CD-R実験室トップ
I-O DATA BRD-S14X (日立LG BH14NS48) トップ 各種BD-Rエラーチェック(無機4倍速) 各種BD-Rエラーチェック(その他のBD-R/RE)


■I-O DATA BRD-S14X (日立LG BH14NS48) - 2012年3月25日更新 - 

2年以上前にMAX 12倍速のBD-Rドライブが発売されて以来、それより高速なBDドライブは出ておらず、BD-RのMAX書き込み速度は12倍速で止まってましたが、新たに BD-R 14倍速 という速度違反ドライブが発売されました。
私なんかむしろ低速派で4倍速でしか使わないので、14倍速とかいう規格を無視したドライブはまず使わないと思いますが、検証用には面白そうというこもあり、めでたく購入となりました。

BD-R 14倍速書き込みはかなり速く、初速で6.76倍速も出る。1層BD-R書き込みにかかる時間は8分42秒。
BH12NS30 は Opti Drive Control 1.50 で速度制御ができなかったが、本ドライブは可能。
メインチップはRENESASではなく、MediaTek。ただしBD-Rエラー計測はできない。(Opti Drive Control、DiscSpeed5 にて)
LGの特徴でもあったBD-RE書き込み速度2.3倍速は廃止され、普通の2.0倍速に。

予想外だったのはメインチップがRENESASではなくMediaTekだったことですが、残念ながらBD-Rエラー計測はできませんでした。(MediaTekならすべて動くというわけでもなさそうです)


I-O DATA BRD-S14X (日立LG BH14NS48)
I-O DATA BRD-S14X (日立LG BH14NS48)
5インチのBDXL対応ドライブはPioneerしかない状態が1年以上続いてましたが、ようやくLGからも登場。
アイオーはなぜかPioneerドライブを採用しないため、アイオーデータ初の5インチBDXL対応ドライブです。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp




■製品ラベル、基板等


製造日は2012年3月10日で、発売開始日は2012年3月23日。ほぼ作りたてです。
12V 2.0Aということで、高速ドライブらしく電源の要求は厳しめ。
中国製なのは予想通りです。


フロントのデザインはまずまず。アイオー発売のはLGのロゴがないのも今まで通りです。
LEDの色は今回も青でした。


拡大1(メイン基板) 拡大2(フロント基板) MT1959UWDN
RENESASだろうと思ってましたが、MEDIATEKでした。
ただ、残念ながらエラー計測はできません。(BD-R + Opti Drive Control 1.50、DiscSpeed5 で確認)




■ドライブ情報

DVDInfoPro XTREME
Extra Info と Serial No のところの数値がイマイチ意味不明です。
初期ファームは "EL00" とかではなく、"1.00"
Region Code はいつものように最初から設定済みです。




■BH14NS48 発売時(2012年3月)の BD-Rメディア事情

少し前に買った BDR-S07J のときと同じで、Panasonoc 1択です。(以下、BDR-S07J のページで書いたことをそのまま再掲載)

Verbatim(三菱)が事実上撤退(自社IDからこっそりOEMに切り替え)、SONYはおみくじメディア化のため、1層BD-RはPanasonic 1択。2層BD-Rも同じような理由でPanasonic 1択。
3層BD-Rは高すぎて普段使うものではない。(1枚3500円以上)
発表から1年半以上も経過してますが、4層BD-Rは未販売。(2012年3月時点)
「使う」「使わない」以前に「買えない」

ということで、1層BD-R、2層BD-RともPanasonicにしておけば問題ありませんが、1層4倍速に関してはインド製がかなり増えてきました。
個人的な行動範囲で確認したのは以下の通り。

2012年3月時点でのPanasonic 1層4倍速BD-R
インド製未確認 インド製確認済 インド製確認済 インド製未確認 インド製未確認
LM-BRS25LT50 LM-BR25LT10 LM-BR25LT20 LM-BR25L10A LM-BR25L10W

基本日本製狙いですが、たまにインド製の方が低Jitterになることがあるので、私の中ではインド製の印象は以前よりはよくはなってきました。とは言え、日本製があれば日本製を買いますが。
その他、LTHの欠点を理解して使うなら、太陽誘電やVictorも有り。
→BH14NS48 ではVictorはイマイチ。





■ImgBurn 2.5.6.0 での動作

予想通り、BD-R、DVD-R共に正常動作します。
通常の書き込みはImgBurnで。




■各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Opti Drive Control を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


Pioneer BDR-S07J に比べると、全体的に少し遅めです。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
Pioneer
BDR-206MBK
firm 1.04
Pioneer
BDR-S07J
firm 1.20
LG
BH14NS48
firm 1.00
TDK
4倍速BD-R XL(3層)
ブランク 31秒 22秒 29秒
記録済み 32秒 24秒 29秒
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 20秒 14秒 17秒
記録済み 19秒 16秒 18秒
Panasonic
4倍速BD-R(2層)
ブランク 23秒 17秒 21秒
記録済み 22秒 17秒 26秒
BD-Video(1層) - 13秒 9秒 21秒
BD-Video(2層) - 17秒 11秒 24秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 23秒 19秒 16秒
記録済み 15秒 12秒 18秒




■主な特徴まとめ

調査項目
ベンダーID HL-DT-ST
プロダクトID BD-RE BH14NS48
メインチップ MEDIATEK
MT1959UWDN
購入時ファームウェア 1.00
検証時ファームウェア 1.00
製造国表示 CHINA
5V定格 1.5A
12V定格 2.0A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
未調査
Exact Audio Copy での
Write samples offset
未調査
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
未調査
Partial MKB Version 未調査
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB


CD-R実験室トップ
I-O DATA BRD-S14X (日立LG BH14NS48) トップ 各種BD-Rエラーチェック(無機4倍速) 各種BD-Rエラーチェック(その他のBD-R/RE)