CD-R実験室トップ
SONY BDZ-T70 1ページ目 SONY BDZ-T70 2ページ目


■SONY BDZ-T70 - 2007年11月25日更新 - 

Panasonic BW800 に続いて買ってしまった SONY BZD-T70 です。

SONY BDZ-T70
SONY BDZ-T70
最初はT50でもいいかなと思ってましたが、DRだとおまかせチャプターが使えないらしいので、結局T70に。
その後いろいろ使っていくうちに、どうせならX90にしておけばよかったなぁと・・・(キリがない)
- 公式サイト -

普通レコーダーは何台も買うものでないですが、というか、PC用光学にしても何台も買うものではないですが 今回はどうしてもSONYのレコーダーが欲しくなってきたので、物欲に勝てずに Panasonic BW800 に引き続き購入。
なぜどうしても欲しくなってきたかは、(購入歴にも書いてますが)DRモードで録画するときにデータ放送を録画しないため、Panasonicより長時間無劣化録画できるからです。
これは非常に魅力的で、Panasonicだと1層BD-R を少しオーバーしてしまう場合でも、SONYなら1層BD-R に納まることもあります。(SONYはまずこれを真っ先にアピールした方がいいのではないかと)

それともう一点。PanasonicのAVCエンコード録画がどうも思ったほどではなかったので、いろいろな評判を聞くとどうしてもSONYの同機能を試してみたくなります。そんなわけで思い切って購入!
で、結果的には買って正解でした。(予想外の不満もありますが)

早速AVC録画の比較・・・といきたいところですが、まずは使ってみて思った良い点、悪い点を書いておきます。


 【良い点】

DRモード録画時にでデータ放送を記録しないため、Panasonicより長時間録画が可能。(今回はこれが主目的で買いました)
AVCエンコード(8Mbpsクラス)がどう見てもPanasonic BW800よりいい。
Panasonicの方がいいという意見もありますが、うちでいろいろ比較する限りSONYのがよいと思います。(この辺は論より証拠なので、あとで比較画像を掲載)
おまかせチャプターが予想以上に便利。
Panasonic BW800と比べて、リモコンが非常に使いやすい。(というより、SONYのが普通で、Panasonicのが使いにくいといった感じですが)
地デジのD4出力が可能。(Panasonic BW800は不可能)


 【悪い点】

録画1の制限が結構あり、録画1で録画中はチャンネル切り替えができない。
今の時代だと、チューナー代わりとして買う人も多いかと思いますが、チューナー用途としては、使いづらいです。
売りのおまかせチャプターは録画1しかつかえない。
事実上DVD-Rが使えない。(PanasonicはDVD-R へもHD解像度録画が可能)
今回のSONYは、BD-R/RE を使うことが前提になっていて、DVD-R をほぼ完全に切り捨ててしまってます。
Panasonicのように、一度録画してからAVCエンコードのみの単独動作はできない。
電源を落としてもずーーーーーーっとファンが回っている。
音自体は小さいものの、真夜中だと少し気になります。
【追記】
高速起動を無効にしたところ、電源OFFのときはうるさくなくなりました。
同じ番組をW録するときは、(2番目の番組は)番組表で指定できず、時間設定で行う必要がある。
XMBがPS3に比べるとカクカクで、動作が鈍い。(と最初は思ってましたが、慣れました)


長所、短所はいろいろいありますが、DR録画時に、データ放送を記録せず、Panasonicより1枚のディスクにより多く記録できるいうのがなによりいいです。

あとふと思いましたが、

 Panasonic = DIGA
 東芝 = VARDIA
 シャープ = AQUOS

といった具合に、各社Blu-ray (HD DVD) レコーダーにブランド名をつけてますが、SONYはDVDのときは 「スゴ録」 とブランド名をつけていたものの、Blu-rayでは一般的な名称、「ソニーのブルーレイレコーダー」 とか言っています。あえてブランド名を付けず、「ブルーレイ」 という名前を浸透させるのが目的でしょうか?

アンケートとかで、「HD DVDって知ってますか?」 という質問したら、「HDD DVDレコーダー」 と勘違いされそうだなぁとかもふと思ったり。




■少し分解

Panasonic BW800に比べて分解が大変でしたが、なんとか天板はずせました。
ドライブは見ての通りセンター配置で、Panasonicに比べて中もギッシリな印象です。



HDDはHITACHI製のSATA 320GBのものが搭載。



ドライブにに貼られてあるラベル。
2007年11月製と言うことで、最近の製造のようです。



光学ドライブ背面です。(青の四角で囲んだところは信号ケーブル)
もう少しばらせばインターフェース部も見えそうだったのですが、これ以上解体するのは大変そうだったので、この辺でやめておきました。
Panasonicに比べて、かなり凝った作りというか、組み立てるが面倒そうな感じです。



電源部周辺。



表示部はこんな感じでした。




■ドライブ情報

搭載されている光学ドライブのプロダクトID、ベンダーID、ファームウェ等の情報は、いつものようにPxScan、NeroDiscSpeed で調べてみます。


購入時ファーム(ソフトウェアバージョン下3桁003)
PxScanの方を見るとファーム1.1に見えますが、右が途切れています。(正確には1.16)



2007年11月7日公開のファーム(ソフトウェアバージョン下3桁004)
ソフトウェアバージョンは 003 → 004 と1つあがっただけですが、
ドライブ自体のファームは 1.16 → 1.25 と結構あがってます。


まとめると、↓のような感じでいいと思います。(シリアル等はイマイチ不明ですが)

 Vendor ID  SONY
 Product ID  BRD-100
 Serial No.  イマイチ不明
 Firmware  1.25
 Time stamp  イマイチ不明

※2007年11月25日時点では、"SONY BRD-100" 等で検索しても、まともにヒットしません。




■DRモード録画での録画時間について

Panasonic DMR-BW800 を買ったばかりなのに、BDZ-T70を早くも買ってしまった最大の理由はDRモード録画時の録画時間が長いということですが、ほんとに違うのか?ということで実際に試してみます。
やり方は、地デジを3時間ピッタリ録画し、それをBD-R へムーブ → Windowsからドライブのプロパティで確認します。
※Panasonic BW800、SONY BDZ-T70 ともに同じ番組をDRモードで録画しています。


Panasonic BW800でDR録画したもの SONY BDZ-T70でDR録画したもの

見てのとおり、かなり差がでました。
両者ともDR録画で画質的な劣化は理論上なく、この差はデータ放送を録するか?しないか?の差ということになると思うので、実用面でかなり違ってきます。

再生互換性も問題なく、以下のもので再生できています。

 ○SONY BDZ-T70 (Firm 1.25)
 ○Panasonic BW800 (Firm J115)
 ○PLAYSTATIONR3 (Firm 2.01)
 ○PowerDVD7.3 + Panasonic LF-MB121JD (Firm BD03)
 ○WinDVD8 + 日立LG GGW-H20N (Firm XJ01)



【追記】
BShi をDRモードで2時間30分録画したものは、Panasonic BW800 では1層BD-R に収まりませんが、SONY BDZ-T70 では1層に収まりました。(番組によって多少録画時間が変動する点には注意)
録画用BD-Rメディアには、BSは 130分 録画と表記されていますが、SONYのBDレコーダーでは実際 150分 くらいいけます。


BShi を SONY BDZ-T70 で2時間録画したBD-R
このことはまだ一般的にあまり知られてないと思います。
結構ギリギリですが、DR(無劣化)でBShi 録画150分いけました。これは大きい!



2ページ目へ



CD-R実験室トップ
SONY BDZ-T70 1ページ目 SONY BDZ-T70 2ページ目