CD-R実験室トップ
日立LG BH12NS30 と Pioneer BDR-205 の比較トップ
6倍速BD-R 4倍速BD-R 2層BD-R LTH BD-R ベンチマーク
Windows7標準機能でのBD-R書き込み 付属ソフト DVD-R


■日立LG BH12NS30 と Pioneer BDR-205 の比較  - 2010年4月11日更新 - 

相変わらず普及しているとは言えないPC用BDドライブですが、またしても無駄に速度アップした新ドライブが発売されました。(日立LG BH12NS30)
今はPioneer BDR-205を主に使っていて特に不満はなく、正直わざわざ買う意味も価値もなさそうですが、BDR-205と比較というのをやってみたくなったので急遽購入。
比較といっても簡易計測ツールなのであまり意味ないかもしれませんが、実際にやってみるとなにかわかることもあるかもしれないので、いつかのBD-Rに焼いて比較してみることにします。
ファームウェアは2010年4月3日時点で最新のものを使ってます。
日立LG BH12NS30 → EL00
Pioneer BDR-205(バルク) → 1.04

I-O DATA BRD-SH12B (日立LG BH12NS30)
I-O DATA BRD-SH12B (日立LG BH12NS30)
初回流通量は相変わらず少なめのようで、登場直後は店頭ではあまり見かけません。
地元近くのショップはBDドライブの入荷率があまり高くないので、わざわざ秋葉まで行って購入。
しかし、最近はメディアの方もこれといってなく、秋葉まで行く意味というか価値がほとんどなくなってきました。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!

■2010年4月時点でのPC用記録可能なBDドライブ事情(5インチドライブ限定)

Panasonicが撤退したことで、事実上以下の2社です。※5インチドライブ限定

Pioneer BDR-203 (BDR-S03J)
BDR-205 (BDR-S05J)
日立LG BH10NS30
BH12NS30

アイオーデータはPioneerドライブを発売しないので、中身はすべて日立LGです。バッファローはPioneerと日立LGの両方を発売しますが、外付けは中のドライブを公表していない点には注意。(Pioneerか日立LGか基本的に不明)

Pioneerを押す人が多いと思いますが、日立LGがだめか?というと別にそんなこともなく、日立LGの方がいい点もあるので(BD-REの書き込み速度が2.3倍と速い、UAE製TDK BD-Rにまともに書き込める等)絶対Pioneer!ということでもなさそうな気がします。(と言いつつも、個人的には少しだけPioneerを推奨)

■2010年4月時点でのBD-Rメディア事情

PanasonicはPCドライブから撤退してますが、レコーダーの方は継続しているため、PanasonicのBD-Rメディアは容易に入手できます。(レコーダー用メディアがなかったら結構まずいことになりますが、今のところ大丈夫そう)
maxell、Victorは自社ではなく、TDKはODMとOEMが混在していますが、肝心のODMの方が微妙なこともあり、買うべきメディアは2〜3社しかありません。(Panasonic、三菱化学、SONY)
※三菱は言うまでもなく、無機限定です。

買うべき1層BD-R
Panasonic 三菱化学 SONY

SONY4倍速BD-Rは以前は、IDが "SONY-NS2-002" のメディアが流通してましたが、徐々に "SONY-NN2-002" のものに置き換わってきているようです。("SONY-NN2-002" の方は速度違反が可能)
2層はSONYがPanasonic OEMのため、Panasonic、三菱の2社です。

買うべき2層BD-R
Panasonic 三菱化学

■検証時PC環境

 マザーボード ASUS P6T (Intel X58 + ICH10R) 代理店
BIOS Ver.1201
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版
 CPU Core i7 920 D0ステッピング@3GHz
 CPUクーラー ZALMAN CNPS9900 LED + AS-05
 メモリ PVT36G1600LLK 計6GB
 ビデオカード SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL-DVI-I/HDMI/DP
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 ICH10R (AHCI) X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
 ICH10R (AHCI) WD20EARS
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB271JD
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205
 ICH10R (AHCI) I-O DATA BRD-SH12B (日立LG BH12NS30)
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHES208
 USB2.0 PLEXTOR PX-760AUF
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は Antec Signature 850
BD計測用の iHES208 は前は JMicron に繋いでましたが、今回から ICH10R に繋いでます。
長いこと使用していた PX-755A は取り外し、変わりに PX-760AUF にしています。

