CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XU02J トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク
バスパワーで動作するかどうか確認する DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer ACアダプタで記録品質向上を試みる 横置きと縦置きで差が出るか?


■横置きと縦置きで差が出るか? 

本ドライブは横置きと縦置き両対応で、縦置き用の専用スタンドも付属しています。
今までは横置きで使ってましたが、縦置きで使ったときに記録品質は変わるか?ということで試してみます。

※サイト内の各所で↓のような縦置きの写真を掲載していますが、実際は横置きで 使用しています。
(写真はイメージを伝えやすくする意図で掲載しています)


この様な写真を掲載していますが、今まではすべて 横置き で使用しています。
縦置きで使用しているのはこのページ内のみです。

※以下、横置き、縦置き共にACアダプタは未使用で、使用しているUSB2.0ケーブルは0.5mのシングル給電のものです。(ELECOM U2C-MF05BK)




Panasonic 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:MEI-T02-001]
4倍速書き込み
LM-BRS25LT50
日本製
あきばお〜2号店にて
2012年12月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [T02]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [March 2007]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
Panasonicの4倍速BD-Rですが、縦置きの方が全体的に少し良くなりました。(たまたまの可能性もあり)
ただし誤差の範囲のレベルとも言えそうなので、これだけだとなんとも言えないところがあります。
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
横置きのとき
※今までの検証と同じで、グラフは再掲載
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
縦置きのとき
※今回新規に試した条件





SONY 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:SONY-NN2-002]
4倍速書き込み
50BNR1VGPP4
台湾製
ヨドバシAkibaにて
2012年12月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Sony Recording Media Co.]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NN2]
Product Revision : [002]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
SONYの4倍速BD-Rは、縦置きの方が少しだけ悪くなりました。
よくなったり悪くなったりですが、このくらいだと誤差の範囲とも取れるので、横置き or 縦置きに関してはあまり神経質にならなくてもいいかもしれません。
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
横置きのとき
※今までの検証と同じで、グラフは再掲載
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
縦置きのとき
※今回新規に試した条件





Verbatim LTH 4倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:VERBAT-IMv-000]
4倍速書き込み
VLR130YP50V3
台湾製
ヨドバシAkibaにて
2012年12月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [VERBAT]
Media Type ID : [IMv]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
コメント等
VerbatimのLTH 4倍速は、縦置きの方が少しよくなりました。
ただ、あまり極端な差はありません。
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
横置きのとき
※今までの検証と同じで、グラフは再掲載
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
縦置きのとき
※今回新規に試した条件





Victor 6倍速LTH BD-Rメディア
[BD-R-SL:JVC-AM-S6L-001]
6倍速書き込み
BV-R130E30W
日本製
ヨドバシAkibaにて
2012年12月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [JVC-AM]
Media Type ID : [S6L]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
VictorのLTH 6倍速は縦置きの方がかなり悪くなっています。
ただ、メディアのばらつきと言われればそれまでかもしれませんが。
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
横置きのとき
※今までの検証と同じで、グラフは再掲載
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
縦置きのとき
※今回新規に試した条件





CMC 6倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:CMCMAG-BA5-000]
6倍速書き込み
VBR130RP20SV1
台湾製
ソフマップ大宮店にて
2012年12月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [CMC Magnetics Corp.]
Manufacturer ID : [CMCMAG]
Media Type ID : [BA5]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
CMCの無機6倍速も、縦置きの方が悪いです。
6倍速メディアは外周でも高回転で記録するので、縦置きだと外周がブレやすい?なんてことがあるのかもしれません。(予想)
その辺を確認するべく、もう1枚6倍速メディアで試してみます。
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
横置きのとき
※今までの検証と同じで、グラフは再掲載
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
縦置きのとき
※今回新規に試した条件





Panasonic 6倍速BD-Rメディア
[BD-R-SL:MEI-RA1-001]
6倍速書き込み
LM-BR25MT10
日本製
ビックカメラ大宮店にて
2012年11月に購入
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [RA1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [February 2008]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
Panasonicの6倍速BD-Rも縦置きの方が悪くなりました。ただし、VictorのLTHやCMCと違って、誤差といってもいいくらいのレベルです。
とは言え、6倍速メディアはこれで3枚連続縦置きの方が悪いので、横置きで使った方がいいのかもしれません。
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
横置きのとき
※今までの検証と同じで、グラフは再掲載
Pioneer BDR-XU02J
F/W 1.00
中国製
縦置きのとき
※今回新規に試した条件




■参考資料(ドライブの動作音)

あまり意味ないかもしれませんが、6倍速メディアマウント → 書き込み開始の動作音をアップしておきます。(ドライブとの距離は約15cm)
結構な動作音ですが、ほぼディスクエンドまでこの速度(動作音)で、最外周でわずかですが減速します。(P-CAVのため)





CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XU02J トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク
バスパワーで動作するかどうか確認する DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer ACアダプタで記録品質向上を試みる 横置きと縦置きで差が出るか?