CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD05W トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク


■Pioneer BDR-XD05W - 2014年2月2日更新 - 

BDR-XD05* と BDR-209JBK が同時発売されましたが、5インチドライブの BDR-209JBK は買わず、ポータブルドライブの BDR-XD05W を買ってきました。なぜ5インチドライブを買わないか?ですが・・・・・

以前のPCだったら↓のような感じで、パソコンというとこんな感じのイメージを持つ人も多いと思います。このPCなら当然5インチドライブを買いますが、


徐々にPCの使用用途はネットONLYになってきて、光学ドライブを使う機会も減ってきました。そうなると↑のようなPCは過剰スペックです。各種ファンの音やHDDの動作音も気になります。
で、今はどうかというと、ケースは Antec ISK-110 VESA で、マザーボードはIvyBridge世代のモバイル向Celeron搭載品の GIGABYTE GA-C1037UN-EU (Celeron 1037U 1.8GHz) とかだったりします。
えーーー!Celeron 1.8GHz???とか言われそうですが、昔のCeleronとは全然違います。SSD & Windows8.1 ということもあり、ネット用途なら快適です。

東方輝針城面白いのでお勧め
普段使ってるPCはもうこんな感じですよ・・・ これでは5インチドライブは不要というか、取り付けができません。
PCの使用目的がネットのみで、ごっついPCを使っている人は思い切って↑のような感じにするのも面白いと思います。
コンパクトというだけでなく、CPUクーラーがファンレスのため、PCからは動作音がなにもしません。
FHD動画再生も問題なしで、通常使用はこれで必要十分です。(ただしYoutube 4K動画は無理ですが)
※検証用PCは別にあり、BDR-XD05Wはそちらに繋いで検証しています。
※最近はほとんど使いませんが、一応ゲーム用PCもあり、ゲームするときはそっちを使ってます。
ゲームといっても東方シューティング原作のみですが。

と、余計な話はさておき、Pioneerの BDR-XD04* の後継機種 BDR-XD05* が発売されました。全部で4パッケージ出てます。

型番 補足
 BDR-XD05J
 BDR-XD05BK  "J" と比べて付属ソフトが少ない & バージョン低い
 BDR-XD05W
 BDR-XD05R

"BK" "W" "R" は事前告知がなく、いきなり店頭に並びました。
また、今回は BDR-XD04 のときと違い"J"型番に DiXiM BD Burner が付属していません。そのため、"BK"型番との違いがなんとも中途半端なものになってしまってます。PowerProducerとかが不要なら、"BK" "W" "R" でよさそうです。


Pioneer BDR-XD05W
Pioneer BDR-XD05W
ほんとは赤がよかったのですが、私が行ったときはなかったので、白を選択。
デザイン的には BDR-XD04 と同じで、このデザインはすごくよいと思います。
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp
アキバ総研
BDR-XD05J 商品概要
公式サイト (BDR-XD05J)
公式サイト (BDR-XD05BK)
公式サイト (BDR-XD05R)
公式サイト (BDR-XD05W)
プレスリリース
ファームウェアチェックページ

BDR-XD04 と比較して、
USB3.0になったことで、高速フィルタードライバーを使わなくてもBD-R 6倍速書き込みが(減速なしで)可能になった。
マウント時間が早くなった。(時間はこのページの下の方に掲載)
ユーティリティソフトで、バスパワーで動作可能か?事前に確認することが可能。
市販のUSB3.0ケーブル(Aコネクタ - マイクロBコネクタ)をなんらかの理由で使用したい場合、USB2.0のケーブルと比較して種類が少なく、若干入手性が悪いかもしれない。
ということで、大幅なメリットというのはなさそうです。BDR-XD04 を持っていれば急いで買うこともなさそうに感じます。"J" 型番を買う場合、BDR-XD04J には付属していた DiXiM BD Burner が付属しない点にも一応注意。(DiXiM BD Burner は、BD化したいときに結構便利なので)




