CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD04J トップ DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer 各種BD-Rエラーチェック


■Pioneer BDR-XD04J - 2012年2月26日更新 - 

WOWOW解約後、保存用にTV録画することは全くと言っていいほどなくなってしまい、レコーダー(SONY BDZ-AT700)も2ヶ月以上未使用状態。
その間 REGZA 42Z8000 の見て消し録画しかしていませんでしたが、1年に1〜2回くらいはディスク化したいことがあるかもしれないと思い、SONY BDZ-AT700 はなかなか外せずにいました。

そんなとき、BDR-S07J に付属の DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer なるものを知り、「これはいいかも?」 とか考えていたのですが、BDR-S07J が発売延期。
BDR-S07J 自体はバルク版をすでに購入済みだし、そもそもドライブ的には速度違反未許可の BDR-206MBK の方が好きだし・・・
ということで、珍しくソフト目当てで買ってきました。


Pioneer BDR-XD04J
Pioneer BDR-XD04J
まさかのスリムドライブ購入。
スリムBDドライブを買うのは、これが最後かもしれません。
(基本的に、フルCLV 4倍速で書き込みたいため)
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!



- 検証時PC環境 -
USB2.0対応品ですが、電源に余裕があるUSB3.0コネクタにケーブル1本で接続しています。
 マザーボード GIGABYTE GA-A75M-UD2H
 OS Windows 7 Professional 64bit SP1
 APU (CPU) AMD A8-3850
 CPUクーラー Cooler Master Hyper 212 Plus
 メモリ G.Skill F3-17000CL9D-8GBXM DDR3-2133 8GB
 ビデオカード CPUの内蔵GPU (HD6550D)
 LAN オンボード
 SSD PX-128M2P
 HDD HGST Travelstar 750GB 2.5inch
 ODD Pioneer BDR-207MBK
 ODD PLEXTOR PX-M950SA
 USB2.0 ODD LITE-ON iHBS212 + TIMELY ドライブケース OPTICAL-CASE525SATA
 USB2.0 ODD Pioneer BDR-XD04J
※USB3.0端子に、USB2.0ケーブル(給電なしタイプ)で接続
 ディスプレイ REGZA 42Z8000
 ケース SilverStone TEMJIN SST-TJ08B-E
 電源 Huntkey 絢風300




■製品ラベル、基板等

MADE IN CHINAで、2011年12月製。
シリアルはかなり若めの数値でした。(発売日より約1ヶ月遅れで購入)



メイン基板
USB2.0での接続が前提になってます。(SATA接続不可)基板内にUSB2.0変換チップらしきものがありました。
左上に見える銀色のコネクタはUSB2.0コネクタです。最初からポータブルUSB2.0用として基板設計しているようです。
これ とは別物ということになると思います。



主要搭載部品
BDR-207MBK と同じ "R8J32740FP44" が搭載されてました。
"MLDU01" というのは、USB2.0変換用です。こちら




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
初期ファームは "1.00" で、日付は2011年11月22日。(発売開始は2012年1月下旬)
シリアルは製品ラベルと一致してます。


DVRFlash 2.7.7
Kernel type は "ID69" というものでした。




■EACで設定するオフセット値 2014年12月28日追記

Read sample offset
PX-760Aで作成したディスクを使用しています。

上記含めたその他の値は以下の通り。

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
+637 +30 +667




■BD-R 4倍速の書き込み時間

Panasonic 4倍速BD-R
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
初速が約2.7倍速のP-CAVです。書き込みにかかる時間は24分12秒
通常のCLV書き込みでは23分弱なので、予想よりは速いです。



CMC 4倍速BD-R
[BD-R-SL:CMCMAG-BA3-000]
ただしメディアによってはZ-CLVになるようで、その場合5分ほど多く時間がかかります。




■ImgBurn 2.5.6.0 での動作

動かないドライブの方が少ないと思いますが、BD-R、DVD-R共に正常動作しました。
データ焼きにしか使わないのなら、Power2Goとかはインストール不要です。




■付属のユーティリティソフト

個人的にはどう見ても不要です。
デフォルトは↑の状態ですが、変更の必要はなし。




■各種ディスクのマウント時間 (手抜き)

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、(またはトレイを手で閉めてかr) "Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


BDR-XD04J のトレイは、パタンと手で閉めるタイプです。そのため他ドライブとは直接比較はできませんが、参考比較用に他ドライブの数値も載せています。
他ドライブと比較するには、BDR-XD04J の数値にプラス1〜2秒くらい足すくらいでちょうどいいかと思います。


ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-206MBK
firm 1.04
Pioneer
BDR-207MBK
firm 1.10
Pioneer
BDR-XD04J
firm 1.00
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 20秒 15秒 14秒
記録済み 19秒 16秒 17秒
BD-Video(1層) - 13秒 9秒 11秒
BD-Video(2層) - 17秒 12秒 13秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID PIONEER
プロダクトID BD-RW BDR-XD04
メインチップ RENESAS
R8J32740FP44
購入時ファームウェア 1.00
検証時ファームウェア 1.00
製造国表示 China
5V定格 -
12V定格 -
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
未調査
Exact Audio Copy での
Write samples offset
未調査
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
未調査
Partial MKB Version 不明
トレイの色 -
搭載バッファ容量 4MB


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD04J トップ DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer 各種BD-Rエラーチェック