■BUFFALO BRXL-16FBS-BK (HL-DT-ST BH16NS48) 簡易検証 - 2012年12月9日更新 - 

もうLGのドライブは特に買うまでもないのですが、初の16倍速ドライブということで購入。
BD-R 16倍速書き込みを実際に試してみたいと思います。


BUFFALO BRXL-16FBS-BK (HL-DT-ST BH16NS48)
BUFFALO BRXL-16FBS-BK (HL-DT-ST BH16NS48)
アイオーからも同ドライブが12月下旬にでるようですが、
付属ソフトがどちらでもいい場合はアイオー版を買った方がいいです。
(アイオーはファームダウンロード時シリアル入力必須なので)
AKIBA PC Hotline!
- 公式サイト -
ファームウェアチェックページ (Firmware HQ)

「DIXIM BD BURNER 2013 FOR BUFFALO」 が付属しているためと思いますが、少し高いです。
このソフトは不要な人も多いと思うので、その場合はアイオー版にしましょう。↑でも書いてますが、ファームアップの時も有利です。

アイオーデータが先にファーム公開 → バッファロー版を買った人はファームをダウンロードできない。(アイオーのシリアルがないため)
バッファローが先にファームを公開 → バッファローはダウンロード時シリアルの入力を求めないので、誰でもダウンロード可能。





■製品ラベル、ドライブ情報等

予想通り中国製です。
製造は2012年11月13日。(購入日は12月7日)


いつも通りのフロントベゼル。LEDの(いつも通り)青です。
LG純正のフロントベゼルが嫌いな人も多いと思いますが、バッファローやアイオー版のはまともなフロントベゼルなのでその点の安心。


BH14NS48 と同じものが搭載。
BD-Rエラー計測は残念ながらできません。


DVDInfoPro Elite
初期ファームは "1.00" ですが、詳細バージョンは不明です。
(いつも通りなら、詳細は 1.00-A* となりそう)
詳細バージョンは、ファームアップ時に判明すると思われます。




■EACで設定するオフセット値 2014年12月28日追記

Read sample offset
PX-760Aで作成したディスクを使用しています。

上記含めたその他の値は以下の通り。

Read sample offset Write samples offset Combined read/write
sample offset
-24 +24 ±0




■BD-R 16倍速検証

売りとなっているBD-R 16倍速書き込みですが、Pioneer BDR-208JBK と同じく、動作に「クセ」のようなものがあります。(ソフト側が対応できていない)

Opti Drive Control 1.70
Pioneer BDR-208JBK と同じ現象が起きました。「1.4x」とかいう、奇妙な書き込み速度が出現します。Nero DiscSpeed 7.0.2.100 でも同じ現象になります。
「1.4x」 のところが「16x」に相当すると思われますが、試しにこのまま書き込むと、2倍速CLV書き込みになってしまいます。
バッファロー公式サイトでは Nero DiscSpeed 7.0.2.100 で16倍速書き込みを確認と書かれているので、条件によってはうまくいくようですが、その辺のところはイマイチ不明です。



ImgBurn 2.5.7.0
Panasonic 6倍速BD-R
速度16倍速指定
SONY 6倍速BD-R
速度MAX指定
左はPanasonicの6倍速BD-Rで速度16倍速を指定した時ですが、
 (このメディアは)16倍速対できないので、1.4倍速に設定しました
のような警告が出て書き込み開始しました。このときの実際の書き込み速度は12倍速です。(SONY 6倍速BD-Rでも同様になります)
ただし、このメディア自体は書き込み速度16倍速の設定が可能なはずです。→ 付属のPower2Goでは16倍速が選択できます。
SONYの6倍速BD-Rを使った場合でも、同様のことになります。

右はSONYの6倍速BD-Rで速度MAX指定した時ですが、書き込み速度は「1.4倍速」にセットされてます。
このときの実際の速度は12倍速です。(Panasonic 6倍速BD-Rでも同様になります)

Pioneer BDR-208JBK はImgBurn 2.5.7.0 で15倍速書き込みできるのですが、BH16NS48 ではうまくいかないようです。



付属のPower2Go
CyberLink のソフトはあまりインストールしたくないのですが、仕方がないので今回は使用します。
SONYとPanasonicの6倍速BD-Rでは16倍速選択可能です。



書き込み終了直前の図。
無事16倍速書き込みできたようです。
※メディアはSONYの6倍速BD-R使用。Panasonicでは実際には12倍速までしか出ませんでした。



書き込み完了。
最終的には8分43秒です。



エラー計測結果
LDC、BISが微妙な領域があるのと、Jitterが明らかに悪いのが気になります。
やる前からわかってはいましたが、定格速度書き込みした方が絶対によいと思います。(このJitterは少し気持ち悪いです)


今回は簡易検証なので、これで一旦終了。その他のBD-Rは、Pioneer BDR-S08J の検証ページで取り上げます。



トップへ