CD-R実験室トップ
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック
BD関係のベンチマーク DVD関係のベンチマーク CD関係のベンチマーク ライトアンドベリファイ 付属ソフト 100GBのM-DISCを使ってみた


I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) 100GBのM-DISCを使ってみた
■I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) 100GBのM-DISCを使ってみた

100GBのM-DISCを買ってきたので、実際に使ってみようと思います。

Verbatim M-DISC 3層100GB
DBR100YMDP5V1
Unique Disc Identifier : [BD-R-3L:VERBAT-IMk-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R 3L : Class 1 - Version 2]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [VERBAT]
Media Type ID : [IMk]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [3 Layers (L0-L2) : 497.12 GB (462.98 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [728,202,096 Sectors = 1,491.36 GB (1,388.94 GiB)]
Recording Speeds : [?x]
----------------------------------------------------------------------------

買う前は、現行のファームで3層のM-DISCに対応できるのか?少し不安(というか疑問)でしたが、IDは普通の3層BD-Rと同じです。
とりあえず、書き込みミスはせずに済みそうです。

ライティングソフトは付属の B's Recorder GOLD を使おうかと思いましたが、開発した人が辞めてしまい、細部はいじれないまま(後任担当者が)バージョンアップしてきた感が強く、いろいろと古臭いイメージがどうも好きになれないため却下。
実績のあるImgBurn 2.5.8.0を使うことにします。
また、できるだけ書き込みミスのリスクを減らすため、事前にUDF2.50でイメージファイルを作成しています。
容量は少なめで、88.6GBです。

書き込み中・・・
最初は2倍速でしたが、途中から4倍速になりました。
挙動を見る限り、P-CAVではなく、Z-CLVです。


書き込み中・・・
この辺は書き込み速度が2倍速になってます。


書き込み中・・・
最後の方は書き込み速度4倍速です。
で、無事完了しました。


書き込み完了時のログ
2時間弱で完了。


書き込みグラフ
横軸が少し足りていないようですが、ある程度はグラフ化可能。
書き込み方式はZ-CLVであることは間違いなさそうです。



■記録したデータの確認

あとは記録したデータが無事か?なのですが、Nero DiscSpeed 12.5.6.0 はスケールが100GBあるでるので、これで試してみます。

ですが、ここで止まってしまいました。3層ディスクは正常動作しないのかもしれません。


次にスキャンディスク。ですが、ここで停止してしまいました。


しかたがないので、エクスプローラでのコピーを行います。

順調に進行中。


ですが、ここでドライブのアクセスランプが消え、コピー停止してしまってます。


ファイルが記録できていないのか?というとそうではなく、この後少しずつコピー作業をしたところすべてのファイルが取り出せることを確認しました。


少しずつコピーして、正常にファイル救出完了。


100GBのディスクからHDD(SSD)へファイルコピーするときは、一気にまとめて行わないほうがいいかもしれません。

ライティングソフトに付属のB's Recorder GOLDを使えばいいんじゃないか?とかありますが、メディアが高いこともあり、一旦ここで終了。
ファイルのバックアップなら、コスパ的に2層メディアを使うか、ポータブルHDDでいい気がします。




■2016年3月12日追記

その後LGのWH16NS48DQを購入したので、エラー計測をしてみます。
ただし、横軸のスケールが足りないので、残念ながら全部は見れません。

イマイチ判断がつきにくいところもありますが、悪くはなさそうです。
サイト内参考リンク


CD-R実験室トップ
I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) トップ 各種4倍速BD-Rエラーチェック 各種6倍速BD-Rエラーチェック 各種BD-REエラーチェック
BD関係のベンチマーク DVD関係のベンチマーク CD関係のベンチマーク ライトアンドベリファイ 付属ソフト 100GBのM-DISCを使ってみた