■SHARP BD-BRD12_AQ - 2010年11月21日更新 - 

イオシスにて、「S社レコーダー搭載BDドライブ」 として売られていたBDドライブ(中古)です。


SHARP BD-BRD12_AQ
SHARP BD-BRD12_AQ
完全な人柱仕様ですが、中が気になるので購入。


信号線は通常のSATAで、電源ケーブルは5インチ用4ピンタイプ。
本体横幅は通常の5インチベイにほぼピッタリ収まる。
ねじはミリねじで、左右の2箇所しか止められない。(そのため、ドライブが完全固定できない)
トレーローディングではなく、スロットイン方式。


こんな感じなので、とりあえず取り付けは難しくはないです。

一応取り付け完了の図。
ただ、取り付け穴が合わないので、完全に固定はできません。




■基板情報

拡大

一部搭載部品拡大
VHIPD63410 VHIPC3360




■これはちょっとまともに使えない!

さて、PCに繋いだらいよいよ起動ですが、いきなり問題発生。
マザーボードは GIGABYTE GA-X58A-UD5 (Intel X58 + ICH10R) で、OSはWindows 7 Home Premium 64bit 通常版ですが、BIOSからは認識されるものの、OSからは認識されません。
いろいろ試した結果、オンボードSATAを "AHCI " から "IDE" に変更したとろ、OSからも認識されました。

DVDINFOPRO XTREME
ドライブ名、ファーム、シリアル等はどうやら正常に取得できています。
"BD-BRD12_AQ" の名前から、AQUOS用ドライブで間違いなさそうです。



Panasonic 4倍速BD-R & Nero DiscSpeed
選択できる書き込み速度は、2倍速と4倍速。



Opti Drive Control 1.50 での書き込み
普通にうまくいくかと思いきや、いきなりエラーになってしまいました。


ImgBurn 2.5.2.0
次に ImgBurn 2.5.2.0 を使います。
↑のような設定にして、書き込み開始。








これも見たことないエラーとなってしまいました。



Nero BurnLite 10
次に Nero BurnLite 10 を使ってみます。"Burn" をクリック。








これもいきなりエラー!
どうもうちのPC環境ではだめっぽいです。



Windows7(無印)の書き込み機能
最後にOSの書き込み機能を使ってみます。"次へ" をクリック。
この状態で2時間ほど待ってみましたが、全然終わる気配がなし。
しかたなくキャンセルしました。


ということで、うちの環境ではどうしようもなさそうです。環境によってはもしかしたら使えるかもしれませんが、人柱度はかなり高めです。
あと試すとしたら、USB2.0変換というのはやる価値がありそうですが、それはまた気が向いたときにでもやってみることにします。


>>2ページ目
USB2.0変換してみる