■SONY BDZ-T75  - 2009年3月8日更新 - 

〜 2009年3月のレコーダー事情 〜

東芝はBDビデオの再生、BD録画ができないので、まず除外。
SHARPはイマイチ買う気しないという、変な主観入りまくりの理由で除外。(←あまり深い意味はありません)

ということでやはりPanasonicかSONYになりますが、Panasonicはリモコンがあいかわらずアレなのと、T70が気に入っていることもあり、あまり迷うことなくSONYにしました。
ただ、SONYはT70のときからそうですが、DVD-Rは使わないことを前提にした仕様なので、DVD-Rを使いたいときはPanasonic1択になってしまいますが。
それと、SONYでもT55はやめておいた方がいいと思います。T55はDRモードでおまかせチャプターが使えません。


SONY BDZ-T75
SONY BDZ-T75
3月4日夜注文時点では、ヨドバシ・ドット・コムで\94,000@20%ポイント還元。
ポイントを考慮すると、ネットショップ最安店より安いです。(2009年3月上旬時)
- 公式サイト -

使い勝手はBDZ-T70とほとんど同じ感じですが、SONYが自信満々に宣伝しているCREASは私でも(多分)効果が確認できました。
ただし、劇的に変わるなんて事はないですが。(当然ながら全部主観意見です)


■ソフトウェアバージョン

09.1.006 でした。


http://www.sony.jp/bd/support/information/20081208.html
によると、2009年3月上旬時点では下3桁が005のものが公開されている最新バージョンらしいので、それよりも新しいバージョンが搭載されているものがすでに流通している、ということになります。


■搭載されているBDドライブについて

BDZ-T70 は BRD-100 AB でしたが、後継の BDZ-T75 は BRD-200 AE でした。
買ったのは3月上旬ですが、製造は2月ということで、そこそこ流通しているっぽいです。
(発売開始は2008年10月)

ドライブ本体のプロダクトID、ベンダーID、ファームを調べるには、DVD-Rに適当に記録して、それをNeroDiscSpeed、PxScan等で見ればわかります。

Pioneer BDR-203 + NeroDiscSpeed
※ドライブによっては情報取得できないことがあります。
PLEXTOR PX-755A + PxScan
※PxScanはファームの右端の数値が切れてしまってます。(正しくは1.0ではなく、1.09)

まとめると以下のとおり。

 Vendor ID  SONY
 Product ID  BRD-200
 Serial No.  イマイチ不明
 Firmware  1.09
 Time stamp  イマイチ不明


■搭載されているHDDについて

例のSeagate問題があったので、気になるところですが、
http://www.sony.jp/bd/support/information/20090210.html


・・・・・見事にSeagateでした。
SONYはBDZ-X95/BDZ-L95の特定個体のみ問題があると発表しているので、大丈夫だとは思いますが、やはりなんか不安な気はします。(個人的にはSeagateのHDDは今後買うことはないと思います)


■AACSについて

2009年2月製造(本体製造番号:8059796)で、ソフトウェアバージョンは 09.1.006 ですが、初期の頃の報告と変わっていないようです。

MKB_RW.inf → V6

P-MKB → なし
PLScsi + BH08NS20 で情報取得してます。

ということで、T75で記録したBDAVをAACS V1のPC用BDドライブでマウント & 再生させても、PC用BDドライブはV6にはならず、V1のままです。(実際に試してます)


■記録したBD-R の DVDINFOPro での情報

T70のときと同じで、記録した日時等も調べられます。




書き込みドライブ SONY BDZ-T75
ファームウェア 1.09
メディア [ID] Panasonic 2倍速BD-R メディア [BD-R-SL:MEI-T01-001]
日本製
書き込み速度 2倍速
Nero Disc Speed 5.2.7.0
コメント等
レコーダーで記録したのは最初と最後に未記録エリア?ができる仕様のようなので、スケールは手動変更し、最初と最後のMAXエラー値は無視して見る必要があります。
その辺を考慮すると、エラー的にはPC用BDドライブと比べて特別よくも悪くもなさそうです。(普通)


書き込みドライブ SONY BDZ-T75
ファームウェア 1.09
メディア [ID] SONY 2倍速BD-R メディア [BD-R-SL:SONY-NO1-002]
日本製
書き込み速度 2倍速
Nero Disc Speed 5.2.7.0
コメント等
SONY 2倍速も特別よくも悪くもありません。これも普通ということで。


書き込みドライブ SONY BDZ-T75
ファームウェア 1.09
メディア [ID] Panasonic 2層2倍速BD-R メディア [BD-R-DL:MEI-T01-001]
日本製
書き込み速度 2倍速
Nero Disc Speed 5.2.7.0
コメント等
2層目が悪くなるのはまぁ仕方ないということにしておきます。
グラフ右端は一見エラーがすごいことになっているようにも見えますが、未記録領域なので、これも無視して見る必要があります。


書き込みドライブ SONY BDZ-T75
ファームウェア 1.09
メディア [ID] 誘電OEM TDK 8倍速DVD-Rメディア [TYG02]
ヨドバシAkibaにて2008年3月に購入
日本製
書き込み速度 等速再生でエンコードしながらの書き込み
Nero Disc Speed 5.2.7.0 / PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6
コメント等
BDZ-T75はDVD-Rを事実上切り捨てている設計なこともあり、DVD-Rを使うことはないのですが、ドライブのベンダーID、プロダクトID、ファームウェアバージョンを取得する目的もあるので1枚だけDVD-Rに焼きます。多分これがT75で使う最初で最後のDVD-Rです。
エンコードしながらの途切れ途切れ書き込みなのでPIFは予想通り密集しますが、それ以外は特別悪いところはなく、普通・・・ということでいいと思います。


トップへ