CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XS05J トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク バスパワーで動作するか?


■Pioneer BDR-XS05J - 2013年6月30日更新 - 

BDR-XU02J を買った時もそうでしたが、もう5インチドライブは使っていません。なんせ、メインPCのケースが Antec ISK-110 VESA なので、必然的にポータブルになります。
スロットインは好きではないため、買うかどうか迷うところでしたが、中身がわかるポータブルは Pioneer くらいしかないため今回も購入ということになりました。


Pioneer BDR-XS05J
Pioneer BDR-XS05J
着せ替えを売りにしているようですが、付属の着せ替えシートがちょっと地味すぎる気がします。
萌系とか妹系(謎)とかのを付ければ、多分少しは売り上げが伸びます。(メーカーイメージ的に無理)
AKIBA PC Hotline!
アキバ総研
- 公式サイト -
ファームウェアチェックページ (Pioneer)
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)




例によって箱が封印されてません。多分 Pioneer は今後も箱の封印をしないと思いますが、おそらくそのせいもあり、取材のとき余裕で開封されてます。これを掴まされないように要注意。(一応書いておきますが、私は以前 BDR-208JBK の取材で使用した開封品を新品として掴まされたことがあるので)


ま た 余 裕 で 開 け ら れ て ま す YO
リンク先にはこれをどう扱ったか書いていないので、取材を受けてるショップで買わない方が無難です。


- 検証時PC環境 -
 マザーボード OS CPU クーラー ASRock Z77E-ITX Windows 8 Pro 64bit DSP版 Core i7-3770T Cooler Master Hyper TX3 EVO
 メモリ グラフィック Crucial CT2KIT51264BA160B HD4000(CPU内蔵)
 SATA3 6.0 Gb/s PLEXTOR PX-256M5P
 SATA3 6.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 Panasonic UJ265
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 Pioneer BDR-S08J
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 HL-DT-ST BH16NS48
 eSATA 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 エラー計測用
LITE-ON iHBS212
 mSATA 3.0 Gb/s Crucial m4 msata 256GB
 USB3.0 今回購入
Pioneer BDR-XS05J + 付属のUSB3.0ケーブル ※あえてシングル給電で使用
CoolerMaster USB3.0アダプター RA-USB-3035-JP を使用して、ピンヘッダ(IntelのUSB3.0)に接続
 ディスプレイ ケース 電源 37ZP3 InWin IW-EC022 玄人志向 KRPW-PT500W/92+




■着せ替え

好きな素材で着せ替えることもできるが、きれいに着せ替えるには4つの穴を正しい位置に開けなければならず、これの難易度が地味に高い気がする。
アクリル板と着せ替えシートの間に高級感の出やすい半透明のシート(ヘアラインシート)を挟むようになっている。そのため、安っぽい紙でもそれなりに高級感が出る。
アクリル板は指紋が付きにくい加工がしてあるものの、ホコリが非常に付きやすい。このホコリの完全除去が困難。そのため、黒っぽい着せ替えシートを使うとホコリが目立つかもしれない。



ということで、個人的にはこれはあまり好きになれませんでした。飽きのこないデザインで高級感がある BDR-XD04 の方が断然好みです。




■製品ラベル、基板等

製品ラベル(ケースに貼り付けてあるもの)
予想通り中国製でした。2013年6月製です。

カバーを外しますが、ネジで止めの箇所はありません。ツメで引っかけて止めてあります。細いマイナスドライバーでツメをずらせば開けられます。(言うまでもなく、カバーを外すと保証はなくなると思われます)


製品ラベル(ドライブユニット本体)
"0XA8119- /V" なる謎の型番でした。
中国製なのは同じですが、シリアルがケースのと少し異なっています。


内部
ここまでは簡単ですが、これ以上は危険な気がするのでここまでです。
そのため、BDR-XU02J のときと同じで、メインチップ等は残念ながらわかりませんでした。


一枚のプリント板にUSB3.0コネクタが実装されているので、基板自体はBDR-XS05J 専用設計ということでよさそうです。




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
初期ファームは1.10で、日付は2013年6月6日。(発売開始は2013年6月28日)
シリアルはケースの方の番号と一致しています。


DVRFlash 2.7.7
BR-XU02J のKernel type は "GENERAL" でしたが、本ドライブは "ID69" です。
なぜ BDR-XU02J が "GENERAL" だったかは結構謎です。


Pioneer BD Drive Utility
バスパワー動作チェックはやはり使えますが、単に "OK" "NG"
と出るだけなので、欲を言えば数値化してほしい気もします。




■BDR-XS05J 発売時(2013年6月)の BD-Rメディア事情

基本的には2012年12月くらいとあまり変わってません。

メディアはPanasonic 1択で、迷う余地は全くなし。
相変わらず4層BD-Rは売ってない。メーカーから特に告知もなく、このまま自然消滅か!?(というより、なかったことにされそう)
台湾製Panasonicは買わないように要注意。

その他としては、

(1) SONYの4倍速BD-Rが再びRiTEKに
5BNR1VHCS4
台湾製
10BNR1VHCS4
台湾製
2013年6月発売の4倍速BD-Rですが、いずれも中身はRiTEKでした。


(2) SONYの6倍速BD-Rは相変わらずSONY ID
5BNR1VHCS4
台湾製
↑のはSONY IDです。


(3) Victorブランドの長期保存メディアが店頭に並びだした。
BV-R25MC
日本製
1枚1280円と高いです。(中身は言うまでもなくPanasonic)




■ImgBurn 2.5.8.0 での動作

相変わらず動かないドライブを探す方が困難で、BD-R、DVD-R共に問題なく動作しています。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2.メディアを少しずつ押し込み、吸い込み動作が開始したら時間を計測。


5インチドライブと単純な比較はできませんが、全体的にPioneerの5インチドライブと似たような傾向です。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-XS05J
firm 1.10
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 16秒
記録済み 15秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 15秒
記録済み 13秒
BD-Video(1層) - 9秒
BD-Video(2層) - 10秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 19秒
記録済み 12秒


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XS05J トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク バスパワーで動作するか?