■便急さん♪ Part6 〜 PX-751A to DW1670 〜 - 2006年11月19日更新 - 

便急さん♪ Part5は失敗に終わりましたが、その後ある方(海外)より、


PLEXTOR_DVDR_751A@Benq_DW1670_103_try2.EXE


を頂いたので、引き続き試してみようと思います。


頂いた方の名前を書いていいのか分からないので、詳しくは書きませんが、
うちでうまくいったので、そのうちCD/DVD関連サイト(海外)にアップされるかもしれません。




■新規に PX-751A を購入!

1台目に買った PX-751A は普通の検証用に使っているので、もう1台 PX-751A を買ってきました。


なんで早くも2台目を買ったかというと、DW1670化しちゃうと
元に戻せないのは容易に想像できるわけでして・・・
(そのうち元に戻せるようになると思いますが)
PX-751A
2006年10月製造で、S/N 509614117292




■便急さん♪ Part6 PX-751A to DW1670 の作業工程













書き換え中・・・・・




無事成功!
※ここでは一旦 「キャンセル」 を選択してます。




ログ
ということで、うまくいったようです。




■便急さん♪前後のドライブ情報

PX-751A (元のドライブ)のとき




DW1670化後
シリアルナンバーはしっかり同じ番号を返してきます。




■便急さん♪前後で焼きの差はあるか? (太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア使用)

PX-751A (Firm 1.00) での書き込み結果






DW1670 (Firm 103) 化した後の書き込み結果


1枚しか試していないのでアレですが、PX-751A でも DW1670 でも特に問題はないと思います。




■メリット、デメリット

DW1670化することのデメリットは、

メーカー保証が(多分)なくなる。
仮に PX-751A の方が新しい情報を取り入れられていたファームウェアだったとき、古いファームウェアになってしまう。
※今回この辺のことは不明です。


DW1670化することのメリットは、

CDメディアの、Nero CD-DVD Speed でのディスク品質テストが可能になる。(Jitter計測も可能)
QSuiteの "QScan" が使えるようになる。
※QScanは、メディアのトラッキングエラー、フォーカスエラーを計測できます。
QSuiteの "テスト書き込み" が使えるようになる。
※通常DVD+Rメディアへはテスト書き込みはできませんが、Qsuiteでテスト書き込みを有効にしておいて、通常のライティングソフトで普通の書き込みを行うと、テスト書き込みになります。(あまり使うことはないかもしれませんが)
QSuiteの "ブックタイプ" が使えるようになる。
※PX-751A の状態でも、Nero CD-DVD Speed で同じことができるので、これは事実上メリットとはなりませんが一応。


このテスト書き込みというのは、軽いイタズラに使えます。(笑)
つまり、QSuiteでこっそりテスト書き込みを有効にしておいて、PCには詳しいものの光学ドライブにはあまり詳しくない人に、「うちのドライブなんか変なんだよね。DVD-Rには普通に焼けるのに、DVD+Rにはなぜか焼けない」 ・・・と。
イタズラはやめましょう!


ショップに行くとDW1670はバルクコーナーに置かれていたりして、PX-751A の方がしっかりしたメーカーのドライブのようにも見えますが、こうしてみるとDW1670の方がメリットがあるので、迷ったら PX-751A ではなく、DW1670を買った方がいいのかもしれません。(後は付属ソフトの差とか、フロントベゼルの好みとかで)
保証期間は同じで、DW1670 の方が安いというのも注目ポイント。


BenQ DW1670 PLEXTOR PX-751A
2006年11月現在、↑の2ドライブはどちらも売られていますが、物自体は同等品。
PLEXTOR OEMモデルは選別品とかいうことを(それなりに信頼できる)
風の噂で聞いたこともありますが、その辺のことはちょっと不明。




■メリットの詳細

※QSuiteは まとめサイト からダウンロードすることをお勧めします。(QSuite2.1_jp.zip がいいと思います)


Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 CD-R のディスク品質テスト
PX-751A のときはは動きませんが、DW1670化することでしっかり動作しました。
これのJitterグラフの信頼度がイマイチ分からないところもありますが、
メディアチェックポイントで変動したりと、それなりに使えそうな気はします。
※8倍速CLV 指定ですが、実際には4倍速CLV 読みになっています。
※残念ながら、DVDメディアは動作しません。



QSuite 2.1 QScan
QScanでもしっかり動作しました。



QSuite 2.1 テスト書き込み
通常では無理な、DVD+R にテスト書き込みできます。



- 参考 -
普通にDVD+R にテスト書き込みをしようとすると、エラーになるの図。


■結論


DW1670 と PX-751A は同等ハードで間違いなさそう。
入れるファームウェアによって、機能に差がでる。
機能重視なら、DW1670 > PX-751A

ということになりました。
後は元に戻せるか?なんですが、それはそのときがきたら試してみる予定です。



トップへ