CD-R実験室トップ
SONY BDZ-AT700 トップ
各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種2層BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック 各種2層BD-REエラーチェック


■SONY BDZ-AT700 - 2010年12月12日更新 - 

少し前に Panasonic DMR-BW690 を買ったばかりということもあり、今回のSONYモデルは見送りの予定でしたが、結局購入。
理由として、Panasonicのインターフェースがどうにも好きになれないというのがまずあります。
Panasonic →入り口が狭く、中が広い
SONY → 入り口は広いがよくまとまっていて、中が狭い
という感じで、実際両方使うとSONYの方が使いやすいです。(好み & 慣れの問題と言われればそれまでですが)
そんな理由で買うのか?と突っ込まれそうですが、Panasonicの番組表は広告入りでスペースが狭くて見にくいし、リモコンがあまりにチャチだし、SONY機になれるといろいろストレスがたまります。(ドライブ自体はいいと思うのですが)

SONYのBDレコはBD-R/RE → HDDムーブに対応していないのが個人的には唯一最大の欠点ですが、もしその機能を使いたいときは先に買った Panasinic BW690 を使えば問題なし。
で、最終的には、「パッと起動!パッと録画!パッと再生!パッと使えてカンタン!ソニーのブルーレイ!」 と毎日のように聞かされて洗・・・以下略。
という感じでめでたく購入ということになりました。


SONY BDZ-AT700
BDZ-AT700
- 公式サイト -
サポートページ
AV Watch
AV Watch
合言葉は「パーフェクト録画」
せっかくなので東芝にしようかとも思いましたが、どう見ても地雷っぽいので、そこは冷静になってSONYにしました。


SONYレコの特徴として、「事実上DVD-Rには非対応」 というのがありますが、ここまでBD-R単価が下がってくればまったく問題なし。地デジの時代はDVD-R(2層含む)では物理的に容量が足りません。ショップのメディアコーナーに行くと録画用DVD-Rもまだ売ってますが、これからレコーダー用に買うなら絶対BD-R/REのがよいです。
今の時代なら 「事実上DVD-Rには非対応」 というのはなんら問題ないですが、SONYはこれを3年前から続けてます。今から考えると当時よくそんな思い切ったことしたなぁと。

その他機が付いたこと、特徴等は、

BD-R記録時、PCドライブのように速度違反はしない。勝手に速度違反とかされると嫌なのですが、その点は安心。
ブランクBD-Rをマウントすると強制的にフォーマットするのは今までと同じだが、「フォーマット中」 という言葉は一切出てこず、「Load中」 という言葉で済ませている。BDは使用前にフォーマットが必要だが、それを意識する必要がない。→ 初心者への余計な説明が不要。
今回も日本製。(中のHDDが中国製だったりはしますが)
マルチタスク性能が大幅に向上。AVC W録画中にBD-R高速ダビングが可能な上、ダビング速度が落ちません。(今までのSONYレコとは別物)
アナログチューナー非搭載なため、リモコン含め全体的にスッキリ。
データ放送は記録しない。(今までと同じ)
HD番組表で見やすい。
リモコンのボタンが「プニプニ」から「カチカチ」に変更。欲を言えばもう少しストロークがあればよかったのですが、前のよりは使いやすい & 好みです。(主観)
SONYはあまり宣伝していないようですが、BDXL対応。
前モデル同様、最初のセットアップで、各社のTVの音声が設定できるナビがある。これが結構便利で、今回も一度も取説を見ないまま使ってます。
AVC録画では音声もエンコードするのは今まで通り。(Panasonicは音声はエンコードしない)

あとはソフトウェアバージョンですが、購入時点で2010年12月上旬時最新の 18.1.007 でした。



【追記】
BDZ-AT700(ソフトウェアバージョン 18.1.007)では、2層BD-REで層の切り替え時エラー値がカンストしてしまいます。各種2層BD-REエラーチェック 参照。SONYとPanasonicで迷っている場合はPanasonicにしておいた方がいいかもしれません。




■AACS Ver. その他

最初に確認するのはこれです。まっさらなBD-RをBDZ-AT700にマウントし、適当にダビング。PC用ドライブで情報を見ます。

MKB_RW.inf → V16
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/avi/1287666809/433
BDZ-RX55 と同じで、V16でした。この後即V18化してます。(特に深い意味はなし)


P-MKB → なし
いつも通りです。




■搭載されているドライブの情報

搭載されているドライブの情報を知るために、DVD-Rに適当にダビングし、PCドライブで情報を見ます。(BD-Rではなく、DVD-Rを使います)

Nero DiscSpeed
"SONY BRD-400" で、ファームは "1.06"


PxScan + PX-755A
PxScanではシリアルっぽい数値が取得できますが、このシリアルが正しいかはイマイチ不明。
ファームのバージョンはPxScanでは正しく表示されません。(最後の数値がかけてしまう)

まとめると、以下の通り。

 Vendor ID  SONY
 Product ID  BRD-400
 Serial No.  イマイチ不明
 Firmware  1.06
 Time stamp  イマイチ不明