■検証時PC環境

OSは以前はWindows8でしたが、Windows8.1に変更しています。

 マザーボード OS CPU クーラー ASRock Z77E-ITX Windows 8.1 Pro 64bit DSP版 Core i7-3770T Cooler Master Hyper TX3 EVO
 メモリ グラフィック Crucial CT2KIT51264BA160B HD4000(CPU内蔵)
 SATA3 6.0 Gb/s PLEXTOR PX-128M2P
 SATA3 6.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 Panasonic UJ265
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 Pioneer BDR-S08J
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 HL-DT-ST BH16NS48
 eSATA 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 エラー計測用
LITE-ON iHBS212
 mSATA 3.0 Gb/s Crucial m4 msata 256GB
 USB3.0 今回購入
Pioneer BDR-XD05W + 付属のUSB3.0ケーブル(ダブル給電)
CoolerMaster USB3.0アダプター RA-USB-3035-JP を使用して、ピンヘッダ(IntelのUSB3.0)に接続
 ディスプレイ ケース 電源 37ZP3 InWin IW-EC022 玄人志向 KRPW-PT500W/92+




■開封余裕です♪

今回も箱が封印されてません。いつものように 開封余裕です♪ 状態のため、開封品を新品として掴まされないよう要注意。本来はメーカーが気を使うところだと思いますが、客の方で神経を使う必要があります。
実際は良心的なショップがほとんどだと思いますが、中には悪質なショップもあるので、気を付けるに越したことはありません。
※過去に2回開封品を新品として掴まされた経緯があるため、一応書いておきます。実際はほとんどの場合大丈夫かと思いますが。

とりあえず、ドスパラでは買わないことを推奨
いつも通りです!




■製品ラベル、基板等

製品ラベル
アキバ総研で晒されている XD05J は2013年8月製とやけに古い日付でしたが、私が買った個体は2014年1月製でした。
もしかしたら "J" 型番より、"W" "R" 型番の方が製造が新しいのかもしれません。
中国製なのはいつも通りです。


裏面カバーを開けたところ
この状態だとメインチップが見えないので、さらにばらします。


メイン基板
"R8J32740FP42" が搭載されていました。これは BDR-S08J 等と同じです。
左にある "MB86C311B" というのはUSB3.0-SATA変換用のようです。
"MB86C311B" で検索すると、PS4関係の情報にヒットします。(2014年2月時点)


一枚のプリント板にUSB3.0コネクタが実装されているので、XD05専用設計ということでよさそうです。





・・・・・さて、ここまではよかったのですが、この後元に戻したところ、書き込み不能になってしまいました。ばらす前にBD-R 1枚だけ動作確認はしていたので、初期不良ではなさそうです。戻す時になにかやってしまったか?
いろいろやってるうちに、ケーブルを固定するコネクタがポキッ!と逝ってしまい、万事休す。復旧はあきらめました。
しかたなく同じのをもう1台購入!

2台目の BDR-XD05W
シリアルは僅か1番違いでした。




■付属のUSB3.0ケーブル

Aコネクタ - マイクロBコネクタで、ダブル給電タイプです。長さは40cm
USB3.0ならシングル給電でも通常大丈夫と思いますが、USB2.0で繋ぐ場合を考慮してダブル給電にしていると、勝手に予想しています。




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
初期ファームは1.20で、日付は2013年11月11日。(発売開始は2014年1月30日)
シリアルはケースの番号と一致しています。(いつも通り)





DVRFlash 2.7.7 ※情報取得のみに使用
管理者コマンドプロントで、
DVRFlash -v X:
(X: のところはドライブレター)
過去のPioneerドライブの Kernel type をまとめると以下の通りです。(個人的に買ったもののみ)

