CD-R実験室トップ
SONY BDZ-AT700 トップ
各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種2層BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック 各種2層BD-REエラーチェック


SONY BDZ-AT700 6倍速BD-Rエラーチェック
ここでは6倍速BD-Rの書き込み、エラーチェックを行っています
エラー計測は Opti Drive Control 1.50 使用
※簡易計測ツールなので、以下のデータはあまり信用できないかもしれません。(とはいえ、個人でできるのは現状このくらいしかないです)
※参考比較用に、Panasonic BW690 の結果も載せています。
※どちらのレコーダーも、同じ容量のBDAVファイルを記録してますが、BW690はフリー素材のBDAVでも書き込み時に、"MKB_RW.inf" と "Unit_Key_RW.inf" を記録するため、
  結果的にBW690の方が書き込み容量が80KB程多いです。
※フォーマットは事前に行ってます。そのため、「記録にかかった時間」にはフォーマットの時間は含まれてません。

Panasonic 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:MEI-RA1-001]
LM-BR25M10AN
日本製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Matsushita Electric Industrial Co. Ltd.]
Manufacturer ID : [MEI]
Media Type ID : [RA1]
Product Revision : [001]
Stamper Date : [February 2008]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
レコーダーで記録したメディアは先頭と末尾に必ずエラー塊ができるので、無視して見る必要があります。
6倍速BD-Rは普段は使いませんが、検証用ということで何枚か焼いてみます。
6倍速BD-Rも第一候補はPanasonicですが、これが結構面白いグラフになりました。4倍速BD-Rのときも似たような傾向がありましたが、BDZ-AT700の方はヒゲが結構目立ちます。(多分焼きながらメディアチェックしていて、そのときのタイミングでエラー増)
一方のBW690の方は全体的に均一で、これを見るとBW690の方が記録品位的にはよさそうな気がしてきました。
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





Verbatim 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:VERBAT-IMe-000]
VBR130RP10V1
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Mitsubishi Kagaku Media]
Manufacturer ID : [VERBAT]
Media Type ID : [IMe]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
続いて三菱(Verbatim)を使います。しかし、これはどうもメディアがよくなさげです。(どちらのレコーダでも、同じ箇所でエラーもっこり)
別にだめというわけではないですが、Panasonicが入手できるうちはPanasonicを使いましょう、ということで。
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





SONY 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:SONY-NN3-002]
25BNR1VCPP6
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Sony Recording Media Co.]
Manufacturer ID : [SONY]
Media Type ID : [NN3]
Product Revision : [002]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
SONYの6倍速は4倍速のと違って自社IDのみっぽいので、検証用に使います。(日本製もまだ入手可能ですが、あえて台湾製のを使用)
例によってBDZ-AT700の方はヒゲが目立ちますが、別に再生に支障があるわけではないので、問題はありません。
このメディアを使ってもいいと思いますが、Panasonicのメディアがまだ日本製ということもあり、基本的にはSONYレコーダーでもPanasonicメディアを使ったほうがいいと(個人的には)思います。
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





Moser Baer 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:MBI-R06-000]
BR25VPLWPC10S.AY
インド製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Moser Baer India Ltd.]
Manufacturer ID : [MBI]
Media Type ID : [R06]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
ここから先はあえて買うほどのものでもないメディアです。(検証用途のみに使用)
一体だれがこれを好き好んで買うのか?という気がしなくもないmaxell ブランドのMoser Baer 6倍速BD-Rですが、BISが密集気味なこともあり、やはりこれを買う意味はないといってもいいかと思います。(明らかに安ければ買ってもいいと思いますが)
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





RiTEK 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:RITEK-BR3-000]
BRV25HCPWC5A
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Ritek Corp.]
Manufacturer ID : [RITEK]
Media Type ID : [BR3]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
TDKブランドのRiTEKですが、これも基本避けた方がよさそうです。(特にBDZ-AT700では)BIS密集気味です。
それはさておき、BW690の方は途中からエラーがガクンと下がってますが、どうやらこのポイントで6倍速に切り替わっているようです。6倍速記録エリアはかなり短めです。(記録にかかる時間も、BDZ-AT700よりBW690の方が45秒くらい長いです)
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





CMC 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:CMCMAG-BA5-000]
BRV25C5A
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [CMC Magnetics Corp.]
Manufacturer ID : [CMCMAG]
Media Type ID : [BA5]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
同じTDKブランドですが、これはCMCです。
RiTEKよりは少しよく見えますが、同じくBIS密集気味ということもあり、避けたほうが無難。
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





OPTODISC 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:OTCBDR-002-000]
ABR 25-6X 10PW
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Optodisc Technology Corp.]
Manufacturer ID : [OTCBDR]
Media Type ID : [002]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
メディア系ショップで売っている安メディアです。
ひどいグラフになるか?とも思いましたが、予想していたよりはまともになりました。WOWOW等のコピーワンスにはとても使う気はしませんが、一時使用用途なら別に使えないということもなさそうです。
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)





Prodisc 6倍速BD-R メディア
[BD-R-SL:PRODIS-CR1-000]
SBR25-6XB10PW
台湾製
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [PRODIS]
Media Type ID : [CR1]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x , 6x]
コメント等
最後にひどいグラフを見るために、地雷メディアを使います。ところがひどいグラフ以前に、焼きがうまくいきませんでした。
BDZ-AT700では初期化の時点でエラー。BW690は順調に焼きに行きましたが、途中で嫌な音がして止まってしまいました。そもそもこのメディア、焼く前から外周が変色していてどう見ても品質的に問題ありです。初期不良で返品 → 初期不良で返品 → 初期不良で返品 → 初期不良・・・・・・・・・・ となるので、これだけは買うのはやめましょう。
それ以前に、最近は売っていないっぽいですが。
SONY BDZ-AT700
ソフトウェアバージョン 18.1.007
搭載されている光学ドライブ SONY BRD-400
ドライブのファームウェア 1.06
記録完了にかかった時間 : 約16分0秒(6倍速相当)
Panasonic DMR-BW690
ソフトバージョン 1.31
搭載されている光学ドライブ MATSHITA BDRECV60A0
ドライブのファームウェア D122
記録完了にかかった時間 : 約16分45秒(6倍速相当)
↑ここで嫌な音がしてフリーズしてしまいました


CD-R実験室トップ
SONY BDZ-AT700 トップ
各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種2層BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック 各種2層BD-REエラーチェック