天板を開けたところ
今までと違い、今回はセンタートレイではなく、左側トレイです。


光学ドライブ
BRD-400T


HDD
中国製Seagateでした。


その他主要部品と思われるもの
SONY CXD4722GB




■BD-R/REメディア選び

ドライブがSONYだけにSONYのBD-Rメディアがいいのか?というとそうでもないかもしれません。理由は、

 ●SONYブランドの4倍速BD-Rは、ほとんどRiTEK OEMになってしまった。(その理由にコストダウンというのがあるはず)
 ●SONYブランドの2層メディアに関しては、そもそも中身が不明。(2010年冬時点ではPanasinicか中国製TDK)


ということで、第一候補は毎度おなじみのPanasonicになります。

Panasonic 4倍速BD-R
録画用 録画用 録画用 録画用 データ用
2010年12月時点ではまだ日本製です。そろそろインド製のが出ているか?と思い、12月上旬くらいにあちこち見回りましたが、私が見回った範囲ではインド製は発見できませんでした。
データ用のはわざわざ表に 「日本製」 と書かれていることから、いきなりインド製に置き換わってしまうこともなさそうなので、しばらくは安泰と思われます。(データ用のでも、録画用として使えます、一応念のため)



Panasonic 2層BD-R
2倍速 4倍速
2層についてもPanasonicを選ぶのが正解です。SONY自社の2層BD-Rは今のところ確認されていません。



SONY 4倍速BD-R (いずれも台湾製)
型番:5BNR1VCCS4 型番:25BNR1VCPP4 型番:50BNR1VCPP4 型番:10BNR1VCCS4 型番:20BNR1VCCS4
これはSONY自社 右4つはRiTEK
ここ最近いろいろと買いましたが、SONY自社を引き当てるのが非常に難しいので、
"SONY4倍速 = RiTEK"
という認識でいいと思います。RiTEKよりはPanasonicの方がいいのは間違いありません。



SONYブランド2層メディア
2倍速 4倍速
日本製:Panasonic OEM 中国製:TDK OEM
SONYブランドの2層BD-RはいずれもOEMです。しかもなぜか高いので、指名買いする価値はあまりありません。



SONY 6倍速BD-R (いずれも台湾製)
型番:5BNR1VCCS6 型番:25BNR1VCPP6
どちらもSONY自社ID
6倍速の台湾SONYについては、↑の2つは自社IDでしたが、BD-Rは値段が安くて速度的にも必要十分な4倍速を使うのがいいと思うので、個人的には6倍速BD-Rは普段は使いません。(元々低速焼きが好きというのもありますが)



各社BDXL
中身はすべてTDK!
録画用(日本製) 録画用(日本製) 録画用(日本製) データ用(中国製)
「SHARPやPanasonicのBDXLメディアはあるのに、SONYのはないけど大丈夫?」 と思う人もいるかもしれませんが、2010年12月上旬時点ではすべて中身はTDKです。なのでどれを買っても同じです。
ただし、データ用TDKパッケージは中国製でした。買う前には製造国表記を要確認。
【追加情報】
12月中旬にSONYからも登場しました。中身は中国製TDKです。



Panasonic 1層BD-RE
日本製 or インド製
SONY 1層BD-RE
日本製
1層BD-REについてはPanasonicかSONYで。ただしPanasonicはインド製のものもあるので、買う前に製造国を要確認。



Panasonic 2層BD-RE SONY 2層BD-RE
どちらもPanasonic製
2層BD-REはどちらもPanasonic製です。基本安い方でいいかと思います。



非推奨(各社LTHメディア)
太陽誘電 三菱化学
LTHメディアは低寿命のはずなので、(公式上は)ディスクにムーブしたらそこが終着駅の SONY BDZ-AT700 では使わないほうがいいと思います。(もし使うなら、太陽誘電の方が少しまともです)




■記録したBD-Rの情報(DVDINFOPRO XTREME)

Panasonic 4倍速BD-R
記録した日時の確認が可能です。


TDK 4倍速BDXL
BDXLも基本的には同じです。




■AVC録画について

BD-Rが安いこともあり、AVC録画は使用予定がないですが、一応確認はしてみます。


BSの5.1chの番組を10分ほど DR 録画
[00001.m2ts]
0140 1920x1080 MPEG2 16:9 625line 29.97fps 24000.00kb/s
0141 AAC 48.00kHz 5.1ch(3/2 C+L+R+BL+BR+LFE) LC 0.00kb/s
192Pct
[MPEG2-TS] 00:10:09.275 (609.275sec) / 1,663,500,288Bytes

真空波動研Lite 100805 / DLL 100805 Unicode

BSの5.1chの番組を10分ほど SR 録画
[00002.m2ts]
1011 1920x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 1:1 29.97fps 16000.00kb/s
1100 Dolby AC-3 48.00kHz 5.1ch(3/2 L+C+R+SL+SR+LFE) CM 448.00kb/s
192Pct
[MPEG2-TS] 00:10:09.342 (609.342sec) / 661,979,136Bytes

真空波動研Lite 100805 / DLL 100805 Unicode


ということで、相変わらず音声はエンコードされてしまうようです。(Panasonicは音声はエンコードしない)


CD-R実験室トップ
SONY BDZ-AT700 トップ
各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種2層BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック 各種2層BD-REエラーチェック