CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD05R2 トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック
BD関係のベンチマーク DVD関係のベンチマーク CD関係のベンチマーク ライトアンドベリファイ


■Pioneer BDR-XD05R2 - 2016年1月31日更新 - 

相変わらずここ最近はBDドライブを使うことがあまりありませんが、長らく使用してきたniftyの@homepageが2016年9月でサービス終了。ホームページを移転して内容を整理していたら少し物欲が出てきたので、久々にBDドライブを購入してきました。

Pioneer BDR-XD05R2
BDR-XD05R2
ドライブ本体は撮影時にどうしても反射してしまうため、箱のみ撮影。
- 公式サイト -
ファームウェアチェックページ

以前はOSインストール時に光学ドライブがないと不便でしたが、Windows8.1やWindows10のインストール時は、USBメモリを使用してインストールメディアを作成するのが主流になってきています。BD-R、DVD-Rメディアへの作成もできますが、USBメモリの方が扱いが圧倒的に楽です。
さらにWindows10は定期的にバージョンアップするようで、DSP版に付属のディスク、パッケージ版に付属のUSBメモリとも購入して少しすると使わなくなります。 → 光学ドライブが不要に。

ポータブルHDDも安くなってきていて、USB3.0ならケーブル1本で動作可能。TOSHIBAやWDのポータブルHDDに付属のUSB3.0ケーブルは、本ドライブのように2又ではなく、1本タイプで扱いやすいです。※注:本ドライブもUSBケーブル1本で動作しますが

そんなこともあり、光学ドライブの重要性はますます低下してきました。個人的にはたまに重要なファイルのバックアップと、DiXiM BD Burner 2013 用に使うくらいで、月に2枚程度です。

さらに、

TDK(イメーション)、太陽誘電、Victorがメディア事業から撤退。
4層BD-Rは対応ドライブが発売されてから5年以上経過しても、市場に流通はなし。発売前に自然消滅状態。(2016年1月現在)
3層BD-Rはショップで全く見かけず、Amazonで売ってる三菱を買うしかない状況。(2016年1月現在)
"ULTRA HD BLU-RAY" なるものが予定されているようですが、ROMのみっぽい?
4K放送は録画させないという、最終的に全員が損するであろうシステムで進行中っぽい。

・・・・・等々いい要素がありませんが、光学ドライブはないと結構困ることに変わりなく、HDDと違って機械部品がないのはやはり利点になります。


気になる情報
多分あまり知られていません USB3.0機器を繋ぎっぱなしのときは、念のため注意



 【主なPC環境】
 ○ASRock H77M-ITX
 ○Core i3 3225
 ○Windows 8.1 Pro 64bit
 ○CoolerMaster USB3.0アダプター RA-USB-3035-JP を使用して、ピンヘッダに接続




■製品ラベル、基板等

本ドライブの発売は2014年10月ですが、購入したのは2016年1月です。
そして、製品ラベルの製造月は2015年1月。どうやらあまり売れていないっぽいです。
中国製なのはいつも通りです。


裏面カバーを開けたところ。
予想はつきますが、BDR-XD05W と同設計ということでいいと思います。


シルク部拡大(1)


シルク部拡大(2)


メイン基板裏面。"RENESAS R8J32740FP42" です。(BDR-XD05W と同じです)




■付属のUSB3.0ケーブル

Aコネクタ - マイクロBコネクタで、ダブル給電タイプです。
長さはいつも通り40cm




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
認識は BDR-XD05W と同じで、"BDR-XD05" です。
ファームが3.00という高めの数値なので、どうやらファームで差別化しているようです。
また、発売後1度もファームは公開されていません。(2016年1月時点)
シリアルはケースの番号と一致しています。(いつも通り)





DVRFlash 2.7.7 ※情報取得のみに使用
管理者コマンドプロントで、
DVRFlash -v X:
(X: のところはドライブレター)
過去のPioneerドライブの Kernel type をまとめると以下の通りです。(個人的に買ったもののみ)
本ドライブは "ID35" で、これは(個人的に買ったのでは)初めての数値でした。

