CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S11J-BK トップ 各種BD-Rエラーチェック BDXL


■Pioneer BDR-S11J-BK - 2017年7月2日更新 - 

Ultra HD Blu-ray再生対応ドライブです。早速再生検証を・・・といきたいところですが、条件があまりにも厳しすぎます。
※注:2017年7月時点
今回ドライブ購入に合わせてPC環境を更新しましたが、マザーボードがUltra HD Blu-ray再生に非対応なことは承知の上で ASRock H270 PRO4 を購入しています。なぜ非対応のを購入したか?ですが、Z系マザーボードはあまりいい思い出がなく、H系マザーボードの方がよかったからです。
H系マザーボードはどれもUHD BD非対応と思いますが(2017年7月時点)4Kディスプレの購入予定が当分ないというのもあります。
再生条件に関してはCyberLinkのページに比較的わかりやすくまとめられていますが、要約すると

Ultra HD Blu-rayの再生には、専用の再生機の購入をお勧めします

といったことが遠回しに書かれています。
2017年7月上旬時点で対応マザーボードが5枚しか掲載されていなかったり、Kaby Lake i5以上必須だったり、HDCP 2.2対応が必須だったり、

IntelSoftware Guard Extensions (Intel SGX) が BIOS の設定 で有効になり、Intel SGX が 128 MB 以上のメモリーに設定されていることを確認します(メモリー オプションが設定可能な場合)

などという、最上級のPCヲタでさえも一瞬首をかしげそうな注意書きがあったり・・・はまだギリギリ許容できます。

ですが、増設したビデオカードからの出力はNG というのはさすがにやりすぎで、もうこうなると4Kのコンテンツを見て欲しいのか?高度なセキュリティ技術を自慢するために売ろうとしているのか?わからなくなります。

徐々に良くなっていくのかもしれませんが、2017年7月時点ではPCでまともに見られる状況ではなさそうです。
ドライブ登場直後はもっと悲惨な状況だったようです。インプレスでよい感じにまとめられて います。



一応確認してみました
マザーボード ASRock H270M PRO4 (UHD BD非対応なのを承知の上で購入)
CPU Core i5-7500
ディスプレイ ASUS VC239H (大分前に買った普通のFHDディスプレイです)
OS Windows10 Pro 64bit (各種ドライバは検証時点で最新)
マザーボードを "ASRock Fatal1ty Z270 Gaming-ITX/ac" あたりに交換して、
対応するディスプレイ(テレビ)を購入、ケーブルも対応のものに交換すれば
いけるはずですが、今のところ環境をすべて揃える予定はありません。


ベンチマーク
再生できなくても、グラフは取得できました。
内周→外周→内周→外周 と読んでいるようです。
















・・・・・で終了だとあれなので、基本情報や少しだけエラーチェックをやったので、その辺をいつも通り載せておきます。

Pioneer BDR-S11J-BK
S09Jが最後か?とも思ってましたが、Ultra HD Blu-ray対応ということで無事発売されました。
ですが最近はBDの使用用途がほとんどなく、検証用でいじったらそのまま放置になりそうです。
今回OSをWindows10にしたことで、DiXiM BD Burner 2013も使用不可になり、BDの使用機会がさらに減りました。
あといつものように開封余裕なので、買うショップには要注意です。
- 公式サイト -
ファームウェアチェックページ
ユーティリティダウンロードページ
メディア対応表
AKIBA PC Hotline! (開封余裕!)
ASCII.jp (開封余裕!)
アキバ総研
エルミタージュ秋葉原 (開封余裕!)
(参考リンク)PCで4K&HDRなUltra HD Blu-rayを観てみよう

一応書いておきますが、私は 開封余裕の被害者 です。(開封品をつかまされた時のなんとも言えない怒りと脱力感)
今回は "X" のみ開封のようですが。




検証用PC環境が久々に変わりました。

以前の環境 今回の環境
ASRock H77M-ITX ASRock H270 PRO4
Core i3 3225 Core i5 7500
Windows 8.1 Pro 64bit Windows 10 Pro 64bit




■製品ラベル、基板等

製品ラベル
発売は2017年2月中旬、購入は2017年6月中旬で、製造は2017年4月でした。
買ったのはさいたま新都心駅前のヨドバシ店頭ですが、思ったよりは売れているようです。
中国製なのは事前情報通りです。


カバーを開けたところ
S09Jとあまり変わらないっぽいです。


メイン基板拡大
やはりS09Jとあまり変わらないように見えます。


RENESAS R8J32740FP42
予想通りです。




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
ファームは最初から "1.02" が搭載されていました。
シリアルはいつものように製品ラベルの数値と一致しています。


DVRFlash 2.7.7 ※情報取得のみに使用

管理者コマンドプロントで、
DVRFlash -v X:
(X: のところはドライブレター)
予想通りですが、"ID43" でした。
過去のPioneerドライブの Kernel type をまとめると以下の通りです。(個人的に買ったもののみ)

Pioneer BDR-S11J-BK ← 今回購入 : ID43
Pioneer BDR-UD03 (I-O DATA BRP-UT6SW) : GENERAL
BDR-XD05R2 : ID35
BDR-S09J : ID43
BDR-XD05W : ID69
BDR-XS05J : ID69
BDR-XD04J (R,W含む) ※国内パッケージ : ID69
BDR-XD04 ※海外パッケージ : GENERAL
BDR-XU02J : GENERAL
BDR-TD05 (Logitec LBD-PME6U3VBK) : GENERAL
BDR-208XJBK : GENERAL
BDR-208JBK : ID58
BDR-S08J : ID43
BDR-207MBK : GENERAL
BDR-207JBK : ID58
BDR-S07J : ID43




■EACで設定するオフセット値

Read sample offset
いつも通りです。


Combined read/write sample offset
同じく、いつも通りです。

まとめると以下の通りです。(繰り返しになりますが)いつも通りです。

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
+637 +30 +667

その他のドライブのデータは こちら




■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

これもいつも通りです。CD-R、DVD-R,、BD-Rいずれも動作します。(↑はBD-R)


Opti Drive Control 等でグラフ化可能
最後は減速していますが、書き込み自体は問題なく完了。

「いつも通り」 とばかり書いてますが、全体的に BDR-S09J とあまり変わっていないということでよさそうです。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアをセットし、カバーを閉めたら(トレイを閉じたら)時間を計測開始。


全体的には BDR-S11J の方が早いです。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-S11J-BK
F/W 1.02
LG Electronics
WH16NS48DQ
F/W TST4
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 11秒 15秒
記録済み 9秒 16秒
Verbatim
4倍速BD-R(3層)
ブランク 16秒 18秒
記録済み 14秒 26秒
三菱化学
16倍速DVD-R
ブランク 17秒 11秒
記録済み 9秒 11秒
Verbatim
48倍速CD-R
ブランク 13秒 11秒
記録済み 10秒 11秒
BD(1層) - 5秒 12秒
BD(2層) - 5秒 16秒
UHD-BD(3層) - 7秒 20秒
DVD-Video(1層)
幻想遊戯映像録
- 8秒 10秒
DVD-Video(2層) - 9秒 12秒
音楽CD
幻想遊戯<眠>3
- 17秒 10秒


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-S11J-BK トップ 各種BD-Rエラーチェック BDXL