CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XU02J トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク
バスパワーで動作するかどうか確認する DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer ACアダプタで記録品質向上を試みる 横置きと縦置きで差が出るか?


■Pioneer BDR-XU02J - 2012年12月31日更新 - 

以前なら考えもしませんでしたが、メインドライブはポータブルタイプを使用するようになりました。
ただし選択肢は少なく、Pioneer BDR-XD04J (BK,R,W) 1択状態です。※個人的な趣味 & 2012年12月時点

そんな状況の中、BDR-XD04J (BK,R,W) の後継?と思われるポータブルドライブ BDR-XU02J が発売されました。
BDR-XD04J (BK,R,W) はポータブルでありながら記録品質的によい & 中身がわかっているドライブという貴重な存在だったため、同じ流れを汲んでいるであろう本ドライブも自然と購入ということになります。
ただし、本ドライブは記録品質的に BDR-XD04* より劣るかもしれません。特に4倍速以上の書き込みはエラー多いです。(2倍速書き込みは問題なし)
今後もメインドライブは BDR-XD04* を使う予定です。


Pioneer BDR-XU02J
Pioneer BDR-XU02J
指紋が付きにくく、高級感もあります。
ただシルバーは個人的にあまり好きではないので、BDR-XD04 のときのように赤を希望。
AKIBA PC Hotline!
アキバ総研
- 公式サイト -
ファームウェアチェックページ (Pioneer)
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)




「また書くか!」 と言われそうですが、箱に封印をしてほしいです。今回も↓のような状態で開け放題のため、取材で開封されてました。
開封しても新品販売可能なため、買う側としてはどうしても気になってしまいます。

また余裕で開けられてますよ!



どうでもいい突っ込みですが、

ヨドバシ.com

そのケーブル、使えないですよ・・・



- 検証時PC環境 -
 マザーボード OS CPU クーラー ASRock Z77E-ITX Windows 8 Pro 64bit DSP版 Core i7-3770T Cooler Master Hyper TX3 EVO
 メモリ グラフィック Crucial CT2KIT51264BA160B HD4000(CPU内蔵)
 SATA3 6.0 Gb/s PLEXTOR PX-256M5P
 SATA3 6.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 参考比較用
Panasonic UJ265
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 Pioneer BDR-S08J
 SATA2 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 HL-DT-ST BH16NS48
 eSATA 3.0 Gb/s ※SATA 1.5 Gb/s 動作 エラー計測用
LITE-ON iHBS212
 mSATA 3.0 Gb/s Crucial m4 msata 256GB
 USB3.0 ※USB2.0動作 今回購入
Pioneer BDR-XU02J + 0.5mのUSB2.0ケーブル(シングル給電) U2C-MF05BK
CoolerMaster USB3.0アダプター RA-USB-3035-JP を使用して、ピンヘッダ(IntelのUSB3.0)に接続
 ディスプレイ ケース 電源 37ZP3 InWin IW-EC022 玄人志向 KRPW-PT500W/92+

※今回エラー計測の参考比較用ドライブに Panasonic UJ265 を使ってますが、通常のSATA接続 & 電源を使用しています。そのため厳密な比較にはなりません。(あくまで参考比較用ということで)
※高速フィルタードライバーをインストールしています。





■製品ラベル、基板等

製品ラベル(ケースに貼り付けてあるもの)
2012年11月製造で、中国製です。

↑の製品ラベルを剥がすと、ネジがあります。そのネジを外すとケースをスライドしてばらすことができます。
※ばらすと保証はなくなります。


製品ラベル(ドライブユニット本体)
中のドライブも中国製です。


↑のドライブをさらにばらします
拡大 拡大

ここまではばらすのが簡単で、元に戻すのも簡単ですが、これ以上ばらすと危険な気がするので、分解はここまでです。そのためメインチップ等は残念ながらわかりませんでした。
BDR-XD04J と同様、USB変換基板を使用しているのではなく、1枚のプリント版(= BDR-XU02J 専用の基板)の専用設計でした。そのため、USBでの接続しかできません。(USB⇔SATA変換チップ等は使っていると思いますが)
バルクで出回っている BDR-US01 とは仕様的に似ていますが、物自体は違うということになると思います。

USB (mini-B) 接続専用です。


取り出したドライブユニット正面
がら空きです。このままだとホコリ入りまくりのため、ばらして使うのは無理があります。
(インターフェースがUSB2.0で、SATA接続不可のため、ばらして使うことはまずないと思いますが)


カバーフロント部の防塵部
内部シャッター膜を採用 と説明してますが、それって普通では?という気もします。
(外部にはつけないと思う)




■ドライブ情報

Opti Drive Control 1.70
ドライブ名は "BDR-XU02" です。"J" はつきません。
初期ファームは1.00で、日付は2012年11月21日。(発売開始は2012年12月28日)


DVRFlash 2.7.7
Kernel type は "GENERAL" でした。これは予想外。
今後海外版並行輸入品が国内販売された時でも、国内配布のファームがそのまま適用できそうです。


パイオニアBDドライブユーティリティ
「バスパワーで動作するかどうか確認する」 が非常に使えます。
詳しくは別ページで。




■BDR-XU02J発売時(2012年12月)の BD-Rメディア事情

三菱の3層BD-Rは売っているようです が、一般向けには未販売。
2012年12月時点では、Pioneerの207やXD04の最新ファームの対応メディア情報 に、3層BD-RはTDKしかないところを見ると、買えても意味はないかもしれません。
一時Panasonicが2倍速2層BD-Rの生産中止?という情報が流れましたが、単に掲載し忘れただけのようで今は復活しています。こちら
その他は特にこれといってありません。例によって日本製Panasonic 1択です。台湾製Panasonicは買わないように要注意。

各種Panasonic BD-R
4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R 4倍速2層BD-R 6倍速1層BD-R
LM-BR25LW11L MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-T02-001 MEI-RA1-001
4倍速1層BD-R 4倍速1層BD-R
LM-BRS25LT50 LM-BRS25LT30


台湾製Panasonic BD-R(中身はRiTEK)
[BD-R-SL:RITEK-BR2-000]
LM-BR25LW10X
台湾製のは買わないように要注意!




■ImgBurn 2.5.7.0 での動作

予想通り、BD-R、DVD-R共に問題なく動作しています。


CD-R実験室トップ
Pioneer BDR-XU02J トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種ベンチマーク
バスパワーで動作するかどうか確認する DiXiM BD Burner 2013 for Pioneer ACアダプタで記録品質向上を試みる 横置きと縦置きで差が出るか?