BDR-XD05W : ID69
BDR-XS05J : ID69
BDR-XD04J (R,W含む) ※国内パッケージ : ID69
BDR-XD04 ※海外パッケージ : GENERAL
BDR-XU02J : GENERAL
BDR-TD05 (Logitec LBD-PME6U3VBK) : GENERAL
BDR-208XJBK : GENERAL
BDR-208JBK : ID58
BDR-S08J : ID43
BDR-207MBK : GENERAL
BDR-207JBK : ID58
BDR-S07J : ID43





Pioneer BD Drive Utility 要メーカーホームページよりダウンロード
いつも通りです。↑はデフォルトですが、基本この状態でいいと思います。
なんらかの理由で長いUSB3.0ケーブル等を使用するときは、「バスパワーで動作するかどうか確認する」 は結構便利です。




■EACで設定するオフセット値 2014年12月28日追記

Read sample offset
PX-760Aで作成したディスクを使用しています。

上記含めたその他の値は以下の通り。

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
+637 +30 +667




■バスパワーで動作するかどうか確認する

付属のケーブル(シングル給電時)

付属のケーブルでは問題ありません。
次に、あえて問題が出やすいように、USB2.0の延長ケーブル(極細2.5m)で延長して繋ぎます。

ELECOM U2C-EX25BK
こいつを使って延長します。

↓↓↓↓↓↓↓↓


ということで、予想通りNGとなりました。
電源容量的にどの程度余裕があるか?等の細かい数値データは出ないのですが、ある程度の確認には使えます。




■BDR-XD05W 発売時(2014年2月)の BD-Rメディア事情

今回あまりメディアは買ってません。(金銭的な理由)

給料は変わらないのに、主に円安が理由で普段買うものは高くなってたりするし、会社はコストダウンコストダウン!とうるさいし、会社はコストダウンコストダウン!とうるさいし、会社はコストダウンコストダウン!とうるさいし・・・・・(以下略)

そのためあまり書けることはないのですが、SONY製の3層BD-RE XLメディアが2013年11月に登場しています。

BNE3VBPJ2

しかし、今回購入した BDR-XD05W (Firm 1.20) ではマウントができませんでした。PC用メディアとして使うには、もう少し待った方がよさそうです。
このメディアはともかく安いのが特徴で、1680円です。その影響と思われますが、一部ショップでPanasonic製3層BD-RE XLメディアが1680円とかで売っています。(元は9980円)
ただし相変わらず9980円で売っているところもあるので(ソフマップ等)1680円で売ってるところは在庫処分っぽい気もします。ヨドバシ.com では販売終了商品になってます。

その他、TDKブランドの4倍速2層BD-Rで台湾製を見かけるようになりました。(いつから出回っているのか?詳細は未確認)

BRV50HCPWB5A

型番は "BRV50HCPWB5A" です。同じ型番で中国製と台湾製があり、中国製は自社IDですが、台湾製の中身は6倍速CMCです。6倍速対応メディアを4倍速メディアとして売るのはちょっと嫌な気がします。
TDK(イメーション)は以前6倍速CMCを2倍速メディアとして売ったこともあり、また同じようなことをしています。TDK自社IDが消滅しつつある状況のようで、TDKブランドは買う価値がなくなってきたと思ってよさそうです。

あとは台湾製Panasonic(中身はRiTEK)や誘電LTHを見かけなくなってきました。(誘電はこのまま自社製は終了でしょうか?)
いろいろ書きましたが、「BD-Rは日本製Panasonic」 というのには変わりはありません。




■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

いつも通りですが、BD-R、DVD-R共に普通に動作します。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアをセットし、カバーを閉めたら時間を計測開始。


全体的に BDR-XD04 より早いです。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-XD05W
firm 1.20
Pioneer
BDR-XD04J
firm 1.40
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 13秒 14秒
記録済み 14秒 18秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 15秒 19秒
記録済み 13秒 21秒
BD-Video(1層) - 8秒 11秒
BD-Video(2層) - 9秒 13秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 17秒 20秒
記録済み 10秒 13秒


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XD05W トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク