製Panasonic(中身はRiTEK)や誘電LTHを見かけなくなってきました。(誘電はこのまま自社製は終了でしょうか?)
いろいろ書きましたが、「BD-Rは日本製Panasonic」 というのには変わりはありません。




■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

いつも通りですが、BD-R、DVD-R共に普通に動作します。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアをセットし、カバーを閉めたら時間を計測開始。

全体的に BDR-S08J より速いです。記録済み2層BD-Rは5秒もの差があります。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-09J
firm 1.10
Pioneer
BDR-S08J
firm 1.30
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 11秒 14秒
記録済み 10秒 13秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 14秒 17秒
記録済み 10秒 15秒
BD-Video(1層) - 5秒 8秒
BD-Video(2層) - 6秒 9秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 15秒 17秒
記録済み 9秒 11秒




■マウントの速さがわかる動画

Opti Drive Control 1.70 のバグに、プレスBD-ROMをいつまでもマウントしよう?とするバグがありますが、これを利用して S09J のマウントの速さを確かめることができます。

最初に S08J その後 S09J です
見ての通り、S09J は異様に速いです。


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S09J-BK トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク ライトアンドベリファイモード