CD-R実験室トップ
日立LG BH12NS30 と Pioneer BDR-205 の比較トップ
6倍速BD-R 4倍速BD-R 2層BD-R LTH BD-R ベンチマーク
Windows7標準機能でのBD-R書き込み 付属ソフト DVD-R


■I-O DATA BRD-SH12B (日立LG BH12NS30) の付属ソフト

付属ソフトはあまりインストールしたくないのですが、今回は一通り入れてみます。

Nero9、MovieWriter7、WinDVD の3つをインストールします。
(QuickDriveは意味なさそうなので、未インストール)


まずNero9です。このうち気になるのはDiscSpeedですが、バージョンは 5.4.13.0 でした。
※その他のソフトは、個人的には全く不要。


↑のが全部入っていないと先に進めません。
このまま続けると、ファイルが自動的にダウンロードされます。(オンライン必須)


Nero9でのBD-Rへのデータ書き込み。あまり設定とかはできません。UDFも1.02固定 & 強制ベリファイっぽいです。
Nero9はインストール不要と思われます。(代用はベリファイが強制でないImgBurn等で)


付属のNero9で書き込んだBD-Rの情報。
UDF1.02でした。


続いてCorel系ソフトのインストールですが、途中で↑のように言われます。
これも事実上オンライン必須です。(しかしメンドクサイ)


WinDVDを起動。バージョンは 8.0 B20.124 でした。
まず BDビデオ(2012) を再生しようとしましたが、↑のように言われてしまいます。
「はい」を選択すると誘導されますが、パスワードとかイチイチメンドクサイです。
「いいえ」を選ぶとそのまま再生できますが、再度WinDVDを起動させると、↑のように言われてしまいます。
※これだけデジカメ撮影なのは、WinDVDを起動させているとクリップボードが無効化されてしまうためです。
なにもかも面倒に感じますが、AnyDVD HDを使うことでこの面倒は回避できます。
BDビデオはPC用ディスプレイよりはREGZAとかで見たほうが全然きれいなので、
次回OSインストール時にはWinDVDはもう入れないと思います。


あとは DVD MovieWriter7 ですが、バージョンは 7.00.30103.0 でした。
個人的にはBDオーサリングをすることはもうなさそうですが、適当に動作確認。


DVD MovieWriter7 で作成したBDMVディスクの情報。特にこれといってありません。


CD-R実験室トップ
日立LG BH12NS30 と Pioneer BDR-205 の比較トップ
6倍速BD-R 4倍速BD-R 2層BD-R LTH BD-R ベンチマーク
Windows7標準機能でのBD-R書き込み 付属ソフト DVD-R