CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD04J トップ DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer 各種BD-Rエラーチェック


■DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer

本ドライブに付属されている DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer を実際に試してみたいと思います。
主な環境は以下の通り。

使用TV REGZA 42Z8000
OS Windows7 Professional 64bit SP1
接続等 PC、TV(REGZA)ともオフラインで、PCとTV(REGZA)をストレートLANケーブルで直結

手順としては、REGZA 42Z8000に接続してあるUSB HDDにまず録画をし、それを DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer でBD化する、という流れになります。(一旦REGZAに繋いであるUSB HDDに録画する必要有り)


まずは BDR-XD04J を接続しないで起動してみます。
ドライブは試しにPioneer以外の PLEXTOR PX-B950SA を選択。



書き込み設定。速度指定はできないようです。



「鍵情報」と言われてもなにそれ?と思う人が99.9%以上だと思いますが、要はネットに繋げ、ということです。
(この時点では、あえてネットに繋いでいません)
そこで一時的にネットに接続。
DTCP-IP取得後はネットから切り離し、PCとREGZAをストレートLANケーブルで直結します。



さてこれで準備完了か!?と思いきや、↑のように言われてしまいました。
(ドライブにはPanasonic 4倍速1層BD-Rをセット済みです)
※後で再確認したところ、PX-B950SAでもディスクの認識は可能でした。
ただし、フォーマットの最後の作業でなぜかエラーとなってしまいます。



そこでドライブを Pioneer BDR-207MBK に変更。今度は大丈夫そうです。
※BDR-XD04Jでも問題がないことを確認しています。



フォーマット完了。これでPC側の準備は整いました。
(フォーマットにかかる時間は、約1分)



ここでREGZA側を操作します。一番上の仰天ニュースを選択して、ダビング操作を開始。
(複数同時転送もできますが、とりあえず1個選択で)



書き込み中・・・・・
ドライブのアクセスランプは最初から点滅していたので、転送しつつ書き込みしているっぽいです。



特に何事もなく、無事完了しました。完了までにかかった時間は約24分。



その後追記も行ってみましたが、普通に問題なく可能でした。





■動作確認等々

PanasonicのBDプレイヤー DMP-BDT110-K にて再生確認。問題ありません。
ただし、42Z8000はチャプター打ちができないので、スキップ再生とかは無理ですが。



DVDInfoPro XTREME での情報。なんかPixelaっぽいです。



MKB_RW.inf
V15でした。



なぜか開始位置がおかしいですが、こんな感じになりました。
転送と書き込みを同時に行っているためか、エラーが密集しているようにも見えます。
※UDF2.6なので、未記録エリアは真っ赤になります。

あと気になるのはAACS関連ですが、これを除去できるか?できないか?というと、できることを確認してます。やり方は少し調べれば誰にもわかります。
非常に簡単に除去できてしまうのに、なぜ意味のないAACSとかをつけるのかと・・・(以下略)
そもそもこの手のソフトは本来は不要であるべきですよね。そんなもの普通にファイルコピーさせてくれろよと。日本では無料放送にプロテクトかけるという、奇妙な文化がすっかり定着してきているので、どうしてもこの手のソフトにありがたみを感じてしまうのですが。

最後少し不満っぽいことも書きましたが、年に数回しかBD-Rに記録しないなら、これは結構よさそうな感じです。ただし編集とかはできないので、その点には注意。
あとDiXiM BD Burnerの通常版はDVD-Rでも使えるそうですが、Pioneer版はDVD-Rは使えないです。(個人的にはDVD-Rはもう使っていないので、問題はなし)


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD04J トップ DiXiM BD Burner 2011 for Pioneer 各種BD-Rエラーチェック