■製品ラベル、基板等

製品ラベルは全部で3つあります。(アイオーのシリアルは晒すとまずいので、伏せてます)
製造国は中国製で、2010年3月2日製造。(発売開始は4月上旬)
5V、12V ともに1.5Aです。

フロント部は非常にシンプルです。
LEDの色は今回も青色でした。(Pioneer BDR-205は残念ながら緑色)

拡大 RENESAS
R8J32720FPV
※BDR-205と同じです
Pioneer BDR-205 と同じ R8J32720FPV が搭載されてました。
メイン基板は BH08NS20 辺りと比べると小型化されてます。

■ドライブ情報

DVDINFOPro HD
初期ファームは EL00 で、ExtraInfo は未表示。
いつものようにシリアルは製品ラベルに書かれている数値と異なってます。

■Partial MKB Version

以前と違って調べる価値なさそうですが、一応調査。ただ、正確なバージョンは不明です。

■録画済みBD-RメディアのP-MKB確認ドライブとして使えるか?

これも調べる価値なさそうですが、一応調査。
無事取得できるようです。(Panasonic BW800で記録したBD-Rを使用)
Pioneer BDR-205、LITE-ON iHES208 等では↑のことはできません

■DAE (BH12NS30 で16倍速でテストディスク作成) オフセット

Nero Disc Speed 5.2.7.0
なぜか 10x のみ too slow となりますが、それ以外は予想通り。

EAC
予想通りで、特にこれといってなし。

■ImgBurn 2.5.1.0 での動作

ImgBurnで動いてくれないと結構困るのですが、無事正常動作してます。

各種ディスクのマウント時間

ここでは Pioneer BDR-205 と比較してみます。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
日立LG
BH12NS30
firm EL00
Pioneer
BDR-205
Firm 1.04
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 13秒 16秒
記録済み 16秒 14秒
Panasonic
2倍速BD-R(2層)
ブランク 15秒 19秒
記録済み 24秒 19秒
Panasonic
2倍速BD-RE(1層)
記録済み 20秒 17秒
Panasonic
2倍速BD-RE(2層)
記録済み 25秒 21秒
BD-Video(1層) - 11秒 12秒
BD-Video(2層) - 12秒 16秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 12秒 18秒
記録済み 14秒 12秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 16秒 14秒
記録済み 10秒 13秒
DVD-Video(1層) - 8秒 11秒
DVD-Video(2層) - 10秒 15秒
音楽CD - 10秒 12秒

比べてみると、どちらが優秀とはいえない状況です。(ディスクによって違う)

■箱

SONYの4倍速BD-Rは速度違反できないとされてますが、
IDが "SONY-NN2-002" のものなら8倍速で速度違反できます。

■主な特徴まとめ

調査項目
日立LG
BH12NS30
Pioneer
BDR-205
ベンダーID HL-DT-ST PIONEER
プロダクトID BD-RE BH12NS30 BD-RW BDR-205
メインチップ RENESAS
R8J32720FPV
RENESAS
R8J32720FPV
購入時ファームウェア EL00 1.02
製造国表示 CHINA JAPAN
5V定格 1.5A 1.2A
12V定格 1.5A 1.1A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル +637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル +30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル +667サンプル
Partial MKB Version 不明(V4〜V13の間) V1
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB 4MB

■Opti Drive Control のエラーグラフの見方がわからない!

人様に説明できるほど理解できていませんが、基本は同じ環境での相対比較ということになると思います。
(同じ環境で)よいと思われる条件、悪いと思われる条件でいくつか焼いてみて比較して、自分なりに判断するしかなさそうです。(BD-Rはあまり悪い結果にならないことが多いですが、非対応のIDのBD-Rを使うと悪い例のグラフを取得することができます)

良い例


普通の例


悪い例
非常に悪い例です。ここまで悪いグラフはなかなか出せません。


CD-R実験室トップ
日立LG BH12NS30 と Pioneer BDR-205 の比較トップ
6倍速BD-R 4倍速BD-R 2層BD-R LTH BD-R ベンチマーク
Windows7標準機能でのBD-R書き込み 付属ソフト DVD-R