BDR-XD05R2 ← 今回購入 : ID35
BDR-S09J : ID43
BDR-XD05W : ID69
BDR-XS05J : ID69
BDR-XD04J (R,W含む) ※国内パッケージ : ID69
BDR-XD04 ※海外パッケージ : GENERAL
BDR-XU02J : GENERAL
BDR-TD05 (Logitec LBD-PME6U3VBK) : GENERAL
BDR-208XJBK : GENERAL
BDR-208JBK : ID58
BDR-S08J : ID43
BDR-207MBK : GENERAL
BDR-207JBK : ID58
BDR-S07J : ID43



Pioneer BD Drive Utility 要メーカーホームページよりダウンロード
ユーティリティ自体は BDR-XD05J(2ではない)と共通です。
普通に使う分には、↑のデフォルトのままでいいと思われます。




■付属ソフト

付属のアプリケーションディスク
基本的にあまりインストールしたくないので、ここでストップ。
Windows10対応状況




■EACで設定するオフセット値

Read sample offset
PX-760Aで作成したディスクを使用しています。
(このデータを取得するには、旧PLEXTORドライブを使用しないと無理と思われます)

上記含めたその他の値は以下の通りです。(個人的に購入したPioneerのBDドライブはすべてこの数値です)

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
+637 +30 +667

なお、上記の数値の意味がわからなくても全く気にする必要はありません。(本当に細かいレベルの話なので)
その他のドライブのデータは こちら




■2016年1月のBD-Rメディア事情

TDK(イメーション)、太陽誘電、Victorが撤退したことで、主要なところでは、Panasonic、SONY、Verbatim(三菱)の3メーカーになりました。(あと一応maxell)
ただ、2016年1月時点でPanasonicが非常に品薄で、その辺気になるところもありますが。

今回ドライブ購入に合わせて久々にSONY BD-Rを買いましたが、6倍速は自社製(またはODM)で、4倍速はRiTEKでした。数年前の状況と変わりありません。
インド製というのもあるようです → Amazonのレビュー

【2016年2月20日追記】
SONY 6倍速で中身がRiTEKのものを確認。SONY 6倍速は指名買いする価値がなくなりました。


2016年1月に購入した各種SONY BD-R
6倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R
台湾製 台湾製 台湾製
5BNR1VGPS6 5BNR1VGS4 5BNR1VHCS4
Manufacturer ID
SONY-NN3-002
Manufacturer ID
RITEK-BR2-000
Manufacturer ID
RITEK-BR2-000



BD-R XLが極度の品薄です。TDKが生産していないことから、店頭では全く見かけなくなりました。
AmazonではVerbatimのが買えますが、店頭では見かけません。(秋葉原、大宮、さいたま新都心周辺)
BD-RE XLはPanasonic製がほぼ消滅し、SONYのみになりました。

ということで、3層BD-R/REはそれぞれ1択状態です。

【追記】
3層BD-RのM-DISCタイプのメディアが発売されました。
M-DISC情報ページ

3層BD-R 3層BD-RE
日本製 日本製
Verbatim VBR520YP5V1 SONY BNE3VCPJ2
Manufacturer ID
VERBAT-IMk-000
Manufacturer ID
SONY-ET2-002

Pioneer公式のメディア対応表 にはManufacturer ID "PAN___RC4" なるPanasonic自社製メディアがあるのですが、残念ながら入手できずに終わりそうです。

初のBDXL対応ドライブ "BDR-206MBK" の登場から5年以上も経過していますが、4層のBD-Rは相変わらず売っていません。(2016年1月時点)
やはり4層BD-Rはなかったことにされてしまうんでしょうか?
掲示板で頂いた情報によると、これ を殻割りすればいいらしく、入手できないことはなさそうなのですが。(いろいろと難易度が高すぎる・・・)

ゆーでんマニアさんの情報を元に掲載させて頂いてます
情報提供ありがとうございます
Unique Disc Identifier : [BD-R-4L:SONY-NQ1-001]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R 4L : Class 1 - Version 2]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NQ1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [4 Layers (L0-L3) : 880.45 GB (819.98 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [1,719,619,392 Sectors = 3,521.78 GB (3,279.91 GiB)]
Recording Speeds : [?x]
----------------------------------------------------------------------------



それ以外では、M-DISCが数社から出回っています。少し高いですが、今回のドライブ購入に合わせて買ってきました。

Verbatim
VBR130YMDP5V1
RiDATA
M-BDR25GB.PW5P
台湾製 台湾製
Manufacturer ID
MILLEN-MR1-000
Manufacturer ID
MILLEN-MR1-000

VerbatimブランドとRiDATAブランドが売っていましたが(ヨドバシカメラさいたま新都心駅前店)どちらも "MILLEN-MR1-000" で、中身は一緒のようです。
ここで作ってるっぽい

ただ、1枚600円以上もするので、このままだとあまり普及しないまま自然消滅しそうです。実際、Verbatimの方は梱包が紙のパッケージなのですが、箱に痛みがあり、売れている気配がありません。
あと、BD-RなのにDVD-Rコーナーに陳列さてれました。(2016年1月時点) ショップの扱いも雑な印象です。
1000年持つとか言ってますが・・・(汗)

また、海外では 3層のM-DISC も売っているようです。
国内でも予定はあるようです が、2016年1月時点では売っていません。

【2016年2月1日追記】
Verbatimの3層M-DISC発売開始されましたが、ヨドバシ.comで12,740円(5枚組)です。高過ぎなので購入見送り。
 → 買ってきました

【サイト内関連リンク】
M-DISCを茹でてみた



台湾製2層6倍速は、以前はCMCでしたが、RiTEKになってきているようです。
以下は2つもRiTEKでした。(あきばお〜で購入)

HDBD-RDL6X10SP GJBDL50-6X10PW
台湾製 台湾製
Manufacturer ID
RITEK-DR3-000
Manufacturer ID
RITEK-DR3-000



その他、詐欺メディアがあったので書いておきます。
あきばお〜で売られていたものですが、リーダーメディアテクノ B8-10Pは "8倍速BD-R" として売られています。
予想ではどうせRiTEKかCMCの6倍速BD-Rだろうと思ってましたが、これがなんと RiTEK製4倍速BD-R (RITEK-BR2-000)でした。
5インチドライブは速度違反がデフォになっているので、あまり実害はないかもしれませんが、本ドライブでは4倍速までしか選択できず、実害ありです。

詐欺メディア
リーダーメディアテクノ B8-10P
中身は "RITEK-BR2-000"です。本当の対応速度は4倍速 です。



あとこれは余談ですが、2016年1月5日付のPioneerの BDR-S09J のファーム更新履歴に以下のようなことが書かれています。

BD-R SL 16X記録サポート追加 (MKM製 6x Media)

2016年1月時点では、Verbatimの1層BD-RはCMCに置き換わっていると思います。
ファームが更新されるのはいいことなのですが、メディアが入手できず、意味ない気がしなくもないです。





■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

いつも通りです。BD-R、DVD-R共に普通に動作します。


Opti Drive Control 等でグラフ化可能
安定して動作していて、問題ありません。

余計なお世話かもしれませんが、ImgBurnはもしかしたらポータブル化しておいた方がいいかもしれません。




■パッケージ画像

画面クリックで拡大




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアをセットし、カバーを閉めたら時間を計測開始。


全体的に早めで、キビキビ動作する印象です。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 12秒
記録済み 14秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 15秒
記録済み 12秒
太陽誘電
16倍速DVD-R
ブランク 16秒
記録済み 10秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 14秒
記録済み 10秒
BD-Video(1層) - 8秒
BD-Video(2層) - 8秒
DVD-Video(1層) 9秒
DVD-Video(2層) - 10秒
音楽CD - 10秒


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD05R2 トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック
BD関係のベンチマーク DVD関係のベンチマーク CD関係のベンチマーク ライトアンドベリファイ